新着情報 【部活動 活動報告】

部活動

9月5日(日)~6日(月)上尾運動公園にて新人西部地区大会が行われました。3年生が引退した新チームとなり、新しい種目に挑んだ者もいます。夏の練習で頑張った者は、やはりベスト記録を出したり、リレーでもベスト記録を出して、3年生にも良い報告ができたと自負しています。 県大会に出場するリレー以外の個人種目は以下の通りです。 男子走幅跳、三段跳 伊藤寛悟 男子走高跳 清水日向 女子400m 伊藤倫 女子走幅跳、三段跳 松長美奈 女子ヤリ投 川村凜乃 県新人大会は9月21日(火)~23日(木)熊谷スポーツ文化公園にて行われます。   ところで・・部旗と鉢巻を部室で発見!洗濯して大会で使おうと思います。 卒業生が寄贈してくれた部旗は大切にしたいものです。
9月4日(土)・5日(日)   2日間にわたって本校文化祭「所高祭」が開催され、フォーク部は1日毎に視聴覚室ステージと中庭ステージでライブを行いました!   〈1日目〉 1日目は視聴覚室にステージを組んで 「TOKOROCKFES in 所高祭」と題し、3学年計6バンドがパフォーマンスをしました!   感染症対策として視聴覚室内に入れるお客さんの数を50人までとし、座席の間隔を空けて声援を控えていただくことや、手指消毒や名簿の記入にご協力頂くなどを徹底して行いました。午前中のみの開催となったことを鑑み、学年ごとに分けた4部構成にし、1部ごとにお客さんの入れ替えをするようにしました。   1部  ハニー・ビー 1曲目 メロディー (オリジナル) 2曲目 EKIKARA (オリジナル) 3曲目 オモイアイ (オリジナル) 4曲目 8mm (オリジナル) トップバッターを務めたのは、今回のライブが引退前最後となる3年生バンドハニー・ビーでした。集客の甲斐あってライブ開演直後にも関わらず後方の座席までたくさんのお客さんが来てくださいました! どれも違う曲調の4曲でお客さんも楽しんでくれたと思います。文化祭ライブの開幕を彩り、これから演...
8月23日(月)   本日は日頃からお世話になっているWabi_Sabiのベーシスト紅谷亮次さんにお越しいただき、ハニー・ビーとレコワズルカのレコーディングを行いました!   両バンドとも初めに楽器パートのみを一斉に録って作成したカラオケ音源にボーカル・コーラスを入れていく方法で行いました。   △レコワズルカは初めてのレコーディングでした。コーラスの音程に苦戦している場面もありましたが、メンバー同士で指摘したり励ましの言葉をかけたりしながら和気藹々とした雰囲気の中で進んでいました。   △ハニー・ビーは新しく作った2曲をレコーディングしました。今回は、前回「8mm」をレコーディングしたときよりも自分たち自身がかっこいいと思うものややりたいことがさらに明確になっていて、よりスムーズに進んだように感じました。引退前最後のレコーディングでしたが、ミックスをする前の状態で既にかっこいい!と思えるものが仕上がったのでとても充実した楽しい時間でした。今までの活動の集大成が表れた活動だったと思います。     両バンドとも予定通りにレコーディングを終え、今回も前回同様紅谷さんにミックス...
8月8日(日) 本日は、練習試合は県内2校までという制約の中、合同演奏会を午前と午後の2部制にわける方式を採用し、 午前は埼玉平成高校の皆さんを、午後は草加東高校の皆さんをお招きして 本校合同演奏会 TOKOROCK FES vol.11 を開催しました。     感染症対策として、 ・2バンドごとの窓を開けた換気 ・各バンド終了後のマイク及び飛沫防止シートの消毒・交換 ・ボーカルマイクから最前位置まで2m以上の距離の確保 ・芝生エリアでの間隔確保 を徹底し、可能な限り本来の形での開催を目指しました。   午前の部 本校から4バンド、埼玉平成高校さんから4バンドの8バンドが演奏しました。   1バンド目 <レコワズルカ> 1曲目 星丘公園 (コピー/Hump Back) 2曲目 クジラ雲 (オリジナル) 2021年度初の TOKOROCK FES のトップバッターを飾ったのは一年生バンドの  レコワズルカ  でした。 初めての合同ライブということで緊張する様子も垣間見えましたが、安定した演奏で合同ライブの雰囲気を創り上げました。   2バンド目 <なつみかん> 1曲目 夢舞台 (オリジナル) 1年生バンドの  ...
8月6日(金)  本日はさいたま市民会館おおみやにて令和3年度(第11回)埼玉県高校軽音楽コンテストの決勝ライブが行われ、本校からハニー・ビーとレコワズルカが出場しました。   △ハニー・ビーは今までしてきた練習や色々な方から頂いた言葉、これまで積んできた2年半程の経験が自分たちのやりたい音楽で活きていた演奏ができました。     △レコワズルカも1年生とは思えない堂々としたパフォーマンスで、会場内が明るいレコワズルカの空気感に包まれていました。2バンドとも、細かなミスなどはあったものの今までの練習が存分に発揮された良いステージでした!    結果としては賞をいただくことは出来ませんでしたが、2バンドとも自分たちの納得のいく演奏を全力でやりきれて、楽しかったという声が多く聞こえました。何より現在の状況の中大きなホールで今のバンドで演奏できたことも貴重で価値の高い経験になったのではないかと思います。今日一人一人がそれぞれ考えたことや感じた気持ちは今後の活動の糧にしてより一層の飛躍に繋がるのではないかと感じました。 見学として来た1年生の部員も今日見て得たものをこれから自分...