新着
 7月11日(木)塾の先生方を対象とした説明会を行いました。生徒のようすをぜひ見ていただきたいということで、初めて開催いたしました。お忙しいところ、多くの先生方のご出席をいただきました。本当にありがとうございます。「卒業生が勉強している様子を見てうれしく思った」などの感想をいただきました。  今後も土曜授業の公開をはじめ、オープンスクールなど中学生、保護者を対象とした説明会がございます。多くのみなさまのご出席をお待ちしております。  先生方、所沢高校においでいただき、ありがとうございました。
 暑い日が続いています。きょう7月8日(月)は期末考査最終日ですが、考査終了後に予定していた球技大会は猛暑となることが予想されたため、朝の段階で中止となりました。準備を進めていた生徒会の関係者のみなさんには残念な判断をしましたが、アメダス60分観測値(tenki.jp)によると、きょう7月8日(月)の所沢での15時気温は37.2℃(!)とのこと。  あすも暑い日が続くようです。若いからといって無理をせず、水分の補給をこまめにするなど、まずは体調管理が重要です。
 きょうは調理実習にお邪魔しました。鍋で炊飯し糊化のメカニズムを知る、昆布と削り節でだしを取り本当の「うまみ」を知る、デジタル塩味計で塩分0.8%に調整したすまし汁を生徒の舌はどう感じるのか、など、興味深いテーマが並びました。  かまどに薪(まき)をくべてご飯を炊いていたころには「はじめちょろちょろ中ぱっぱ ぶつぶついうころ火を引いて ひと握りのわら燃やし 赤子(赤ん坊)泣くともふた取るな」と言われました。予熱(ちょろちょろ)→沸騰(ぱっぱ)→炊き上げ(火を引いて、ひと握りのわら燃やし)→蒸らし(ふた取るな)、先人が培ってきた手順とこつと知恵が詰まっています。  現代版では、コンロに火がつかなかったり、鍋がふいたのにびっくりしたりといろいろありましたが、おいしくできたようでした。科学の裏付けを知るともっと楽しくなると思いますよ。  だしを取ったあとの昆布と削り節に味をつけてふりかけふうの一品にしている班があり、試食させてもらったら実にご飯が進む味わいになっていました。  明日から期末考査です。悔いが残らないように取り組みましょう。   
 6月28日(金)所高での最終日を迎えたメガンさんには、放送で全校生徒にあいさつしてもらったほか、2年7組では別れを惜しんでさよならセレモニーが行われました。放課後には校長室にあいさつに来てくれました。「たくさん友達ができた。調理実習や歴史、古典の授業が楽しかった」とのこと。日本でのさまざまな体験が忘れられないものとなったようです。 きょうは品川駅に集合し、2日間の研修プログラムを経て7月1日(月)に帰国するとのことです。 オンブローザ高校のみなさん、また日本を訪ねてくださいね。  
 各クラスに「夏季補習一覧」が掲示されています。講座ラインナップを見ると、呼び出し制の「バンカイ補習」もありますが、目標大学別講座など多くは進路実現に直結するものです。ぜひ活用してください。  来週は7月です。1年の半分が過ぎました。月曜日から全日制・定時制とも期末考査が始まります。また、きょうの「classroom」に配信されていますが、所沢高校の生徒は、本校の夏季講座に加えてオンライン連携講座にも参加できます。お知らせしたように講座のラインナップをみると指導力に定評のある先生方ばかりです。校内・校外の貴重な機会を積極的に活用するといいと思います。
6月21日(金)3・4限 立会演説会と次期生徒会役員を決めるための選挙が行われました。 体育館に全学年が集合し、厳粛な雰囲気のなか、立候補者と推薦者が堂々と演説を行いました。 立会演説会終了後、投票は各教室で、選挙管理委員会の生徒を中心に行われました。
 6月25日(火)放課後、美術部の3名のみなさんが校長室を訪ねてくれました。  先日、美術部の有志で小名浜海星高校を訪問したということで、その報告に来てくれました。2011年の東日本大震災をきっかけに、小名浜海星高校で製造されたさばの缶詰に所高美術部がオリジナルのラベルをデザインして所高祭などで販売するなどの交流をしているそうです。  小名浜海星高校ではさば缶詰の製造工程を見学したり、震災当時に勤務されていた先生から当時の話をお聞きしたり、さばの缶詰アレンジメニューの調理実習に参加したりと心のこもった対応をしていただいたとのことです。  別に美術部のページで報告があると思います。小名浜海星高校の星校長先生はじめ関係のみなさま、ありがとうございます。わたくしからもお礼申し上げます。
令和6年度 第2回学校見学会[10月5日(土)]について ・詳細が決まり次第、こちらに掲載いたします。9月上旬の予定です。 ・ご参加には、本校HPからのお申し込みが必要です。締め切りは、見学会の2~3日前を予定しています。 ・人数制限の予定はいまのところありません。 ・内容は、土曜公開授業参観、部活動見学、個別相談会他です。
6月23日   本日は世田谷総合高校軽音楽部主催の「二子魂衝動」に参加しました!       ~参加校紹介~ ・三郷高校 ・県立川崎高校 ・練馬工科高校 ・武蔵丘高校 ・世田谷総合高校       ~出演バンド紹介~   本校からは2年生2バンド、3年生2バンドが出演しました!初のフロアライブです!   ①シュシュマレフ 1「わすれもの」2「夜更け」 迫力のある楽曲で、バンドの世界観に惹き込まれました!   ②天噛め 1「ねぇダーリン!」2「天使の戦士」 キーボードの音色とボーカルの声がとても耳に残ります!   ③漢詰 1「Ame」2「八月の天使」 3人にしか出せない雰囲気がとてもかっこいいです!   ④不純文学 1「ラビリンス」2「少女心悸」3「花弁雪」 力強い歌声と演奏で会場を沸かせました!   そして、今回はなんと武蔵丘高校OBの「ルサンチマン」がゲストで出演してくれました!! 高校生のための特別なライブに、会場は大興奮・大熱狂でした!!!   本日は初のフロアライブということで、全バンド緊張しながらも、楽しく演奏することが出...
 所沢高校の生徒は、本校の夏季講座に加えて、川越高校・川越女子高校・大宮高校・浦和高校・浦和第一女子高校をはじめ、進路指導に熱心な各県立高校で開講されるオンライン夏季講座にも参加できます。  講座のラインナップを見ますと、私も知る指導力に定評のある先生方ばかりです。受講者に配布される先生自作のプリントも貴重だと思います。講座の概要や申し込み方法などは別に連絡がありますが、貴重なこの機会を積極的に活用するといいと思います。  ある先生の授業を見せてもらったおり、「中学校までの『成功体験』(ちょこちょこっと勉強して高得点が取れた…など)は捨て、勉強方法を根本的に変えないといけない。まずは勉強する『からだ』をつくる(長い時間の勉強にからだが耐えられるようになること)。勉強に時間をかけないと、方法や勉強の質のレベルの話に進めない。」という話をなさっていました。まことに同感です。  先週金曜日、関東地方も梅雨入りしたとのことでしたが、けさ3階通路から雪がほとんどない富士山と西武ドームがきれいに見えました。(8時45分ごろ写す)
体育祭実行委員会・所高祭実行委員会・卒業記念祭実行委員会は、所沢高校生徒会3大行事の花形委員会です。でもそれは、生徒会の存在を抜きには語れません。 その生徒会役員選挙を主導するのが、選挙管理委員会!!。 今年の委員会は、この3年間の委員会改革の成果を飾るにふさわしい活動でした。 まず、仕事が早い。昨年まで先生方に任せていた仕事の3分の2を委員で担えるようになりました。 さて、選挙はというと、6月22日(金)に生徒会本部役員9名、監査委員6名が選出されました。 今年も昨年同様生徒会長候補が3人(1年生1人・2年生2人)立候補し、激戦となりました。公約はそれぞれが個性的で、選挙活動も活発に展開されました。立会演説会は立候補者 17人に応援演説者17人とだいぶ賑やかなものになりました。 会長選の結果は、昨年1年生ながら立候補し落選した候補が雪辱を果たしました。現生徒会長挨拶 会長候補演説 会長候補演説 会長候補演説   演説会終了後の開票風景。 開票は慎重な作業が求められます。およそ2時間かけてダブルチェックを終えた結果は 6月24日(月)に校内掲示されます。  
6月22日 本日は、上鶴間高校軽音楽部主催「TSURU FES vol.15」に参加しました!   ~参加校紹介~ ・上鶴間高校 ・相麻溝台高校 ・所沢高校   本校からは3年生バンド2つ、2年生バンド3つの計5バンドが出演しました。   ~参加バンド紹介~ ①天噛め 1「ねぇダーリン!」2「天使の戦士」 合同ライブ初参加です。曲の世界観に引き込まれました!   ②永世仏陀 1「普段の街」2「エンドロール」 感情がこもった歌声と迫力ある演奏が、とても印象的でした!!   ➂シュシュマレフ 1「わすれもの」2「夜更け」 力強い歌声と疾走感があるメロディが頭に残ります!   ④漢詰 1「紫陽花」2「パンクロックベイビーズ」 エモーショナルな曲の雰囲気に、心を動かされました!   ⑤不純文学 1「ラビリンス」2「花弁雪」 唯一無二の表現力とまとまった演奏で、会場を盛り上げました!!     本日は、神奈川県立の高校さんの演奏を見ることができ、更に音楽の幅を広げることが出来ました。 終始温かい雰囲気でライブが進んでおり、運営面でも学ぶことが多くありました。 ライブ後には、イン...
 6月21日(金)、暦の上では夏至です。1年のうちで最も昼の時間が長いことになります。国立天文台のホームページに「各地のこよみ」というコンテンツがあり、都道府県庁所在地等の日の出・日の入りなどが示されています。それによると、さいたま(市)では日の出が4時25分、日の入りが19時01分とのことで、実に昼の時間は14時間36分ということになります。  気象庁ホームページに「最新の気象データ」というコンテンツがあり、各地の期間合計日照時間が示されています。所沢では6月20日までの前5日間の合計日照時間は32.5時間で(平年比185%だそうです。今年はこの時期の晴れ間が多い。)1日あたり6.5時間ということになります。昼の時間が長いわりに日照時間が5~6時間と少ないのは、梅雨の時期と重なることが多く天気が悪い日は太陽が雲で遮られてしまうためのようです。
 6月19日(水)、浦和の埼玉会館で埼玉県高校総合文化祭開会式・全国高総文祭出場校の壮行会が行われました。私も高文連の合唱専門部に関係しており、出席してきました。毎回感じることですが、高校生の文化活動のレベルは高く、見ごたえ聴きごたえがあります。  写真は、所沢高校・浦和高校・川越高校・伊奈学園総合高校の4校合同によるオーケストラの演奏です。チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」を見事に演奏しました。聞くとほとんどの生徒が弦楽に初めて取り組む生徒とか。このほかの演奏や演技からも高校生のパワーを感じる一日となりました。
6月8日(土)に標記大会の個人戦が智光山にて、6月12日(水)に団体戦が熊谷さくら運動公園にて行われました。 今大会では、県上位32校が集まりインターハイ出場の権利をかけて戦います。   3年生が引退し、1・2年生中心のチームへと世代交代を果たした上での初の公式試合。 相手は引退をかけた3年生ばかり... 浮き彫りになる実力差... 彼らなりに試合に出る者としてのプレッシャーを感じながら、緊張感を持って試合に臨んでいきました。   まずは個人戦の結果ですが、出場したのは清水・菊島ペアの1ペアのみでした。 ・1回戦 0ー④ 敗北   自分からの初歩的なミスが目立ちました。 このような試合内容では上位で勝ち抜くことはできません。   次に団体戦の結果です。 ・1回戦 浦和実業 ②ー1 勝利 ・2回戦 松山   0ー② 敗北   結果としては、県ベスト16入りで幕を閉じました。 松山高校のハイレベルな選手と試合する機会を得られたこと、県上位と自身との差を再確認するという意味では収穫はありました。 ただし、試合内容について必ずしも褒められるものばかりではありませんでした。 試合当...
6月9日   本日は武蔵丘高校軽音楽部主催の「vol.9 GAOROCKFES」に参加しました!       ~参加校紹介~ ・こんねっと学院 ・所沢高校 ・武蔵丘高校     ~出演バンド紹介~ 本校からは、2年生2バンド、3年生2バンドが出演しました!   ①シュシュマレフ 1「フランシウム」2「夜更け」   バンドで初めての他校での合同ライブ参加でした!   ②永世仏陀 1「普段の街」2「エンドロール」   パワフルな演奏がかっこよかったです!   ③不純文学 1「ラビリンス」2「花弁雪」 今回はボーカルがギターを持っていて、新鮮でした!かっこよかったです!   ④漢詰 1「紫陽花」2「パンクロックベイビーズ」3「Ame」   ボーカルの声とコーラスがマッチしていてとても綺麗でした!     本日は1年生も参加し、他の学校さんともたくさん交流出来ました。1年生も2年生も先輩のバンドや他校さんのバンドを見て、色々な音楽に触れることが出来たと思います。1年生はこれから、2年生は引き続き成長していけるように頑張ります!3年生は残り少ない合同ライブを全力で最後...
本日は1年生の仮バンド発表会を行いました!!  2バンド白黒にわかれて対バン形式で勝利バンドを決めました。 1バンド目(白)   2バンド目(黒) 勝者は黒でした!!! どちらのバンドも堂々とした良い演奏をしてくれたと思います。   1年生はこれから夏の大会に向けて、本格的な練習が始まっていきます。 新しいことをどんどん吸収して、良いバンドに成長できるようがんばって欲しいです。  
 6月15日(土)午後、部活動などの見学、有志生徒による個別相談会などを行いました。並行してPTA主催の進路講演会を行いご来校の中学生の保護者の方にもご案内しました。  前半・学校経営コンサルタント・教育YouTuberの山内太地(やまうち・たいじ)氏による「学問の頂点を目指す大学選び」と題する講演には視聴覚室が満席となり、ご関心の高さがうかがえました。  所高の生徒の強み(学校内外で掘り下げて活動している・探究活動にフットワークが軽い。むしろ大学の教授は所高の生徒のような人の話を聞きたい…など)を生かせば国公立大学100名は堅いはず。首都圏の私立大学を目指すなら入学後に『グリーン車』に乗るべき、などのお話がありました。「生徒にこそ聴かせたかった」という声が多いようでした。  後半は二つの分科会に分かれ、本校進路学習指導部の保泉教諭からは本校進路指導の概要、進学に向けての心構えなどを生徒の学習状況を踏まえて説明しました。  CFP(R)(CERTIFIED FINANCIAL PLANNER)でもあるファイナンシャルプランナーの小山信康(こやま・のぶやす)氏による「進学のお金講座」と題する講演では、奨学金や教育ローンの概要...
 6月15日(土)は、第1回学校見学会として、多くの中学生とその保護者の方々をはじめ、多くのご来校者に土曜日の通常の授業を見ていただいています。このあと午後には部活動などの見学、有志生徒による個別相談会などが予定されています。また本日午後には並行してPTA主催の進路説明会が行われますが、ご来校のみなさまにも参加していただけます。 仕込み、やらせなしの普段の所沢高校を感じていただければありがたいです。 ご来校くださいましたみなさま、ありがとうございます。  
 定時制では6月14日(金)の3時間目に生徒総会が行われました。それぞれ委員会の委員長と副委員長が活動計画や目標を発表したあと、決算や活動報告、本部目標などが決められました。総会に引き続き、先日のボウリング大会の表彰式が行われ、成績優秀の個人と学年に賞状と賞品が贈られました。  
 こんな漢詩(?)があります。    犬咬合(犬の咬(か)み合い) 椀椀椀椀亦椀椀   亦亦椀椀又椀椀 夜暗何疋頓不分   始終只聞椀椀椀  江戸時代に流行した「狂詩」という漢詩スタイルの詩で、作は「愚仏(ぐぶつ)」とあります。たぶんペンネームでしょう。漢詩には押韻(おういん)、平仄(ひょうそく)などの作法があり、意味に合わせてただ漢字を並べればいいというものではないため同じ漢字文化圏ながら日本人には難物だと言われます。漢詩の作法に従いつつユーモアや笑いを内容とした「狂詩」がはやりました。この詩は図書館にもある『五山文学集 江戸漢詩集』(日本古典文学大系89・岩波書店)に収められています。  意味は「ワンワンワンワン、またワンワン/またまたワンワンまたワンワン/夜は暗くして何疋(びき)か頓(とん)と分からず/始終只(ただ)聞くワンワンワンのみを」…あちらこちらで犬が吠(ほ)えるのが聞こえる、というのです。
 6月11日(火)は(公社)全国学校図書館協議会が定めた「学校図書館の日」です。  本校にもたくさんの資料を擁する図書館があります。図書委員の生徒から新着図書などを紹介する「図書だより」が配信されています。まずは図書館に足を運んで書棚を眺めるだけでも新しい気づきにつながると思います。全日制・定時制の生徒に活用してほしいと願っています。  また、6月12日(水)には所沢市内6校の図書委員による研修交流会が所沢中央公民館で行われます。
【令和6年度埼玉県学校総合体育大会】  学校総体は9年ぶり!昨年度選手権から3大会連続の県ベスト16!   2回戦 4月27日(土) vs浦和東 @南稜高校  3-0(2-0/1-0) 〇 勝利   立ち上がりから積極的にプレスをかけ、奪ったボールを繋ぎながらゴール前に運ぶシーンを多く作ることができました。 公式戦初ゴールを3選手が決め、GKとDFを中心に守備も最後まで集中して無失点で勝利することができました!     3回戦 4月29日(月) vs花咲徳栄  @埼玉栄G  0-8(0-7/0-1)● 所高初のベスト8入りをかけて、昨年度優勝の花咲徳栄高校に挑みました。守備的な配置をとるも相手のスピードと技術を止めることができず立て続けに失点。後半は自分たちのサッカーをしようと前プレスとビルドアップにチャレンジし、1失点はしたものの出し切ることができました。結果は出ませんでしたが、とても貴重な経験をすることができました!      昨年の選手権から県ベスト8への3度目の挑戦でしたがまたしても届かず。しかし経験者わずか1名のチームが3大会連続の県ベスト16に入ることができました!会場校ならびに対戦校の皆様、応...
 6月8日(土)夜、フランス・リヨンのオンブローザ高校の日本研修の一行が東京国際空港に到着しました。日本での3週間は授業や部活動、お茶や書などの日本文化体験など約3週間のプログラムとなります。所沢高校にはブッチャー・メガンさんがバディのもとから通学します。「鬼滅の刃」が大好きなんですって。一行は所高のほか和光国際高校、所沢北高校、伊奈学園総合高校、流通経済大学柏高校それぞれのバディ宅から各校に通学し、研修プログラムに参加します。  バディは昨年オンブローザ高校でのプログラムに参加している生徒たちであり、みんな「旧知の仲」です。  
5月25日 ボイストレーナーの浅川さんそして 所沢高校OBのカマクラムツキ先輩を講師としてお招きしてボーカルレッスンを行いました!   発声方法や呼吸方法を喉の構造などから詳しく説明して下さり、とてもたくさんのことを学ばせて頂きました。また、ルーティン化するべき練習方法も多く教えて下さりました。 ボーカルの人はもちろん、それ以外のパートの人もコーラスなどで活躍できるようしっかり取り組んでいって欲しいです。    本日はお忙しい中、所沢高校に講師としてお招き頂き浅川さん、ムツキ先輩本当にありがとうございます。   1年生は初めての、2.3年生は2回目以降のボーカルレッスンでした。今回学んだことを日々継続してバンドとして成長していきたいと思います。   多くの刺激を頂きました。 本日は本当にありがとうございました。
5月24日 5月24日、1年生の課題曲セッションを行いました!   1年生にとって初の演奏発表だったため、楽しむことを第一に、一生懸命演奏しました。   また、セッション後には仮バンドが決定しました。 これからは、バンドとして練習していくことになります。   6月中旬の発表会に向けて、今回先輩や先生から頂いたアドバイスをもとに、練習に励んでほしいと思います。
 6月3日(月)の夕方、韓国・ウシン(宇信)高校(Wooshin High School)のみなさんとの交流がオンラインで行われていました。所高ではネット環境の関係でいくつかの教室に分かれて話し合いました。体育祭のこと、テストのことなどなど、写真を見せ合ったりしながら、日本語だけでなく韓国語を交えての交流、楽しそうでした。   
6月1日(土)に行われた令和6年度 学校総体兼高校総体埼玉県予選 1回戦 VS 庄和高校の試合結果をお知らせいたします。 F.C.FREEDOM 2-0 (0-0) (2-0) 庄和高校 ⁡得点(アシスト)後半15分福田(徳永)後半32分徳永(齋藤) スターティングラインナップGK 26 菊岡 涼一(飯能BruderSV)DF 3 小林 和希(東京清瀬VALIANT)DF 5 阪井 鼓太郎(川越市立霞ケ関東中学校)DF 25 寺嶋 凛太(飯能BruderSV)MF 4 齋藤 奏詩(飯能BruderSV) MF 7 鈴木 勢直(VITORIA KAMUI Jr.ユース)MF 18 山田 夏夢(FC狭山 Jr.ユース)FW 8 山城 大暉(JOLTIVA Jr.ユース)FW 9 丸山 天我(飯能市立加治中学校)FW 10 徳永 櫂(JOLTIVA Jr.ユース)FW 11 福田 蒼太(所沢市立小手指中学校) SUB1 竹内 慎哉(所沢市立小手指中学校)2 佐藤 優成(所沢 Jr.ユース)6 森田 凪音(FC入間 Jr.ユース)13 林 希一(日高市立武蔵台中学校)14 神田 悠汰(和光市立第三中学校)15 塚田 壮祐(FC入間ジュニアユース)17 中屋 広翔(FC狭山ジュニアユース)19 濱 大誠(所沢市立北野中学校)16 河南 碧音(所沢市立北野中学校)21 榎本勝太(所沢市立狭...
 6月に入りました。早くも雨の日が続きます。梅雨(つゆ)入りも間近でしょう。「五月雨(さみだれ)」は旧暦の五月ごろに降る雨のことで「梅雨」をさします。それで貴重な梅雨の晴れ間のことを「五月(さつき)晴れ」というのですね。  続く六月は「みなづき(水無月)」五月の雨の多さから一転して「水がない」というのですからおもしろいですね。梅雨が明けると暑い夏の盛り、池や川などの水がかれて無くなるという意味の「水無し月」が変化したものだといわれます。  川の上流のことを水上(みなかみ)といいますし、「水底(みなそこ=水の底)」「水泡(みなわ=水の泡)」ということばもありますから、梅雨のあとだけに、個人的には「みなづき」は「水の月」、水田などに水が湛(たた)えられた月という意味なのではないかと考えています。
 本日の午後、所沢警察署 生活安全課 生活安全・サイバー捜査係 少年補導員の 岩本由紀子 様をお迎えし、「薬物乱用防止・防犯講座」を実施しました。 SNSに関する犯罪行為は年々増加しており、未成年の誘拐被害・児童ポルノ被害・ストーカー被害などが散見されるそうです。  個人情報とは、名前や住所、学校名だけではありません。学校の制服を着て撮った写真や景色に写りこんだご当地のマンホールの柄、瞳に写った景色からも、個人やその位置情報が特定されてしまうこと、などを学びました。 防犯対策として、個人情報は安易に書き込まない、載せない、教えない。SNSで知り合った人には会わない。などがありましたが、特に印象に残った防犯対策は、「『この写真は家の玄関の外に貼っても大丈夫なものかどうか』が判断の目安です。」というものでした。 たしかに、裸の写真や下着姿の写真などは、家の玄関の外には貼りませんよね! 相談先の紹介もあり、「被害に遭って、悩んでいるうちに被害が拡大してしまうこともあります。迷わず相談してください。」というメッセージもいただきました。 また、市内で起きた薬物乱用事件の最新の情報などにも触れ、注意喚...
 応援は、連合の実力が伯仲していて、順位をつけることが困難でした。 所沢高校らしい応援の一つの到達点を目の当たりにすると、もう見た目で選ぶ時代は終わり、投票する側も連合のコンセプトやテーマをわかりやすく表現できているか、オブジェや衣装をうまく取り込めているか、ダンスは個人技に頼ることなく連合全員が踊り切れているか、そういったところまで見極めて投票する必要があります。 これが応援のクオリティ向上に必ずつながります。 創る方も投票する方も真剣勝負なのです。   赤     青       黄     緑     紫     黒     桃     橙   白
 選手のみなさん、お疲れさまでした。昨年、今年と本校の体育祭を見せていただくことができました。企画運営に当たってくれた体育祭実行委員のみなさんはじめ、競技役員に当たってくれた関係の部活動のみなさん、準備、企画運営に当たってくれたみなさんに感謝します。  係の仕事と別の係の仕事のすきまを埋める動きを自主的にしてくれた人、華やかな陰に隠れがちの地味な役割にあってフォローに努めてくれた生徒や先生方、ありがとうございました。  保護者の方々には、お暑い中、最後までご観覧いただきありがとうございました。お子様のご活躍はいかがだったでしょうか?(大きな拍手)(生徒に)…だそうです。  開会式で話のあった「競技がすべて終了すると完成する退場門」にはどんなことが書いてあるのだろうと近づいてみましたが、感謝の言葉など温かい気持ちになることばで満たされていました。  クラス対抗リレーや連合対抗リレーなどガチンコ勝負でありながら、応援や出番までの待機などでお互いに思いやるところが所高らしいと感じました。  クラブ対抗リレーではインターアクト同好会の「川清掃スタイル」、山岳部のアタックなど、外部から...
5月30日(木)開会式 体育祭実行委員が体育祭運営を仕切ります。       衣装を着ているのは連合の団長・副団長たち 9連合の団長による宣誓 大縄跳び 予定通り進行中
 保護者のみなさま、PTA役員のみなさま、朝早くからありがとうございます。生徒への応援を通じ、お子様の魅力の再発見をよろしくお願いいたします。また、体育祭実行委員、各連合の首脳をはじめ、この体育祭への準備、対応を進めていただいたみなさんに敬意を表します。  生徒会長大庭さんのあいさつに言い尽くされているので、繰り返しになりますが、お願いしておきます。  アメリカのジョージ・ケリングという犯罪学者が提唱した『割れ窓理論』というのがあります。1枚の割られた窓ガラスをそのままにしていると、さらに割られる窓ガラスが増え、いずれ街全体が荒廃してしまうという理論です。「ガラス一枚くらい」がだんだんエスカレートして盗みや不法投棄などが横行、人々の心が荒み、すぐに無法地帯になるというのです。  小さいことをそのままにしておくと、もっと大きなとんでもない結果につながる、ということは、別の見方をすれば、小さいことでもよいところに気づくことができれば、広がっていくということでもあります。  気づいたらまず動いてください。自分が言わなくても、誰かが言ってくれるだろう、自分がやらなくても、誰かがやってくれるだ...
5月30日(木)天気は良好! 所高体育祭いよいよ開始です。 早朝から最終準備。           アーチをあげろ  各連合とも予定の20分であがった。  
5月29日(水)前日準備         とにかく準備         時間との勝負だ。妥協はしないが、その決断もいる。リーダーの在り方が試される グランドでは各連合の応援練習が行われています。 明日あげるアーチの取り付けリハーサル 各連合4~50分かかりました。明日は20分程度で必ずあげます。 オブジェは作業が佳境に入ります。いつも間に合うか気を揉むところ 体実も会場設営に東奔西走。南に北にも走れ。「挑」が今年の所高の合言葉
5月28日(火)体実会後 「君たちの活躍を誰も知らない」 「まして体育祭を創っているとは誰も気づいていない」 「でも知っている。君たちが何かを犠牲にしてここにいるということを」 「どれだけ努力しているかということを」  
唯一、保留となっていた1年生の学年目標が決定しました。 当初、4月15日(月)、入学早々に決めなければならないスケジュールでした。しかし、所高をまだよく知らない1年生の議論には無理があるという判断からここまで決定が伸びていました。この間、生徒総会・体育祭準備などを経験して、この日、ひとり一人が考えてきた原案を1時間30分ほどかけて議論しました。たいへん深い意見の応酬でした。 決定した目標は、後日発行される『HR通信』で確認してください。
『27日(月)の団副会』から 連合が基本的なことができていない、団副はリーダーシップを発揮しきれていないなど・・・・顧問の先生方から連日、激励のアドバイスを頂いています。失敗の修正が追い付いていません。 今日は団副会後、場所を改めて一人ひとりにこれまでのアドバイスを受けてどう考えるか、どうすればよいのか、体育祭後の自分はどうなっているかなど、考えていることを全員に話してもらいました。 とても真摯な姿勢で反省し、責任を感じていることがわかりました。ただ当然全体の雰囲気は重くなります。暗雲立ち込めるなかでの解散になりそうでした。 そのとき総務長が特別に発言を求め、「なぜ等身大のリーダーとしてみんなを引っ張らないんだ。今、自分と理想のリーダー像が乖離してしまっている。無理するな、自分らしいリーダー!、それでいいんだ」と激励してくれました。ようやく表情が和んできた団長・副団長たちです。 本当の意味で考え始められたか否かは、今後の行動によります。
今週30日木曜日 体育祭となります。 今年のスローガンは「挑」、昨年の「創」を引継ぎ、ワンランク上の体育祭を目指します。 この期間、3年生一人ひとりが、「誰もがリーダー」の自覚と行動が求められます。 特に団長はじめ各連合のリーダーたちは、「挑」の下、自身のリーダとしての あり方を日々考えさせられます。考えることなくして所沢高校のすべての行事は成立しません。   ◆26日(日)のオヴジェ制作 今週は雨天が続く予報の中、ち密で具体的な制作計画とその実行力がオヴジェリーダーに求められます。 所高の体育祭は、競技のガチ勝負のみならずクリエイティブな部分でも熱い戦いが繰り広げられます。その面の得意な生徒の活躍の場として、このほかに衣装・アーチ(壁画)があります。 体育祭は所沢高校生の個性を発揮できる行事の一つです。 ◆団長・副団長会 この日一日の活動について振り返り、明日以降の活動について体育祭運営総務から連絡があります。 時には総務長から厳しい注文が団副に入ることもあります   体育祭顧問の先生からは、考える機会をいただきます。        
4月20日、日高高校にて春季西部支部大会がありました。   一回戦  城西川越高校 0-4勝ち   二回戦   志木高校  5-0負け   一回戦からよく動くことができていましたが、志木高校に完敗。。日頃の稽古をさらに積み重ね、地力つけていきたいと感じた大会でした。  
 5月25日(土)午後、希望の鐘会議室を会場に学校評議員会と学校評価懇話会が行われました。学校評価懇話会では学校評議員の方に加え保護者代表、生徒代表にもご出席いただき、教職員から評価シートへの考え方を説明、意見交換を行いました。  学校自己評価システムシートの「進路実績の向上」に関し、進路学習指導部から「数字上合格者数は減ったが(複数の合格者も1名と数える)合格者実数は変わっていない。指定校推薦から一般入試に回っている印象があり、一般入試で合格できると考える生徒が増えた結果ではないか」との説明に対し、生徒代表から「『指定校推薦の対象大学であっても希望の学部ではない』という友人もいる」「学力向上プロジェクト(学P)でも所高生の学力向上を話し合っている。この席で出された資料を学P通信に載せたい」などが出ました。「自分が本当に行きたい大学であればよいが『決まらないと不安』『楽に進学したい』など、まず指定校推薦ありきと感じる者もいて心配だ」「保護者としてはよくわかる」など熱心な意見交換となりました。出されたご意見などは教職員に共有し、教育活動に生かしてまいります。  視聴覚室に会場を移し、PT...
 中間考査を終わって、体育祭に向けて連日朝早くから練習が行われています。けさは3年生の競技「竹取物語」の練習などが行われていました。全体の練習を仕切る実行委員の面々、練習後はグラウンドにブラシもかけます。動きを検討するため練習の模様を動画に撮っている面々も。別のグループでは振り付けの練習が行われていました。(5月25日7時50分ごろ写す)     
今回はシュウマイを作りました。 三年生は最後の料理部ということもあり、参加人数も多く、とても楽しい回でした。                                           ※違う班の写真です 自分の班では、シュウマイの皮を巻くのにとても苦労しましたが、新しく入ってきた1年生達と一緒に楽しく賑やかに作りました。見た目はあまり良いとはいえないものの今まで食べたシュウマイで一番美味しく、店顔負けの味でした。中華料理を作ることはチャーハン以外にはあまりないと思うので、とても貴重な体験だと思います。 3年生達のおかげで楽しい料理部を過ごせました。先輩から教えてもらったことを活かして今後も楽しい料理部を続けていけるように頑張ります。今まで本当にありがとうございました。
 全日制はきのう5月20日(月)から、定時制はきょう5月21日(火)から中間考査を行っています。廊下から受考ぶりをのぞいてみると、問題との格闘(?)ぶりが伝わってきます。1年生にとっては高校での最初の考査です。中学校の時と同じようにはいかないかもしれません。3月の卒業式で、ある生徒が「最初の中間考査で(こんな感じで勉強していけばいいのだと)自信がついた」と言っていました。「やれることはやった」と言えることが自信につながります。まずは一つ一つ山を確実に越えてほしいものです。(写真左:全日制1時限、写真右:定時制1時限、中間考査受考のようす。窓からの光の差し込みかたが違います。)