所高日誌

2016年12月の記事一覧

№243 学年集会より

 本日は、2学期を振り返り学年集会が行われています。
各学年、『今』をどのように過ごしたらよいのか?という点に触れながら、生徒たちをまず褒め、またさらによくなるための手立てを講話として伝えていただいています。
 3年生は本当に苦しい今をどう乗り切るか、2年生は受験生としての切り替えをどうしていくのか、1年生は高校生としての真の自主性を理解するために生活面に触れながら。
 「心」が変われば「行動」が変わる。 1096名・生徒一人ひとりの行動に「今後」を期待したいと思います。
 

 ≪3年生≫
 
 

 ≪2年生≫                   ≪1年生≫
  

 ≪3年生の学習指導部通信より≫
 有意義な冬休みを送るためにの中で 『受験生 すぐにできること50のこと』 中谷彰宏 著 が紹介されています。 
  50すべてを知りたくなり、本を手にしてみました。

・親とも兄弟とも、先生ともケンカしない
・机以外でも、勉強しよう
・勉強する人がいるところで、勉強する
・辞書を自分の体の一部にしよう
・声にだすことを恥ずかしがらない
・文章を映像化する力をつける
・英単語を先に増やそう
・得意科目と不得意科目の勉強の仕方を変えよう
・黒板より先生をみよう
 これらがどのようなことを意味するのか、是非一読してみてください。





 

№242 2年生 主権者教育

 12月19日(月)3時間目に2年生を対象に『主権者教育』が行われました。 教室で『私たちが拓く日本の未来』を読みながら、ワークシートに真剣に取り組む生徒たちの様子をお伝えします。この後、グループによる話しあいを行い、しっかりと意見交換も行われました。

 
    
    
≪ワークシートのコメントより≫ 
 主権者教育では、グループワークをベースに「主権者とは何か」・「主権者としての行動」を学びました。
「自分たちの将来は自分たちで決めなくては」「投票できる権利があるのにYesともNoとも言わないのは違う」「自分の一票ではなく、私たちの一票と考えれば、国だって変えられる」というようなコメントが記されています。
 また、本日の学年集会でも「昨日の主権者教育」に触れ、学習内容の確認も行われました。




 

No.241 球技大会

期末テスト終了後、1214日から19日までの放課後に球技大会が行われました。男子はソフトボールとバレーボール、女子はフットサルとバレーボールを行いました。

好プレー、シーソーゲームありで大会はとても盛り上がりました。

<男子>

ソフトボール 優勝 27  準優勝 34  3位 39  4位 16

バレーボール 優勝 28  準優勝 19  3位 25  4位 23

<女子>

フットサル  優勝 21  準優勝 13  3位 29  4位 26

バレーボール 優勝 27  準優勝 34  3位 16  4位 18


         

 

 

№240 次期学習指導要領改訂に向けた職員研修会

   本日午後、ベネッセコーポレーションより講師をお招きし、職員研修会が開催されました。
 次期学習指導要領の改訂や大学入試改革を見据え,所沢高校としてどう対応するか。
 本校の将来を考えるための、大変重要な情報共有の時間となりました。
 英語外部検定試験の入試活用はどうなるのか。
 多面的・総合的評価にどのように対応するのか。
 新テスト・新学力テストへの対応とは。
 『これからの日本の教育』を考え、且つ、高等学校としておさえるべき点を具体的な検証成果や他校の実践例を紹介しながら大変わかりく説明していただきました。
 
 
  

№239 GKT始動(3年0学期)

  2年生もこの冬休み終了までGKTが行われます。
 球技大会と並行し12月13日から1月6日が活動期間。
 後日改めてその様子をお伝えします。

 GKTとは「学力向上、所沢!」を合言葉に希望する進路の実現に向けて支え合うチーム。
 学年によっては「学力強化隊」とよばれたこともありました。
 ゴールは『宣言して完遂する』ということです。2年生も受験勉強、本格スタートです。