所高日誌

2016年10月の記事一覧

№175 人権教育講演会

 本日は、人権教育講演会です。
 多文化共生センター東京より 枦木典子氏をお招きして「外国にルーツを持つ子供たちの教育」について講演をいただき、現状や課題を新たにしました。生徒の真剣な様子をお伝えします。

   

№174 生徒会でノースマホデー&募金活動展開中


  本日はノースマホデー。昨年から生徒会を中心に自主的に取り組んでいます。
 『学校にいる間、スマホを手放そう』 朝と昼休みに生徒会からの放送も入りました。
 協力者は目印となるシールを貼り、返信もすぐにできないことをわかってもらおうという試みです。
 昼休みに校内をまわってみました。
 クラス全員で取り組んでいるところがありましたので感想を聞いてみました。
 「コミュニケーションをよくとるようになりました」というのが主な声。
 ついつい便利なスマホ、しかし基本は人と人が直接コミュニケーションをとることではないでしょうか。 
 参加した皆さん、今日はとても大切なことを学べましたね。

   

 
  生徒会では「赤い羽根」の募金活動も展開中です。

    
                  校内放送中    
 
   
     職員室でも募金運動    集まった募金はすぐ回収!
 
  明日も、正門付近や各クラスで声をかける予定だそうです。
  生徒会の皆さん、これからも様々な取り組みに挑戦してください。
    

№173 未来に拓く「学び」プロジェクト公開授業

  本日は 『未来に拓く「学び」プロジェクト後期公開授業日』です。
本校では、英語・数学・地理歴史の3名の先生が研究委員としてジグソー法の授業を公開しました。
埼玉県教育委員会のご指導はじめ、県内外の先生方にもお忙しい中、授業参観及び研究協議にご参加いただきありがとうございましました。
公開授業を担当した先生方は、本日を迎えるにあたり何度も何度も他校の先生方とやり取りをし、この授業をデザインしてきました。
 『ジグソー法』は、ツール(視点や教材)の開発や「場」(グループ構成など)の設定はもちろん、生徒の力を借りながら授業を展開していくというシナリオ通りにいかない、ある意味教員の力量を問われるものでもあります。
 常に生徒の主体的な学びを引き出し、前向きに授業改善に取り組もうとする生徒と先生方の様子をお伝えします。
本校の自慢は「生徒」と「先生方」です。

  
 
  
 

     

№172 第8回土曜日公開授業・西部地区県公立高校進学フェア


 午前は第8回土曜日公開授業、午後は西部地区県公立高校進学フェアです。
本校は所沢地区会場(所沢西高校)と川越地区会場(川越高校)の2か所にブースを出させていただきました。中学生と保護者の皆様、足元の悪い中、本校及び各会場に足をお運びいただきありがとうございました

   
   
 
 西部地区県公立高校進学フェアより

  
  
  
 
 所沢会場・川越会場にご来場の皆様、足元に悪い中をありがとうございました。
 所高は104組 233名の皆様に個別の相談をいただきました。

№171 料理部の素敵なおすそ分け

 「料理部でーす。」 職員室に響く明るい声。今日も多くの先生方が心待ちにしている料理部の生徒からの幸せのおすそ分けです。先生方もどうぞという優しい心遣い、いつもありがとうございます。
今日も「おいしかった。」「これはうまい。」と満足の声。ずいぶんと料理のレパートリーも増えたのではないでしょうか。
料理は段取り力を養うよい機会です。どんどん腕を磨いてください。ごちそうさまでした。