所高日誌

2016年1月の記事一覧

No208 SMAP会議

 スマホの安全利用〜私たちのルールづくり〜もいよいよ大詰めとなります。本日は職員研修会向けの資料に生徒のコメントを入れる作業を行いました。スマホ活用プロジェクトチーム「SMAP」の仕上げ作業です。6月からここまでの様々な取組に感謝しています。この結果をぜひ次年度にも継続できたらと考えています。

   

No207 KIZUNA活動 公開講座 国語

 夏の講座に引き続き、冬も公開講座「国語」が開講されました。高等学校国語の定番教材の一つ『山月記』を読みました。ご参加いただきました地域の皆様、大変ありがとうございました。

【講座概要】
 『山月記』の登場人物は二人。一人は李徴ではもう一人は?思い出せない方はこの作品を誤読しているのかもしれません。二人の関係に目を向けることで見えてくる新たな読みを本校教諭がリードします。

    

No206 土曜公開授業参観者対象説明会を開催

 本日は、第12回土曜公開授業。授業参観者を対象とする学校説明会も開催しました。
過去3回の学校説明会、オープンスクールとは異なり、小規模での最終説明会となります。
30名を超えるご参加いただきました。中学生と保護者の皆様、大変ありがとうございました。

   

No205 3学期始業式・課題テスト

 1月8日(金)3学期がスタートし、3学年がそろう行事も残すところわずかとなりました。早速、体育館には生徒たちが集合してきました。始業式の様子をお伝えします。
 
 校長講話より
 1 関心をもち心がけて欲しいこと
  地球温暖化は「スポーツ環境」 「農作物の品質低下」などにも影響を及ぼしている。 常に身近な生活に関心を持ち、毎日の生活を見直してほしい。COP21でも3Rが提唱されているが、今、省エネについて一人一人の心がけが求められている。
 2 今年の目標について
  今年は「申年」。のびる・のばすという意味がある。埼玉県内にも「三猿」がおり、秩父神社の「お元気さる」はよく見て、よく聞いて、よく話すという意味がある。ぜひ変化を恐れず、目標に向かって挑戦してほしい。痛みを伴わない成功はない。

  


 始業式の後には、3年生はLHR、1・2年生は課題テストが行われました。

  

  

No204 第5期GKT 本日閉講式

 12月22日からスタートした第5期GKTも、早いもので本日1月7日で最終日を迎えます。2年生は生徒会活動や部活動との両立を図りながら緊張感をもって参加してくれました。午前中の部活動を終え合流した生徒たちの午後の様子をお伝えします。
 「継続こそが成果・結果に結びつく」と信じ、「受験生の核」となって受験勉強の雰囲気づくりに貢献してくれることを願っています。

    

  午後4時、 閉講式では野球部のキャプテンが司会進行してくれました。生徒代表の感想発表の後、校長先生からは、ダーウィンの進化論を踏まえ「最後まで生き抜くことのできるものは強いものではない、時代の変化に対応できるものである」と、学びの意義や1年後の受験生としてのあるべき姿についてお話をいただきました。
 閉講式後は、会場をさっと復元すると、野球部キャプテンのリーダーシップのもと、全員清掃。ここがまた皆様にお伝えしたい所高生の素晴らしい一面です。