所高日誌

2016年1月の記事一覧

No223 第13回 土曜公開授業

 本日は第13回土曜公開授業です。 2・3時間目を公開しました。
寒い中、保護者の方の参観もありました。「以前から参観したいと思っていた科目だった。これほどの(質も高くスピード感ある)授業に生徒たちが集中してついていく姿に大変感動した。教室の中も大変きれいに整頓されている。 また、土曜日公開のために寒い中先生たちが丁寧な受付をしてくださっている。このような学校は珍しい。今日は参観できて本当によかったと思う。」と直接感想を伺うことができました。本当にありがとうございました。
 どのような時間も全クラス、大変集中して授業が行われています。手前味噌ですが、先生方の工夫された授業と頑張る生徒たちが自慢です。

                                    
                                1学年は週末課題にも取り組んでいます。

  

  
 
   

   

 
 

No222 2年生が織田作之助 U18賞受賞

 2年生が 織田作之助賞 U18賞を受賞しましたので報告させていただきます。
       
 織田作之助賞は「織田作之助賞実行委員会」が主催する文学賞です。この賞は、大阪生まれの作家 織田作之助の生誕70年を記念して1983年に創設されました。2006年から制度を変更し、2014年にこのU‐18賞が新設されています。
 受賞は1月10日付の「毎日新聞」等で紹介されました。記事の中で「読んでくれた人の心にいつまでも残るような作品を書くのが目標」だと語っています。
 また、選評では『書き馴れた端正な文章の力で物語をまとめ上げていた』(関西大学 柏木治氏) 『羽ばたく力を感じた』(作家 堂垣園江氏) などの言葉もいただいています。
 過日、卒業生の芥川賞受賞の取材記事の中で 「同じ文学を志すものとして一つの目標ができました」とも語ってくれました。今後も是非、この大きな目標に向かって頑張ってほしいと思います。 先輩に続け!ガンバレ所高生!

No221 3年生芸術選択者(音楽)による卒業演奏会 最後の授業

 No219では、3年生芸術選択者(美術・書道)による作品展をご紹介しました。
本日、3年生芸術(音楽)選択者による卒業演奏会が行われましたので、その一部をお伝えします。校長先生、担任の先生方もお忙しい中を来室してくださいました。嬉しそうな生徒の表情と「ワーッ」「緊張する」そんな言葉。
 校歌からスタートして、全員合唱まで10曲。 一人一人の練習の努力が垣間見られた発表でした。全員合唱 ミュージカル『オペラ座の怪人』は高校音楽の集大成にふさわしく、大変素晴らしい内容でした。
 そのすぐあとに流れてきたイントロ…『旅立ちの日に』 も、また胸が熱くなりました。

       
 
   
   
   
  

No220 LHRは送る側と送られる側で


 1月21日(木)のLHRは『卒業記念祭実行委員会』が中心となり、卒業記念祭準備を行いました。 

 ステップ1  昼休み、作業確認のための委員会が開催されました。
    

 ステップ2  LHR開始前、クラスごとに作業道具が配付されました。 
    

 
 ステップ3  さあ、クラス別に作業スタートです。 
   
  
  

 一方、送られる側の3年生のLHRは… 学年末考査事前注意、センターリサーチのフィードバック、卒業記念祭用クラス写真の撮影などが行われました。

   

   

   

No219 3年生芸術(書道・美術選択者)作品展開催中

 
 3年生の授業も残すところ数日となりました。1・2号館通路には美術と書道の選択授業の作品展示コーナーが設置されています。生徒たちも足をとめそれぞれの作品を鑑賞してくれています。 学年末考査まであと数日。ガンバレ3年生!!