所高日誌

2015年12月の記事一覧

No191 主権者教育

12月22日(火)1時間目のLHRに 副教材『私たちが拓く日本の未来』と校内で作成したワークシートを活用して、各教室で主権者教育を実施しました。
  平成27年6月の公職選挙法の改正で、満20歳以上だった選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられ、平成28年6月から施行されることになりました。来年夏には参議院議員通常選挙が予定されており、現在の3年生のすべてと2年生の一部の人が有権者となり、選挙を経験することになります。どのクラスも真剣に副教材を読み、集中してワークシートに取り組んでいます。一部、教室の様子をお伝えします。

   
   

No190 KIZUNA活動 所沢特別支援学校との交流

12月17日(木)、KIZUNA活動の一環として吹奏楽部・バトン部の46名で所沢特別支援学校にお邪魔し、クリスマスコンサートを開催しました。このコンサートは所沢特別支援学校の創立時に始まり、今年で36回目を迎えました。
 今年は小学部から高等部までのみなさんに劇やイントロクイズを交えながら計4曲を披露しました。演奏やチアダンスに合わせて手拍子をしていただいたり、ダンスをしていただいたりしてとても盛り上がりました。 また、コンサート終了後には、高等部のみなさんと交流会を行いました。 演奏や交流会を通して絆を深めることができました。
 コンサート・交流会の後にはそれぞれ手作りのプレゼントをたくさんいただきました。ストラップは部室のカギに付け、クリスマスリースは早速、職員室の入り口に飾りました。

    
 所沢特別支援学校のみなさん、楽しい時間と手作りの素敵なプレゼントをありがとうございました。

No189  KIZUNA活動 みんなで楽しむX’masパーティ料理 

 12月20日(日)10:00〜13:30 本校の調理室を会場に 『みんなで楽しむX’masパーティー料理』の公開講座が開催されました。全品を皆で協力しながら作り上げ、一人1プレートを飾り付けてX’masコーディネートを楽しみました。
 献立は、山小屋風サンドウィッチ、おにぎりの雪だるま、じゃがいもサラダのツリー、ウインナーのトナカイ、ミニトマトのサンタ、キャンドルケーキ、コンソメジュリエンヌ等。素材の味を生かしてスロー&エコをモットーに、簡単で見栄えするパーティ料理をお伝えさせていただきました。

 【感想より抜粋】
 ・ 参加してよかった。
 ・ 楽しかった。
 ・ 塩分が控えめに感じました。
 ・ いかに自然のものをとり入れるか、食の大切さを改めて感じました。

 今後の公開講座の内容として「カロリーに関する学習」「調理実習」等へのご要望もいただきました。お忙しい中、ご参加いただきました9名の地域の皆様、大変ありがとうございました。
  
                 


   

No188 テニス部男子 四市大会優勝

 12月20日(日)に駿河台大学を会場に四市ソフトテニス高校生大会が開催されました。男子の部で所沢高校がみごと優勝・準優勝に輝きました。
 この大会は昭和48年に始まった歴史ある大会で、この第1回大会(当初は6市開催)も所沢高校が優勝しています。 

                  

No187 学力向上PT担当者会議

 12月18日(金)放課後 『学力向上PT担当者会議』が開催されました。

 1 学習時間調査(11月)結果の報告
 2 スタディプランの構成について

 平成28年度スタディプランの「学P」のページをどのように構成するのかについては様々な意見交換がなされました。
その一部をご紹介します。
 ・大切な所に目が行くよう編集上の工夫が必要ではないか。
 ・カテゴリー別にページを割り当ててはどうか。
 ・おすすめ参考書の欄にどのような大学を目指す人たちが使用したのか、どこがよかったのかを加えてはどうか。
 ・後輩をやる気にさせる構成・表現の工夫が必要ではないか。
 ・1・2年生から使えて日々の学習に役立つものを紹介してはどうか。
 ・スキマ時間の活用について多くが触れているので項目立てをしてはどうか。
 ・スマホの研究成果を還元してはどうか。
 入学した1年生がスムーズに高校の学習にシフトできる内容への工夫について建設的な意見が交わされました。