所高日誌

2015年11月の記事一覧

No163 KIZUNA活動 「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」

 11月22日(日)に「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」という障害への理解を深めるイベントが埼玉県の主催で行われます。本校生徒が、ボランティアとして協力することになりました。
生徒会本部が広報誌『FREE』で全校生徒にボランティアを募集しました。

当日は、ステージ発表のお手伝いをすることになっています。後日、その様子をお知らせしたいと思います。

No162 KIZUNA活動 保育園での交流

 11月19日(木)、家庭科授業の一環として制作した保育玩具を持って代表生徒と保育園児との交流を行いました。発達の特徴や、保育園の社会的役割についてより一層理解を深めることができたのではないでしょうか。生徒の心のこもった手づくり玩具はいかがでしたか?所沢中央文化保育園の園長先生、先生方、園児の皆さん大変お世話になりました。

    

    

   【参加生徒の感想より】
・実際の子供たちと関わって、保育の大切さを改めて感じました。大学に入って立派な保育士をめざします。
・持参したおもちゃで楽しそうに遊んでくれたことがとてもうれしかった。
・子供はかわいいけれど、その気持ちだけではどうにもならないことを改めて痛感しました。幼稚園教諭になるために、全力で大学生活に取り組もうと思いました。

No161 男子ソフトテニス県ベスト8 女子バスケット部県大会へ!

【男子ソフトテニス部】
 11月7日に行われた埼玉県高等学校ソフトテニス大会男子個人の部で2年生のペアがベスト8入りを果たしました。

【女子バスケット部】
 11月15日(日)女子バスケットボール新人大会西部支部予選が行われ、県大会出場を決めました。

 日々の練習が素晴らしい結果につながりました。今後とも応援よろしくお願いいたします。ガンバレ所高生! 
 
                       

  

No160 第66回埼玉県高等学校英語スピーチコンテスト

 11月14日(土) 2年生女子生徒が第66回埼玉県高等学校英語スピーチコンテスト(会場:不動岡高等学校)に出場します。
今日は、英語科の先生方の前で仕上げのスピーチを行いました。『外国語を学ぶことは人と人をつなぐこと』 自己の体験を踏まえわかりやすくまとめました。毎日練習してきた成果を十分に発揮してきてください。 ガンバレ所高生!

 
  

No159 1年生が…俳句(学年の取り組み)で入賞!

 1学年での取り組みの一つに「俳句」がありますが、第16回常陸の国・小野小町文芸賞(応募総数316首)俳句部門 高校生の部で入賞を果たしました。

 入選: 5席 明日から雨は止むかな秋近し    1年生男子
     
      6席 ぎりぎりの世界の淵の芋嵐     1年生男子
      
      9席 白雨のしとしとと降る涙かな     1年生女子
     
      10席 上ばきがトイレの隅に昼の月    1年生女子
     
      20席 けん玉をコツコツ鳴らす青田風    1年生男子