所高日誌

2016年11月の記事一覧

№221 2学年保護者会が開催されました

 本日の午後、保護者会が開催されました。200名以上の参加をいただきました。
保護者の皆様におかれましては、足元の悪い中、足をお運びいただき感謝申し上げます。
2年生のこの時期は、大学受験に向けて本格始動する大切な時期です。
本校の合言葉は「受験は団体戦」 先手必勝です。1日も早い準備をお願いします。 

   
  

№220 公開授業週間(最終日) 本日の授業から⑧

 本日は公開授業週間の最終日。学年主任の先生方の授業(日本史・数学・化学)を参観させていただきました。
教科もは異なり、教科特性ももちろんありますが、共通するものとして『一人も逃さない授業姿勢』 『授業規律の確保』 『授業省察力』 『十分な教材研究』等。どれも魅力あふれる授業でした。

【日本史】日中戦争
  
 
 因果関係や根拠等、おさえるべきポイントがよくわかる迫力ある授業です。
生徒掌握力、話術は抜群です。3年生もとても集中しています。

【数学】加法定理
 
 
 問題演習の時間、クラス全員を個別に指導していく場面が何度も見られました。 
即座に誤答の理由を生徒に説明して行く姿が印象的でした。
本日のキーワードは『タンプラタン・マイタンタン』 生徒たちはにこやかにつぶやきます。

【化学】高分子化合物
   
  休み時間も質疑応答       ラクトースを味見       立体的に構造を理解  
  
 
   「どうして・・・」              解説中

 実験や体験による気づきを大切にした思考を深める授業。過去の記事(実験の記事もご覧ください)
 本日も休み時間の質問対応から。チャイムとともにテンポよく授業が進みます。
授業中、生徒たちが「おやっ」と表情を変えました。すぐに周囲で説明をしあいます。
理解が十分でないと判断した授業者が今後の展開を判断して、手品師のようにダンボールを切り取り、理解を助けるための教材を素早くつくり、新たな説明に切り替えます。

 2週間にわたって授業参観の様子をお伝えしました。また、機会がありましたら本校自慢の
先生方の授業について引き続きお伝えしていきたいと思います。

№219  第11回土曜日公開授業

 回数を重ね、本日は11回目の土曜公開授業日です。
足元の悪い中、またお忙しい中、ご参観いただきありがとうございました。
中学生・保護者の皆様、孫の様子を見にきましたというおばあさまなど、授業での様子はいかがでしたか? 
是非、また本校へ足をお運びください。

  
   
 

№218 授業力向上研修会

 本校では、毎年行われる「授業力向上研修会」で教科輪番で授業を公開し、テーマを決めて研究協議を行っています。本年度は芸術(書道)と英語です。授業の様子は№217をご覧ください。
 研修会では、本年度も高校教育指導課の先生方にご指導をいただきました。
「アクティブ・ラーニング等」の講義、授業実践に基づくグループ協議等、限られた時間ではありましたが大変充実した研修会となりました。

   
   
 

№217  公開授業週間 本日の授業から⑦

 本日は授業力向上研修会の研究授業として「書道・英語」で公開授業が行われました。
本校では毎年教科輪番で授業を公開しています。
4時間目から6時間目までの3時間、高校教育指導課の指導主事の先生方に授業を参観していただき、研修会で指導講評をいただきました。ご指導ありがとうございました。
 
   
  
   
   
   

№216 11月25日はノースマホデー!


昨年度から始まったノースマホデー。
本年度も生徒の呼びかけにより継続し実施しています。
時期は各学期の定期考査前。
2学期は中間考査前と同様に期末考査前にあたる11月25日に実施をします。

ついつい使いすぎてしまうスマホ。これを機会にスマホと自身との距離を見つめ直し、よりよい時間の使い方を考えてみましょう。

№214 後期生徒総会が行われました

 本日は、いよいよ後期生徒総会当日です。
  真剣に議案をやりとりする生徒の様子をお伝えします。まずは準備から。

      

体育祭、所高祭の総括、前生徒会本部・監査委員の活動総括、現生徒会本部・監査委員の活動方針などが議題でした。
様々な質問や意見が出されましたが、非常にスムーズに進行しました。

  

 

№213 公開授業週間 本日の授業から⑥

 午前中に地理歴史の授業を参観させていただきました。
『チャイム前からの完璧な授業準備』 『対話による授業』 『十分かつ緻密に計算しつくされた教材研究』 『簡潔な説明と効果的な発問』 『教材の工夫』 『常に問いかけ、難しければ自前のノートやプリントで確認する姿勢づくり』 『ペアですぐ相談、説明できる体制づくり』 『興味関心をひくエピソード』など。様々に工夫された大変惹きこまれる授業でした。

  
  
 
 
 生徒たちのつくるノートやプリントの活用状況もなかなかのもの。発問にあちらこちらからつぶやきや回答がでてくる雰囲気もとても素晴らしいと感じました。

  
  
  
 既習事項の確認を「廊下の人・窓側の人」というペアにして秒単位でスピーディーに答えさせていきます。何度も時間内にペア学習に取り組ませていく試みが、授業の流れをやる気に変えていきます。

№212 授業見学週間 本日の授業から⑤

 本日は体育の授業を参観させていただきました。
バレーボール・テニス・ラグビー・柔道・ダンスです。
それぞれの授業からは『事前準備の徹底』 『時間管理』 『スピード感』 『安全の確保』 『リーダーの育成(体育委員を育てる)』 『保健体育における言語活動の充実』 『ほめて伸ばしてやる気にさせる指導』 『個と全体のバランスのとれた指導』 『わかりやすい指示』等を感じとることができました。
 保健体育の授業においても「筋道を立てて練習や作戦について話し合う活動を通してコミュニケーション能力や論理的な思考力の育成を促し」ていくことが大切だとあります。随所にこうした場面がみられる授業構成となっています。
 
   
  
  柔道では「安全で無理をさせない」でも「頑張り抜く力(気力)」の育成がポイントです。

  
  
 瞬時逃さず声掛けする。ほめる⇒伸びる⇒考え・動ける⇒動きが変わる
 1時間の中で生徒の変容がよく見えた迫力ある授業でした。
 生徒同士が作戦を立てる場面もありました。
 生徒のお互いの声掛けも増え、ゲームがスピード感を増していきます。
  
 身体表現について自分たちで(考え・話し合い)つくる⇒練習や改善を図り表現技術を磨く⇒発表・相互評価する。
今回は中間発表の日です。お互いの動きを確認し、さらによくするための話し合いの時間もありました。授業終了後も、生徒たちは本時授業について感想や反省点を記録していきます。