活動の記録

2019年8月の記事一覧

ミキシング見学 in 紅谷亮次氏スタジオ【フォーク部/2019年度NO.46】

8月27日(火)
本日は先日レコーディングしていただいた曲のミキシングの見学に深谷方面に行きました。

部屋に入り まずミキサーの大きさに驚きました。 
ミキシング専用の部屋で大きさの異なるスピーカーもおいてありました。
使用しているミキサーについては glennmusic.jp.net をご覧ください!
この環境で 私たちの音源をミキシングをしているところを見学をさせていただきました。


最初にスピーカーで色んな曲を聴きました。その中で曲によってミキシングの違いが出ていて、例えばアメリカの曲ではベースの音がスピーカーの左右で移動しているようにミキシングしてあるなど、遊び心があって面白かったです。
紅谷さんは自分好みのミキシングがされている曲を聴いて体にしみつけてからミキシングを始めるそうです。

~ミキシングの流れ~
ベース
低音の音の揺れは大きい音で聴かないとわかりにくいため部屋に響くほどの大きな音で聴きながらやりました。
ドラム
ドラムはマイクを使っている数が一番多いためミックスが一番難しいです。
各部に複数マイクが使われていたりするので複数のチャンネルを一旦一つにまとめ、最終的にドラム全ての音をまとめたものをコンプレッサーにかけて音の方向がバラバラなのをまとめました。
アコースティックギター
AGはピエゾピックアップからの音とマイクでとった音を合わせて音をつくります。
マイクからの音の方がリアルだが、そのままの音だとドラムに埋もれてしまうためマイクからの音をメインにピエゾからの音を交えてドラムとの差別化をしています。
エレキギター
全体で合わせたときにうるさい音域をイコライザーで下げて存在感を残しつつ音量を調整する。そうすると全体の音量を上げてもギターが前に出てこず音が揃う。
ボーカル
流しながら聴きピッチが甘いところや楽器隊とタイミングがずれてるところ等 細かいところを調整した。

[ 結 「赤い糸」ミキシング ]
リードギターにフェイザーをかけることで一定だったリードの音に抑揚がでるように調整。
コーラスに空間系エフェクトをかけ、ボーカルと同じ音量でもコーラスが少し後ろに下がってメインのボーカルが前に出て聞こえるようになった。

[ The cleaner 「夢は生きてる」ミキシング ]
リバーブはディレイにかける=遅れてきたディレイ音にリバーブをかける。
3ピースなど楽器隊が少ないバンドはこれを使うと音に厚みが出る。
歌で引っかかる音や強調する音、聞き取りにくい音を 部分的に一瞬音量を上げるなどすると聞き取りやすくなる。

 


本日は大人数を受け入れてくださりありがとうございました。
普段では味わえないような体験が沢山出来てとても充実した日になりました。
今回ミキシングしていただいた音源を生かして普段の演奏でも音源に近づけるように練習していきます。
本日は本当にありがとうございました!

収録していただいた音源は
9月7日、8日
所沢高校 文化祭体育館ステージの発表のときに
CDを配布する予定です!
ぜひ体育館ステージの演奏を聴きにきて CDを聴いてみてください!

ブログ係 みけほ

TMRファイナル【フォーク部/2019年度NO.45】

8月26日
今日は新代田FEVERでTokyo Music Riseファイナルに本校のThe cleanerが宮地楽器代表として出場しました。
このファイナルは東京のバンドだけでなく静岡のバンドなども参加していて普段なかなか見ることのできないバンドも多くとても楽しかったです。


The cleanerは4バンド目に出演。「202号室」を演奏しました。
オーディエンスの方々もとても多く、音響も素晴らしかったので 楽しく演奏できました。

賞を頂くことはできませんでしたがレベルの高い有意義な時間を過ごせました。この悔しさと経験をバネに9月1日に行われるジョージロック決勝でも全力で挑みたいと思います。TMRの本間さんをはじめとするスタッフのみなさん。本当にありがとうございました。

ブログ係 なが

ISSHO終わらねぇ夏LIVE【フォーク部/2019年度 NO.44】

8月25日 (日)

今日は、東京都立第一商業高校 ISSHO終わらねぇ夏LIVE に、
1年生バンド しゃけぱずる。
2年生バンド Hello ・ The cleaner
が出演させていただきました!

参加校:第一商業高校、正則高校、広尾高校、北豊島工業高校、葛飾総合高校、所沢高校

※ 本校出演順
1しゃけぱずる。
2Hello
3The cleaner

1バンド目 しゃけぱずる。
演奏曲
アボカド/yonige
◯堂々とした演奏で会場を盛り上げました!


2バンド目 Hello
演奏曲
Parachute/オリジナル
一等星になるなら/オリジナル
◯観てる方が盛り上がってくれて、楽しく演奏させていただきました!


3バンド目 The cleaner
演奏曲
202号室/オリジナル
◯演奏はもちろん、パフォーマンスも素敵なステージでした!


本日は急な曲数の変更に対応していただき、申し訳ありませんでした、ありがとうございました。
第一商業高校の合同ライブに参加させていただくのは今回で3回目となりますが、毎回会場内の装飾や、照明のバリエーションに驚かされます!
また、会場全体があたたかい雰囲気で、ライブをするのも、観るのも、とても楽しかったです!
今日得た刺激をこれからの色々なステージで生かせられるようにしたいです。
第一商業高校の部員の皆さん、顧問の先生方、本日はありがとうございました!
またぜひ呼んでいただけたら嬉しいです!

ブログ係 すー

柏木学園高校普門ライブ参加【フォーク部/2019年度NO.43】

8月25日(日)

本日は柏木学園高校(神奈川県)で行われた「普門ライブ」の2日目に本校1年生からアマウト、2年生からLupinusが参加させていただきました。
参加校: 蕨高校 白山高校 立花学園 横浜冨士見丘高校 瀬谷西高校 横浜旭陵高校 戸塚高校 中大横浜高校 柏木学園 所沢高校

本校のトップバッターを務めたのはアマウト

1.少年R
2.八月花火

次に演奏したのはLupinus

1.願い事
2.未練

最後に演奏したのは

1.リセット
2.赤い糸

初めて神奈川県の合同ライブに参加させていただきました!
埼玉や東京の合同ライブとまた違って新鮮な感じを受けながらのライブでした。
柏木学園さんの広いステージを存分に使ってのびのびと演奏ができた1日でした。色々な音楽のジャンルのバンドがあり私たちもたくさん刺激を受けることができました。色々な人と繋がって関わりを持ちながら軽音楽活動が出来ることは自分たちに刺激を与えてくれると改めて感じたので、今の環境に感謝しながら精一杯頑張り続け、これからも1回1回の合同ライブを大切に演奏していきたいです!
また、運営してくれた柏木学園高校の皆さん、顧問の三部先生をはじめ、アドバイスをくださった審査員の白井先生、共演校のみなさん、本日は本当にありがとうございました!!
学ぶことがたくさんあり充実した合同ライブになりました!

ブログ係:るーく

下北ハイスクール音楽祭【フォーク部/2019年度 NO.42】

8月22日(木)
今日は下北沢で行われた高校生による音楽サーキットフェス 下北ハイスクール音楽祭 に本校から、Hello、 Lupinus、The cleaner、伊吹 朔 の4組が出演させていただきました!
下北沢の *ライブハウス7会場 を使い、70組近くが出演しました!


*下北沢MOSAiC/CLUB251/下北沢WAVER/mona records/近松/
Daisy Bar/Laguna

Hello/mona records


mona recordsのトップバッター!
可愛らしい会場で、多くの人が観に来てくださり、とても楽しく演奏させていただきました!!

Lupinus/近松


会場はお客さんでいっぱい!
新曲も演奏し、いつも通り爽やかで素敵な演奏で会場を盛り上げました!

The cleaner/CLUB251


入場規制がかかるほどの満員!!
観てる人を引き込むようなパフォーマンスと演奏を披露しました!

伊吹 朔/Laguna


こちらも入場規制!
初めてのステージとは思えないほど堂々としていて、カッコいいラップで会場を盛り上げました!

コンテストのように勝ち負けのあるライブも緊張感があり、成長にもつながりますが、今回のような純粋に音楽を楽しめるライブイベントもやっぱりとても楽しかったです!!
ぜひ次回も参加できたら嬉しいです!
観に来て下さった方々、スタッフの方々、ありがとうございました!

ブログ係 すー

【顧問より】
 春に行われた同イベントには現部員では The cleaner しか参加が叶いませんでしたが、今回は2年3バンド(結はスケジュール上参加不可でした)+ソロ1名が参加をさせていただくことができました。
 関東を中心とした有力校からたくさんのバンドが集まるイベントに 多くの部員で参加できたこと、たくさんの人に足を運んでいただくことができたこと、とても幸せな一日でした。
 
 練馬高校の人気バンド 南無阿部陀仏くんたちは 本校の合同ライブのときに起きたハプニングを今回のライブで再現し 会場を沸かせていました。わたしも一緒にスマホのライトを掲げていました(笑
 

顧問 中嶋

第7回全国高等学校軽音楽コンテスト【フォーク部/2019年度NO.41】

8月21日(水)
明星学苑中学・高校の「児玉九十記念講堂」にて行われた第7回全国高等学校軽音楽コンテストに本校からThe cleanerが出場しました。

この大会は全国の軽音楽連盟に加入している学校を中心とした軽音楽系部活動の大会で、都内の有力校や北は北海道、南は沖縄までの軽音楽部が集まります。
毎年 熱い演奏が多く接戦になることが多いと聞きますが今年も例に漏れず最後までどうなるかわからない大会となりました。

そんな中全31バンド中7バンドめに演奏したのがThe cleanerでした。
演奏曲:「夢は生きてる」


丸一日で31バンドの演奏がありましたが、どのバンドも 個性的で全国大会に出てくるだけのバンドが集まっていました。正直一曲では物足りないバンドばかりでした。

連盟の大会では、グランプリ1バンド、準グランプリ2バンド、奨励賞4バンド と計7
バンドが表彰されます。
そして熱戦の今大会で
The cleanerはなんとグランプリをいただくことができました!


グランプリの演奏をどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=qj8L20lYCwc

ここまでこれたのは顧問の中嶋先生や保護者の方々、講師の先生方、自分たちを支えてくださった方々のおかげ。とVo.水落伊吹も言っていました。本当にそのとうりだと思います。感謝は尽きません。本当にありがとうございました。これからも感謝を忘れずに謙虚に頑張って活動していきたいです。
本日は連盟の方、審査員の方々、そして明星高校の方々、ありがとうございました。

ブログ係:えゆうた

【顧問より】

「軽音の大会?」
 正直、世間的な認知はまだまだ そんな感じである。

 今回の大会に出場しタイトルに至るまでの道のりは以下の通りである。
 ①県内地区予選(7月)
  埼玉県内46校70バンドが参加。4会場にわかれ実施された。各校2バンド参加可。
  本校は17バンドが参加する西地区予選に出場。上位6バンドが県大会へ進出。
  本校は The cleaner、結 の2バンドが参加。いずれも決勝進出。
 ②県大会決勝(8月はじめ)
  地区予選を突破した24バンドが出場。グランプリと準グランプリが全国大会進出。
  本校 The cleaner グランプリ獲得。結は奨励賞(3位相当)受賞。
 ③全国大会(8月下旬)
  東京(5バンド)、神奈川(5バンド)、千葉、埼玉、茨城、愛知、大阪、滋賀、奈良、京都、兵庫、長野、静岡、和歌山、三重、高知、広島、福岡、沖縄、宮城、北海道 から都道府県を代表する31バンドが出場。
  グランプリ1バンド、準グランプリ2バンド、奨励賞4バンドが選出される。
  本校 The cleaner がグランプリを受賞。

 東京・神奈川 には有力校が多く、特に東京の今年の3年生の代は本校の部員にも多くの刺激をくれた良いバンドがたくさんいた。大会中、演奏を聴いていても メンバーも言っていたように 凄いバンドがたくさん出場しており、結果発表を受けても なかなか実感がわかなかったのが正直なところである。The cleaner の演奏は 技術的に未熟な部分や機材のトラブルがあった以上に 審査員に伝わるものがあったのだろう。(細かい分析をしてはいますが ここに書くと怒られるので書きません 笑)
 
 これまでに多くの合同ライブやコンテスト等で、ある程度自分たちの立ち位置をメンバーはわかっているので(もっと他に凄いバンドはたくさんいる という意味です)、タイトルに浮かれることもなく、これまで通り素直に謙虚に活動をしてくれるものと信じている。 
   
 これまで本校の部員に多くの刺激を与えてくれた(都内の有力校を中心とした)他校の皆さん、各校顧問の先生、惜しみなくアドバイスを下さった紅谷亮次氏、山口和也氏をはじめとする講師の方々、日々部員の活動を支援し 応援に駆けつけて下さる保護者の皆さま、本部活動に理解と力添えくださった本校教職員の皆さん、多くの方々に感謝したい。ありがとうございました。
 
 顧問 中嶋

都立武蔵丘高校第72回来武祭【フォーク部/2019年度NO.40】

8月19日(月)
本日は武蔵丘高校合同ライブ“来武祭”に本校から2年生バンド4バンドが参加させて頂きました!
共演校:都立武蔵丘高校、法政高校、県立川崎高校

本校1番最初はHello

演奏曲
1.parachute
2.一等星になるなら

次はLupinus

演奏曲
1.少年
2.願い事

そして

演奏曲
1.リセット
2.赤い糸

最後はThe cleaner

演奏曲
1.202号室
2.夢は生きてる

多くの3年生は9月の文化祭で引退することが多いので、この時期の合同ライブが最後の合同ライブになる3年生も多いです。今回はそんな3年生たちを引退前に見れる貴重な機会でした。今まで自分たちが追いかけてきた先輩達を引退の前にステージで見ることが出来て本当に良かったです!
さらにゲストで数年前に武蔵丘高校軽音部の顧問である室井先生が教えていた桜町高校OBのNOMAD POPさんの演奏も素敵でとても充実した合同ライブでした!
本日は武蔵丘高校さん顧問の室井先生そして共演校の皆さん、本当にありがとうございました!


ブログ係:えゆうた

JYOJI‐ROCK GRANDPRIX2019年夏大会本戦【フォーク部/2019年度NO.39】

2年生バンドの The cleaner、Hello、Lupinus、結 、1年生バンドの アマウト が 吉祥寺 ROCKJOINT GBで行われたJYOJI‐ROCK本戦に挑みました!

8月12日(月)
本校最初にこの大会に挑んだのはThe cleaner
1曲目 夢は生きてる
2曲目 202号室
バンド数としては、ほかの日に比べ多いわけではなかったですが すべてのバンドがレベルが高い一日でした。
結果としては今回は5バンドが準決勝進出となり、その中で2位という結果で準決勝にコマを進める事が出来ました。
しかし、演奏面に関しては反省するべき点も少なくなかったのでこれらのことをつぶして次のステージでも最高の演奏ができるようにしたいです。

8月13日(火)
この日参加したのは Hello です。

1曲目 Parachute
2曲目 Sleep Soap
今日は17バンド中10バンドが準決勝進出となりましたが、残念ながら本戦敗退という結果に終わりました…。
しかし、色々なバンドの演奏を聴いたり、審査員の方々からの講評を受けて、たくさん学べること、改善できることが見つかりました。
これを、これからの色々なステージで生かして行きます!

8月14日(水)
この日はLupinusが参加させて頂きました。

1曲目 misty
2曲目 願い事

結果は全17バンドのうち11バンドが準決勝進出を決め、その中で他校の3年生のバンドに次いで3位という結果で準決勝進出が決まりました!

この結果も先生や保護者の方をはじめとする、応援してくださった皆さんのおかげです!準決勝もこの調子で頑張りたいです!

8月15日(木)
この日参加したのはです!

1曲目 リセット
2曲目 赤い糸

結果は準決勝進出することができました!
この日はレベルの高いバンドが多くいて もっともっと上手くなりたいと刺激される日でした。
赤い糸 は安定してよい演奏ができるようになってきたが リセット はもっと詰められると実感した日になりました。

8月16日(金)
この日はアマウトが 参加しました。

1曲目 少年R
2曲目 八月花火

結果は本戦敗退でした。メンバー全員とても悔しがっていました。ですが、JYOJI-ROCK U16の前哨戦から2019夏大会の本戦を通して本当にたくさんのことを学ぶことができ、自分たちにとって貴重なとても良い経験になりました。
これから、この大会を通して見えてきた個人そしてバンドの課題を改善していき、個人、バンド共に成長していきたいです。また良いところは伸ばしていきたいです。ここで落ちていくバンドではなく、この悔しさをバネに上がっていけるバンドになります。
**********
計5バンドがこのJYOJI-ROCK本戦に参加させていただきましたが、それぞれ結果も様々で抱える思いも様々です。ですが全員に共通して、この大会に出場したことによって得たものが必ずあり、それが今後の活動に繋がってくるはずです!

そして…
8月22日 (木) 下北ハイスクール音楽祭に本校から4組が参加します!

下北ハイスクール音楽祭は、高校生のバンドによる大型ミュージックフェスで、今年の春に1度行われ、今回で二度目の開催です。

そんな舞台に本校からは Hello,Lupinus,The cleaner,伊吹朔 が出演させていただきます!
↓タイムテーブルです!

もしわからないことなどあれば部員まで!
ぜひ下北までお越しください!

ブログ係:みんな

レコーディング【フォーク部/2019年度NO.38】

8月11日
本日は紅谷亮次氏協力のもとレコーディングをさせていただきました。
レコーディングに参加したのはThe cleanerです。

まず最初に行ったのはドラムのセッティングです。
レコーディングを行う上でドラムが一番大変で後からの編集では直せないところが楽器の中で一番多いのでレコーディングマイクを7本場合によっては8本立てて行いました。
マイクを置く場所にも気を付けました。
例えば
・スネアのスナッピーの音を取るため下からマイクを持ってくる
・スネアでカプセルをリムとの境目に合わせる タムも同様
・ハットのマイクを外側に少し傾ける→クラッシュの音が邪魔になりやすいため

そして驚いたのがギターアンプをステージ上から降ろして端へ持って行ったことです!
プロの現場でのレコーディングは楽器ごと別々でとることが多く小さな部屋に1人で入り録音します。
その孤独感を経験してほしかったのと楽器それぞれの音を分けて取りたいため ほかの楽器のマイクに音が乗らないよう吸音板なども使いました。
ベースも同様の理由で離れた場所で録りました。


まず 楽器隊だけで音源を取ります。
最初にThe cleaner「夢は生きてる」をやりました。

まず楽器隊全員で声なしで何回かあわせてそのあとに個々でミスしたところをとりました。
夢は生きてるはVoソロが多くあったため合わせるのが難しかったです。
何よりミスがわかりやすく目立ってしまいます。
いつもVoに合わせてギターを弾いているところではVoがマイクなしで歌ってあわせました。

最後に声を取りました。

楽器隊に声を合わせるためタイミングがずれてしまったり、気持ちよく歌えないときは、歌いやすいように紅谷さんがタイミングを微調整してくださいました。
そしてコーラスをとってThe cleanerは音源を取り終えました。

2番目に「赤い糸」をやりました。

手順はThe cleanerと同じでしたが楽器隊だけの音源の時全体でとったあと個々の楽器をセクションに分けて再びとりました。
曲によってとり方を少し変えることを知りました。結の場合は楽器隊のミスが目立ってはいけない曲なので楽器を個々でもとりました。


本日は猛暑の中 来ていただいたこと、レコーディングをしていただいたこと、ありがとうございました!
朝早くから夜遅くまで我々のモチベーションを下げないようにと声掛けをしてくださったりと感謝しかないです。
これからも所沢高校をよろしくお願いします!

ブログ係 みけほ

合同ライブ TOKO ROCK FES. U-16 開催 【フォーク部/2019年度NO.36】

8月10日

本日は所沢高校にてTOKO ROCK FES. U-16を開催しました!今回はU-16ということで、様々な1年生バンドに参加していただきました。


参加校:草加東高校、越谷西高校、川口高校、所沢高校


本校からは1年生バンドしゃけぱずる。、アマウトとゲストバンド扱いでThe Cleanerと結が出演しました。また、同じくゲストとしてこんねっと学院のSunny☀︎さんにも出演していただきました。


1バンド目 しゃけぱずる。

星丘公園(Hump Back) 

Hump Backのコピー曲でオープニングを飾りました。前回の課題だったバンドの一体感は少し改善できたようで、池田先生にお褒めの言葉を頂きました。

2バンド目 

赤い糸(オリジナル) 

コーラスがさらに加わった美しいハーモニーが感じられるとても安定した素敵な演奏で、技術力と表現力の高さを改めて感じました。

3バンド目 アマウト

1曲目少年R(オリジナル)

2曲目八月花火(オリジナル)

疾走感溢れるオリジナル2曲を披露しました。1年生バンドの中でもとても印象に残る演奏でした!

4バンド目 The cleaner

1曲目202号室(オリジナル)

2曲目夢は生きてる(オリジナル)

「202号室」という新曲も披露し会場を魅了しました。どうしてもまだ初々しさが拭いきれない1年生にとってThe cleanerの魅せるステージングはとても刺激になりました。

今回は埼玉県内のたくさんの同年代バンドの演奏を見ることができ、多くの刺激を受けることが出来ました。また、ライブの運営面でも2年生の先輩方から引き継ぐためにはまだまだとても多くの反省点があり、今後の活動で改善していかなければならないと強く感じられたライブでした。

 


草加東高校、越谷西高校、川口高校の生徒の方々顧問の先生方、Sunny☀︎さん本日はお越しいただきありがとうございました!

今日受け取った刺激をこれからに活かし、ますます頑張っていきたいと思います!


ブログ係  あおこるーくかずー