活動の記録

2019年7月の記事一覧

都立桜町高校合同ライブ【フォーク部/2019年度No31】

7月30日(火)
本日は都立桜町高校主催謳歌ライブに参加させていただきました!!
参加校: 篠崎高校 板橋高校 神代高校 桜町高校 所沢高校
今回は1年生の限定ライブということで
所沢高校から参加したのはアマウト Crash Rush しゃけぱずる。です。


本日参加した1年生3バンドはオリジナル曲を披露しました
所沢高校の中のトップバッターはしゃけぱずる。でした!

曲名は「ユウガオ」です。
この曲は合宿の期間中に作ったしゃけぱずる。の初めての曲です。
素晴らしいアンサンブルでユウガオを奏でました。


次に演奏したのはCrash Rush です。

「僕ら」
というオリジナル曲を披露しました。
力強い演奏で会場を魅了しました!


最後に演奏したのはアマウトです。

「少年R」
というオリジナル曲を披露しました。
1曲目に作った曲とは思えない見事な演奏でした。


本日は所沢高校を謳歌ライブにお招きいただきありがとうございました!
桜町の生徒の皆さんや先生方の対応は素晴らしく私達も見習いたいと思います。
設営や準備をしてくださった桜町高校の皆さん本当にありがとうございました!
またお呼びしていただけると幸いです。
いつもと違った全バンド1年生というライブは新鮮な感じがして楽しむことができました!
そして、今日の合同を通してたくさん学ぶことがありとても勉強になりました。
これからも学んだことを生かし練習に精一杯励みたいと思います!
また、所沢高校でも合同ライブを行なっているので機会があったら是非お越しください!!

ブログ係    かずー     るーく     あおこ

フォーク部夏合宿【フォーク部/2019年度 No.30】

7/27〜29の3日間、軽井沢の〈音楽ロッヂゆうげん荘〉にて合宿を行いました!
そして今回は去年の卒業生にも参加していただき、主に1年生の指導をして頂きました。
〜1日目〜
9:00に学校に集合し、バスに乗って合宿先へ向かいました!
道が混んでいて時間がかかり予定が押してしまいながらもチェックインを済まし、荷物のを整理してスタジオの確認をしました!
その後合宿前に1年生に出していたテーマ「16歳の日常」の原曲発表を行いました。
原曲の時点でコードとメロがあっていないなどと言ったところを2年生が指摘しました。
原曲の発表の後各バンドはローテーションでスタジオに入り、それぞれの目標に向けて練習をしました。
この日はローテーションでスタジオに入らない時に合宿前に注文していたシールドを作りました!


〜2日目〜
今日は一日中ローテーションでスタジオ練習を行いました!
1バンド1時間ずつで集中した練習を行うことを気をつけることで、それぞれのバンドで意味のある練習ができたと思います。

また、空き時間は昨日作り終えられなかったシールド作りや、勉強時間にあて、有効に過ごすことが出来ました。

夜ご飯の後はみんなが楽しみにしていた花火をしました!!
途中で雨が降ってきてしまいましたが、花火だけでなく、スイカを食べたり、しゃぼん玉を飛ばしたり、とても楽しい時間を過ごせました!

練習するときは練習、勉強するときは勉強、遊ぶときは遊ぶ、とメリハリをつけることが大事だと改めて実感した一日でした!


~3日目~
今日は3日間の集大成として各バンドで一曲ずつ発表会を行いました
一年生3バンドはここで合宿で作成した新曲(オリジナル)を披露しました
どのバンドも3日間で作ったとは思えないほどの完成度でとても驚かされました
また2年生は合宿以前よりも明らかに縦のラインや曲のアレンジがこなされていて全体的にレベルアップをしたと思います

最終日は時間があまりなかったため発表会が終わったら、お昼ご飯を食べて帰宅でした。思った以上にあっという間も合宿でしたが今までにないほどの充実感と楽しさを感じられる合宿となりました
帰りのバスでは疲れもあってみんな爆睡していました


~まとめ~
一日目に各バンドごとで決めた目標を達成し、こういう機会にしか詰められないようなこと、考えられないことを十分に考えられた、そんな合宿になったと思います。1年生も2年生も今後たくさんの合同ライブやコンテストがあると思います。そこで今回の合宿で得られた多くの事を糧に今以上に成長していけるよう部員全員で力を合わせて頑張っていきたいと思います。
今回の合宿に携わっていただいたバスの運転手さんや旅館の方々等本当にありがとうございました。

【顧問より】
 本校フォーク部ではじめての合宿でした。
 4年前、部顧問になったときは全部員の人数さえも把握できないような集団でしたが、部員全員で合宿に行けるまでになったのは感慨深いものがあります。合宿中もOBOGが連絡をくれたり、上下の繋がりが続くようになってきたのも ようやく「部活動」らしくなってきたなあと思う一面です。
 内容に関しては反省材料の山を持ち帰ることになりました。行ってみて はじめてわかることが沢山あり (次があれば…)今後に活かしていきたいと思います。今回はとにかく、行くことに大きな意味がある、そんな合宿でした。
 
 部顧問 中嶋

草加東高校合同ライブ(ガシROCK)【フォーク部/2019年度No.29】

7月25日(木)
本日は草加東高校主催ガシROCKに参加させていただきました!
参加校:蕨 山村国際 川越南 越谷西 越ヶ谷 北豊島工業 草加東 所沢
所沢から参加したのはアマウト 結 The cleaner です。

所沢高校の中でトップバッターを務めたのはアマウトです

1曲目 アンダースタンド(ASIAN KUNG‐FU GENERATION)
2曲目 少年R(オリジナル)
2回目の合同ライブとは思えない演奏で、他のバンドに負けない力強さを感じました!

次に

1曲目 赤い糸
2曲目 リセット
赤い糸で変更したアレンジが素敵になっていました!
リセットの方では歌詞とアレンジに改善点が見つかりました。

ラストはThe cleaner

1曲目 夕暮れスラム
2曲目 夢は生きてる
見事なパフォーマンスで会場を圧倒しました!



本日は所沢高校をガシROCKにお招きいただきありがとうございました!
草加東の生徒さんや先生方の温かくアットホームな感じがライブにも出ていてとても楽しく演奏でき、聴くことができました。
設営や準備の方でもありがとうございました。
またおよびいただけたら幸いです。
所沢高校でも合同ライブを開催しているので機会があったら是非きてください!

ブログ係 みけほ

下北ハイスクール音楽祭予選会【フォーク部/2019年度No.28】

7月24日(水
本日は渋谷Club Crawlで行われた、8月22日に行われる下北ハイスクール音楽祭という音楽事務所Phase-b主催の高校生のサーキットフェスイベントに向けての予選会にLupinusが参加させて頂きました!


曲目
1.misty
2.願い事

かなり大きなイベントであるということもあり、対バンも豪華で色々なコンテストなどの場面で名前を聞くバンドが多くとても熱い一日でした!

全部で出演した団体は弾き語りを含め12バンド。
そんな中予選を通過し8月22日の下北ハイスクール音楽祭に出演することが決まったバンドは6バンド。
そして激戦の中、Lupinusは見事予選を突破し8月22日の下北ハイスクール音楽祭に出演することが決まりました!!

本校からはすでに、The cleaner(Voはソロでも伊吹 朔として出演)Helloの出演が決定しており、選ばれるか本当に緊張しましたが最後の最後にLupinusの名前が聞けて本当に嬉しかったです!

そして今回予選も終了し、The cleaner、Hello、Lupinusが出演するイベント。
下北ハイスクール音楽祭!!!(8/22 (木))

合計7会場で行われる高校生バンドによる大型サーキットフェスです!!
カッコイイバンドが沢山出ます!!来て損はさせません ぜひ所沢高校のバンドだけでなく1日イベントを楽しんでください!!

以下https://shimokitahighschool.jimdofree.com/より引用
※詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日時】

2019年8月22日(木) 
12:00〜20:00予定

11:00より総合受付の下北沢MOSAiCにてリストバンド交換開始
各会場、開演の30分前をめどに開場

【会場】
①下北沢MOSAiC(総合受付)

②CLUB251

③下北沢WAVER

④mona records

⑤近松
⑥Daisy Bar

⑦Laguna

【出演者】

高校生アーティスト75組を予定

詳細はこちら

【チケット】

☆一般☆

前売/当日  :2,400円

 

☆高校生以下☆

当日   :1,400円

取置予約 :1,000円 
(注意事項)
・各1ドリンク代 別途600円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログ係:えゆうた

割田康彦氏作曲講座【フォーク部/2019年度No.27】

7月23日 (火)
本日は作曲作詞編曲家であり音楽プロデューサー割田康彦さんに朝から作曲講座をして頂きました!


まずは作曲をするにあたって基本的なことを教えていただきました!
☆メロディと歌詞は伝達手段である!
☆いかに効率よく相手に伝えられるか?
一番覚えてもらいたい部分はどこか?
☆一度聴いただけで耳に残ったか?
口ずさみたくなるか?
☆「サビ」で一番言いたいことが言えているか?

次に県大会出場チームのバンドクリニック。


演奏曲 赤い糸
・Aメロのアコギのストロークを変えてよりかっこよく
・サビと間違えてしまうからBメロをもう少し落とす
・サビを大げさにブレスすることでより印象的に
・言葉の最後に「ん」(nの音)をつけることで上手く聴こえる
 ※ (あか〜いろの〜 → あか〜nいろの〜n  みたいな)

The cleaner



演奏曲 夢は生きてる
・ギターとベースのコード進行が違っている部分があったので合わせる
・サビに入る直前を早めにきる
→サビの楽器隊が入るところでより迫力が増す!

その後お昼休憩だったのですが、即興で作曲をするという課題に出されました…
ーーーーーーーー
君が好きだよ
とっても好きだよ
壊れちゃうほど
抱きしめたい
ーーーーーーーー
この歌詞を基本にして1、2年全7バンドが作曲しました。
割田さんにも譜面起こしを手伝ってもらったりして、それぞれ7バンドの曲を発表しました!
同じ歌詞だけど、どのバンドも違って、とても良い曲でした!

その後、質問タイムで 個性を出したい 、というLupinusもバンドを見てもらいました。
個性関係なく、サビのおいしいメロディを繰り返すことで、印象に残るようになるということが分かりました!


本日は、所沢高校に教えに来てくださり、本当にありがとうございました!
部員一同、とても楽しく、学ぶことの多い1日になりました!

ブログ係 すー

【顧問より】
 作詞・作曲家・音楽プロデューサーの割田康彦氏は 過去には平井堅やSMAPなどへ楽曲を提供、最近は吉野家のCM音楽を手掛けたプロフェッショナルである。経歴は wiki で調べていただければすぐにわかる。
 そのような方がなぜ本校へ…??
 今年のはじめ部顧問はインフルエンザに罹り休養を余儀なくされた。その時にamazonで注文し病床で読んでいたのが割田氏の “一発で記憶に残る曲を作る!「9つのルール」”。内容の素晴らしさとビジネス書のような装丁を某SNSでつぶやいたことから 割田氏と接触。SNS上で やりとりをさせていただく中で 本校へ来校していただける流れになった。割田氏の著書は部内でも多くの部員が拝読している。
 数十年前では考えられなかったことだが、現代ではこうした出会いもアリなのだ。
 
 部員たちは今日一日で何度も目からウロコが落ちるような経験をさせていただいた。
 講習を快く引き受けて下さった割田さんに心より感謝いたします。

 顧問 中嶋

埼玉県大会西地区予選【フォーク部/2019年度No.26】

7月21日(日)
今日は埼玉平成高校を会場に行われた埼玉県大会西地区予選に出場しました
県大会決勝には今日出演した16バンド中6バンドが駒を進める事が出来ます
わが校は The cleanerが出演させていただきました

先に演奏したのは結 午前最後のバンドでした
曲は「赤い糸」を演奏しました
新人戦の時よりもはるかにレベルアップした演奏を披露しました

13バンド目に演奏したのがThe cleaner
曲は「夢は生きてる」を演奏しました
全員が座った状態でのライブは久しぶりだったので何とも新鮮な感じがしましたが、いつも通り落ち着いて演奏する事が出来ました


結果として、わが校の2バンドとも県大会決勝に進む事が出来ました
これから合宿も控えているため、個々のバンドにある課題点を一個一個着実につぶしていき今後の大会に挑んでいけたらいいと思います
本日は会場作りをしていただいた埼玉平成高校の皆さん、審査員の皆さん等本当にありがとうございました。

ブログ係  なが


【顧問より】
 西地区会場では16バンドが演奏した。
 その中で審査員によって選出された6バンドが決勝ライブに出場する。
 
 結 は冬の新人戦(準グランプリ受賞)でも演奏した「赤い糸」を演奏した。
 結 には他にもオリジナル曲が数曲あるが、新人戦で「赤い糸」が完成していたわけではなく、彼女たちにとって特別に大切な曲を しっかり完成させていきたい との思いからこの曲を選んだ。今はレコーディング音源レベルでの演奏を目標に頑張っている。同じ機材、同じ楽曲でも バンドの演奏技術の向上とアレンジの追求でここまで変わるのかというのを見せたい。
  
 The cleaner  は「夢は生きてる」を演奏した。 
 The cleaner は部内で最も多くのオリジナル曲を持つバンドである。ルーキーズフェスで演奏し最優秀賞を受賞した「9月1日」はコンテストや合同ライブで高い評価をいただいている。今回メンバーは「9月1日」か「夢は生きてる」か大会での演奏曲を最後まで悩んだ。ミドルテンポで昔っぽく懐かしさを感じる「9月1日」の方が大会では審査員受けは良いのはわかっていた。ただ、ボーカルがもっとも歌を歌いやすく、等身大の自分たちを表現できる曲ということで「夢は生きてる」を選んだ。ありがちなJ-ROCKの枠に当てはめられて埋没しないように、売りであるボーカルを活かすために 各パート一音一音にこだわって演奏をした。
 
 結 も The cleaner も バンドとして ただのオリジナルをやっている高校生バンド から もう一段階上のところに手がかかってきたように思う。市民会館おおみや から更に上のステージに到達できるように顧問として支えていきたい。
 
 8月2日、埼玉県大会決勝ライブ
 当日の応援を宜しくお願いします。
 
 顧問 中嶋

中大杉並合同ライブ YMJ(Yummy Music Jamboree)【フォーク部/2019年度No.25】

7月21日 (日)
本日は中央大学付属杉並高校さんの合同ライブ。通常YMJ(Yummy Music Jumboaree)に本校から3バンド参加させて頂きました!
参加校:中央大学付属杉並高校さん、静岡西高校さん、駒場高校さん、所沢高校




*本校主演順:1.アマウト 2.Hello 3.Lupinus
1.アマウト

曲目
1:アンダースタンド(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
2:少年R(オリジナル)
中央大学付属杉並高校さんの3年生バンドの後でプレッシャーがかかりましたが1年生としては最高の演奏をしました!

2.Hello

曲目
1:Parachute
2:SleepSoap
午後になってみんなが眠くなってきた頃に目が覚めるような素敵な演奏でした!!

3.Lupinus

曲目
1.misty
2.願い事
出来たての「願い事」で、ライブを盛り上げました!

中央大学付属杉並高校さんには毎回大変お世話になっており、今回も本当に充実した合同ライブに参加させて頂きました!


それに中杉さんのおかげで噂で伺っておりましたFRONT LINEさんを筆頭とした静岡西の皆さんともご一緒させて頂いてとても楽しいライブになりました!!
本日は会場設営、提供など多くお世話になりました中央大学付属杉並高校さん、遠くからご一緒させて頂いた静岡西高校さん、初めてご一緒できて出来て良かったです駒場高校さん、本当にありがとうございました!!

ブログ係:えゆうた

紅谷亮次氏 バンドクリニック【フォーク部/2019年度NO.24】

7月17日(水)
本日は紅谷亮次氏にお越しいただき、県大会を控えている二年生バンドのThe cleanerバンドクリニックをしていただきました

は「赤い糸」を見ていただきました。
Voのアドバイスは落ちに入っていく前の声をギターソロがくるまで伸ばしていた方が格好いいんじゃないか
Gtは2Aに指引きでおしゃれなメロを入れながら後半から入るのはどうか
BaはAに関してキレとグルーブ感が足りないということでBaの2音目をゴリっとした音にすることでメリハリがつきグルーブ感もでるようになりました。
Drはクラッシュのたたき方で、どこをどのぐらいの滞空時間でたたくとどのような音が出るのか、Drもたたき方次第で弦楽器同様に歌えるようになるとおっしゃっていました。
そしてアドバイス下さったところを通してやってみると今までやっていた赤い糸とは一段とかっこよくなっているのが演奏しているときにすぐ感じました。
他にもこうしたらよくなるんじゃないかというアドバイスを沢山いただきました。

The cleanerは「夢は生きてる」を見ていただきました。
まずアドバイスいただいたのはAメロのギターの弾き方です。一小節の中で音を大きくするところと小さくするところのメリハリをつけるとよりよくなると教えていただきました。
またボーカルに関しては、ボーカルソロの所ではブレスをあえてマイクに乗せることや、母音をはっきりと歌うといったボーカルをうまく聞かせる方法
ドラムに関しては一個一個のフレーズによって体の重心の位置を変えることであったり、一つの金物から2つ3つの音色がコントロールできるようにたたき方を工夫すると良いということも教わりました。

The cleaner 「夢は生きてる」

今回のバンドクリニックを通してバンド内で曲の細かいところまでどうするのか決めてよりかっこいい演奏ができるようになりたいと思うバンドクリニックでした
県大会予選まで日数は短いですが濃い練習を積んでいきたいと思います。
そして所沢高校にVoのピッチの練習のため電子ピアノ等を寄付していただきありがとうございました!
本日は本校にお越しいただきありがとうございました。

ブログ係  なが  みけほ

【顧問より】
 紅谷氏は(本当にすんごいベーシストなのですが…) 同じプレイヤーとして部員と同じ目線に立って 一人ひとりに接して下さる。紅谷氏のクリニックは 曲やプレイヤーの良いところを探し 肯定することから入り、アドバイスは こうしたらもっと良くなるんじゃないか?、という選択肢の提案や、どうしたらもっと良くなるだろう? とプレイヤー自身に考えさせる場面が多い。部員たちも紅谷氏に対する強い信頼とリスペクトのもと、よく聞き、よく考え、よく挑戦していた。少人数で長丁場のクリニックだったが隙のなく充実した時間だった。

 限られた時間の中で部員たちを高めて下さった紅谷氏に深く感謝します。
 ありがとうございました。

 紅谷亮次氏のバンド Wabi_Sabi のアルバム「TRUST」
  

 部顧問 中嶋

都立練馬高校合同ライブ【フォーク部/2019年度 NO.23】

7月15日(月)
今日は練馬高校合同ライブ Neri Rock Fesに二年生3バンドが出演させていただきました。
参加校:都立練馬、都立桜町、法政大学高校、日大二高、千葉県チーム、所沢



ゲストも豪華!

所沢高校 1バンド目は
曲は「赤い糸」
今回はDrが参加できなかったため、臨時でLupinusのドラムが入って演奏しました
臨時とは思えないほど見事なサポートでした

2バンド目はThe cleaner
曲は「夕暮れスラム」「夢は生きてる」
会場内のみんながボーカルの世界感に吸い込まれるような演奏でした

本日わが校のトリはLupinus
曲は「未練」「misty」
トリとしての役割をしっかりと果たすようないい演奏でした

今回の合同ライブは1年生から3年生までどのバンドも本当にレベルが高く一日があっという間にすぎてしまいました。
また、ゲストさんにも多く出演していただき、そのどれもが心に残るような演奏ばかりでした。そして、その方々に共通して言えることは、マイクの使い方が断然うまかったです。

今日は、今まで以上に多くの事を学ぶことのできた一日になりました
「曲に好き嫌いはあっても、ライブに好き嫌いはない」
この言葉を常に忘れないで今後の部活動に励んでいきたいです。
練馬高校の皆さん 今日は一日、本当にありがとうございました。

~おまけ~

帰りの練馬駅で末廣というラーメン屋に男4人で入ったのですが、そこのラーメンがめちゃくちゃおいしかったです。また、練馬駅に行く機会があればぜひ行きたいです!ごちそうさまでした~

ブログ係 なが

【顧問より】
 合同ライブには学校ごとにだいぶ特色がある。
 練馬高校の合同ライブは本校部員たちの中でも取りわけ人気の高い合同ライブである。一番の理由は 出演バンドを(顧問の先生も含めて)みんなで盛り上げる練馬高校軽音楽部の温かさである。そのノリが他校を巻き込んで他の合同ライブでは味わえないような圧倒的なライブ感を作り出していく。ステージに立つバンドにとってこんなに気持ちの良い場所はなかなかないだろう。
 そして、練馬高校の3年生部員は今回が最後の合同ライブだという。本校の2年生部員たちはこの1年間色々な面で練馬高校の3年生に可愛がってもらい、良いステージを見せてもらった。所沢高校の顧問として深く感謝します。ありがとうございました。
 今度は所沢高校の2年生が練馬高校の1年生に何かを伝えられればいいなと思います。
 
 顧問 中嶋

川越南高校合同ライブ ROCK IN KAWANAN【フォーク部/2019年度 NO.22】

7月14日 (日)
今日は 川越南高校合同ライブ ROCK IN KAWANAN  に参加しました!
参加校は、川越南高校、草加東高校、埼玉平成高校、山村国際高校、こんねっと学院、所沢高校の6校でした。
本校からは、1年生バンドの しゃけぱずる。Crush Rush 、 2年生バンドのHello が参加しました!
一年生バンドにとっては初めての他校での合同ライブになりました!




本校の中での1バンド目 しゃけぱずる。
演奏曲 星丘公園 (Hump  Back)
◯初めての他校での合同ライブと思えないほど堂々とした演奏で、演奏してる本人たちもとても笑顔で楽しそうでした!


2バンド目 Crush Rush
1曲目 曇天 (DOES)
2曲目 again (オリジナル)
◯一年生のこの時期にオリジナル曲の演奏!!勢いや迫力のある演奏でした!


3バンド目 Hello
1曲目 Parachute (オリジナル)
2曲目 Sleep Soap (オリジナル)
◯疾走感を出しながら楽しく演奏することができました!反省点もいくつか見つかったので今後に生かせるようにしたいです。


何度もご一緒させていただいたことのある学校さんと演奏ができてとても楽しかったです!一年生も、他校の合同ライブを通して、演奏面だけでなく、色々な面で学べたことがたくさんあったと思います。自分たちの演奏についての反省点も出たと思うので、今後さらにパワーアップした演奏ができるよう、改善していきたいです。
本日は所沢高校をお招きいただき本当にありがとうございました!


ブログ係 すー