活動の記録

2019年4月の記事一覧

都立武蔵丘高校主催 第69回来武祭参加【フォーク部/2109年度NO.05】

4月27日(土)
東京都立武蔵丘高校主催第69回来武祭に参加しました。
今年度はじめての合同ライブです。
これまで参加校を広く公募し関東の高校軽音楽部を繋いでくださった都立武蔵丘高校の来武祭。今年度からオリジナル曲限定となりハードルが上がりました。
ここでしか聴けない曲が沢山聴ける質の高い合同ライブになることを期待します。

参加校:武蔵丘(東京)、練馬(東京)、小川(東京)、弥栄(神奈川)、藤沢総合(神奈川)、麻溝台(神奈川)、川崎(神奈川)、所沢

どこかでみたような写真を撮ってみました!
曇り空の中、武蔵丘高校へ向かいます。

おきまりのフレーズ「平成最後の」来武祭!
所沢高校からはHello、Lupinus、The cleanerの3バンドが参加。

1バンド目 Hello 
演奏曲「Parachute」「SleepSoap」
意外にも来武祭は初出場の Hello
新曲を含め2曲のオリジナルを披露しました 
2バンド目 Lupinus
演奏曲「misty」「少年」
去年の6月、1年生の時から来武祭にお世話になっているLupinus
当時のことを覚えている人は殆どいないけれど、最近多少認知されてきているみたいです
3バンド目The cleaner
演奏曲「夢は生きてる」「9月1日」
新曲を披露! 会場を盛り上げました!
運営スタッフの手際の良さ、トラブル対応への早さも流石 武蔵丘さんという感じ。

恒例の集合写真!

武蔵丘高校さんの御厚意により見学の1年生も連れてゆくことができました。
この日1日で上級生の凄いバンドをいくつも観た1年生には 自分たちの目標をぼんやりとでも立てていって欲しいと思います。

武蔵丘高校の皆さん、競演校の皆さん、本日はありがとうございました。

----- コピーとオリジナル ----
プロのつくった曲のコピーは学べることが多いのは確かです。
歌の抜けを良くする音の抜き方や曲を印象づける工夫、テクニック的な部分等々。
ただ、実際には曲をコピーする中でそのようなことを意識的に学んでいる高校生は少なく、ステージで披露する際にも自分たちにしかできない表現を工夫している高校生も少ない。バンドスコアをただ演奏するだけのものなら 合同ライブをひらいて わざわざ他校の演奏を聴く必要なんてない。
オリジナル曲を披露することが関東の大会やコンテストでは主流になっている理由の一つにはそんなことがあるのだろうと思います。
オリジナル曲限定ライブには魅力を感じます。ただ、一方でオリジナル曲を作成している本校のバンドなどでも プロの様々な音源を余り聞いていないんだなと感じることがあります。高校生のオリジナル曲も何となく似ている感じの曲が多い。多様なバックボーンを持つバンドが最終的には勝ち残っていくのだろうと思います。
「自分たちらしいオリジナル」は 様々な曲を聴き、様々な曲を研究した先にできるものなのかもしれないなと思います。

顧問 中嶋

新入生歓迎ライブ&入部希望者説明会【フォーク部/2019年度 NO.04】

4月12日(金)
今日は新入生歓迎ライブを行いました!
1年生だけでなく、上級生も見に来てくれました!

演奏順はHelloThe cleanerLupinus
部員と一緒に1年生も手拍子したり手をあげたりして盛り上がってくれました!!

ライブが終わると、フォーク部入部希望者説明会を行いました。
先生から活動についての説明を受け、部活動に対して覚悟を持った1年生男子8名女子4名の合計12名が入部することになりました!

4月13日(土)
今日はパート決めやバンド編成、1年生バンドへの課題曲の発表をしました。
まず最初に去年の活動の様子をまとめた動画を見てもらいました。

そしてパート決め、楽器の紹介、バンド編成などを2、3年生中心に行いました!
 


2年生によるシールドの巻き方講座も。

1年生では女子バンドが1つ、男子バンドが2つ組まれました!
Helloと結で1年生女子バンド、Lupinusで1年生男子バンド①、The cleanerで1年生男子バンド②を教えることになりました。
バンドごとに初顔合わせです。



全体で自己紹介も行いました。

その後に2年生による課題曲の模範演奏をおこないました。

最後に芝生で写真撮影。
今年度も色々なことを学び、昨年度よりもっと飛躍できるよう、部員一同頑張ります!


ブログ係 すー

【顧問より】
 今年度は 事前に 新入部員に対する しっかりとした育成計画をたて、新入部員を迎えることができました。直接育成にあたる上級生にも 上級生としての意識が芽生え 責任感も強くなったように感じます。
 何かを 選ぶということは 何かを捨てるということでもあります。あれもこれもやろうとしても 結局は中途半端なもので終わってしまうことが殆んどです。3か月後、半年後、こんなはずじゃなかった と思って辞めるようなことがないように、活動方針と活動内容、昨今のハードなスケジュールについて しっかりと説明を行った後に それらに対する理解と 覚悟を持って 入部をするように伝えました。
 入部を決めてくれた1年生は12名。本気でやろうと考えたら 妥当な人数だと思います。顧問、上級生でしっかりと面倒をみていきたいと思います。 
 新体制となった所沢高校フォーク部を宜しくお願いします。

顧問 中嶋 

JYOJI-ROCK 2019春大会決勝【フォーク部/2019年度 NO.03】

4月7日(日)
吉祥寺ROCK JOINT GBにて行われた
JYOJI-ROCK U22 GRAND PRIX 2019 春大会決勝
に本校から新2年生バンドのThe cleaner が出場しました。
大会は10周年を迎え、春と夏を通し記念すべき20回目となる記念大会でした。
都内で行われるコンテストでも TOKYO MUSIC RISE などと並び とりわけ有力なバンドが集結するコンテストです。参加しているバンドの所属校も都立武蔵丘、都立練馬、朋優学院、中央大学杉並、法政大学高校、桜美林、都立桜町、都立神代、東海大学浦安、日大二高、等々有力校がずらりと並びます。

音源審査→本戦→決勝と このステージまでにも長い道のりがありました。
応募総数252組、この日のステージに立てたのは43組!
新2年生バンドがここに立てるだけでも大きな成果!

は 10:00に登場
オリジナル曲「赤い糸」「アネモネ」を演奏しました

会場はたくさんの来場者で溢れかえっています



The cleaner は 14:40に登場!

オリジナル曲「風夏」「9月1日」を演奏



夜まで続いた大会の結果…
受賞はなりませんでしたが 入り口に飾られていたパネルは このあともずっと
ROCK JOINT GBの壁に飾られるので 結 と The cleaner の名前は大会の歴史に刻まれたともいえます。
ただ、メンバーは悔しさをにじませ、夏大会での雪辱を果たすことを誓っていました。

グランプリ:リュックと添い寝ごはん
準グランプリ:Washi Fura
3位:南無阿部陀仏、ルサンチマン

顧問 中嶋

ミーティング&裁判傍聴【フォーク部/2019年度 NO.02】

4月2日(火)
年度はじめのミーティングを行い 新部長からの挨拶と新一年生を迎えるにあたっての心構えを確認しました。

4月3日(水)
東京地方裁判所に裁判の傍聴に行きました。
世の中の出来事に興味関心を持つことは 問題意識を培うことに繋がり、表現活動にも活きることが多いと考え企画しました。
参加は希望者のみにしましたが 2年生の大半といってもよい11名が参加しました。

桜田門前
桜田門外の変が起こったあたりです。向かいは警視庁というのが凄い。

レンガの建物が法務省。検察は法務大臣の指揮下にあります。
右奥が東京地方裁判所・東京高等裁判所。
裁判所内は撮影禁止のため遠景のみ。

日比谷公園
伊達政宗終焉の地やフィリピン独立運動の英雄ホセ=リサール像を見ました。

東京駅構内
原敬暗殺現場にも立ち寄りました。

部員たちは遠足気分ながらも それぞれの場所をしっかり目に焼き付けていました。

裁判所では、詐欺事件、外国人の不法滞在事件、暴行事件などの裁判を傍聴しました。
人が実際に手錠をかけられロープで繋がれている姿や 想像以上に近い被告人との距離、開廷前の静けさ、判決が申し渡され人の人生が動く場面、傍聴後に部員たちはその感想を語り合っていました。大人でも見たことのない人が多いであろう社会の一面を見た経験が彼ら彼女たちの人生の糧となりますように。

顧問 中嶋

新年度をむかえて【フォーク部/2019年度 NO.01】

2018年度総括と2019年の抱負

多くの方のご支援のもと、2018年度、所沢高校フォーク部は以下のような活動を行ってきました。

2018年度は対外的活動を飛躍的に発展させることのできた年となりました。

大会・コンテストに関して
埼玉県大会、新人大会、ルーキーズフェスといった埼玉県軽音楽連盟の大会以外に、ガールズバンドステージコンテスト、We are sneaker ages関東、JYOJI-ROCKライブコンテスト、青二祭、NAKANO Fresh ROCK FES. 下北ハイスクール音楽祭、等の民間主催の大会・コンテストにも多数参加をさせていただき、一定の成果をおさめることができました。

他校との交流に関して
24回!?(うち3回自校開催)の合同ライブに参加をさせていただくことができました。この中で 58の学校とステージをともにさせていただきました。

部員が質の高いステージに立てるだけの力をつけることのできた背景には外部指導者の方々のサポートも重要な要因となっております。

外部指導者の方々に関して
森山サトシ様(元リットーミュージック/現ヤマハミュージック)
紅谷亮次様(Wabi-Sabi で活躍中のプロミュージシャン)
山口和也様(プロギタリスト)
浅川信様(ボイストレーナー)
には、高校の部活動という特性を理解した上でご指導いただき大変お世話になりました。

日常の活動に関しては、練習方法の根本的な見直し全体で動くことの徹底、原曲コンテスト等の新しい試み、等々、活動内容の刷新を行いました。

今年度は
対外的活動を定着させ、日常的な活動とすること
層の厚い部活動とすること
を意識し 活動をしていきたいと思います。

今年度も 所沢高校フォーク部をよろしくお願いします。

顧問 中嶋