活動の記録

2019年1月の記事一覧

ボイストレーニング【フォーク部/2018年度 NO57】

1月23日(水)
今日は授業が終わった後、STUDIO ADVISER 浅川さんをお招きし、ボーカル講座を開いていただきました。



体には3つの声が響くポイントがあること、
よくボーカルが「声量が足りない」と言われることがあるけれど声量というのは声の大きさではなく、響きの量だと言うこと、
歌い方として、口の奥に飴玉を入れているようなイメージで歌うことを学びました


また、喉を締めないためには上半身の力をなるべく抜くことが重要で、そのための下半身強化の練習法も教えていただきました。





バンドをやる上でものすごく重要な「リズム」の練習を行いました。
最初はなかなか掴めずうまくいきませんでしたが、慣れてくると友達同士でリズムを取り合ったりなど、とても楽しかったです。


他にも、母音だけで曲を歌ってみる練習法や、音楽の三要素など様々なことを教えていただきました。
今日の内容はとても勉強になり、必ず今後の活動に活かしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

【今日教わったこと】
・歌う上で一番大切なのはリズムや音程、声を伸ばす(震えない)など大切なことはいくつもあるが一番大切なのはその全てに繋がる呼吸!!
・呼吸で歌に対する自信を持とう!
→緊張で力まないようになる
口の奥に少し大きな飴玉を入れているようなイメージで歌う
・顔は音色、声帯は音程、お腹は呼吸を司る
顔、声帯、お腹を制覇しないと声は繋がらない
声量=声の響き(共鳴)
共鳴腔(=咽頭、鼻腔、口腔)を広げると声量もあがる
→特に大切なのは咽頭!舌を下げて広げてあげる
小さな振動でも大きな響きを出せる!力なんて必要ない!!
母音iを発音するときに口の中の飴玉を潰さない
・母音iの時に高音が出ずらい人は発音をグレーゾーン(=母音eとiの中間音)にしてみる
三要素シリーズ
≪音楽≫
①メロディー ②リズム ③ハーモニー
≪音≫
①音色 ②音量 ③音程
≪表現≫
①動き ②音 ③色

・バンド内で週に最低3時間は話合おう!!
歌詞を全部母音で歌ってみよう
・子音を出すときに必要になるのは舌と唇
・母音で歌えば出ていた音が子音になった時に出なくなるのは力が入ってしまっているから!メロディーを諦める前に力を抜いてみて
・歌詞で歌う前に詞読み→リズム(ブレスの位置確認)→音程(まずは母音で歌う!!)をきちんとやってから歌う
・クリック練はクリックに合わせない!!
→リズムを合わせているんじゃなくて、クリックに合わせているだけ
・拍の間の取り方(何拍子で間を取っているか)を合わせよう
クリック練は裏拍で合わせよう
裏拍=自己責任のリズム
→これでバンドが合わせられたらそれはリズムが合ってるということ
縦、横どちらも合っていて初めてリズムが合っている!

フォーク部ブログ係 なが なつ

【顧問からのコメント】
主顧問はインフルエンザで療養中でしたが 副顧問の助けを借りながら部長を中心に よく運営をしてくれたようです。記事を読めば その日の内容がちゃんとわかります。部ログ係 をつくっておいてよかったなぁと思いました。

顧問 中嶋

JYOJI ROCK High School Rockers ONLY U16 2019年 新春大会【フォーク部/2019年度 NO56】

吉祥寺 ROCK JOINT GBで行われた、JYOJI ROCK High School Rockers ONLY U16 2019年 新春大会
「結−musubi−」
が1月3日、「The  cleaner」が1月5日、「Hello」が1月6日、
「Lupinus」が1月21日に、出場させていただきました!
会場は人でいっぱいで、盛り上がっていました!


1月3日 「結−musubi−」



演奏曲
「赤い糸」オリジナル
一体感ある堂々とした演奏で、綺麗な歌声で会場をいっぱいにしてくれました!
優秀賞をいただくことができました!

1月5日
「The  cleaner」



演奏曲
「夕暮れスラム」オリジナル
「9月1日」オリジナル
ボーカルの堂々としたステージング、楽器隊の一体感がとても感じられるステージでした。クリーナーは結果、最優秀賞をいただくできました。最高に楽しかったです。

1月6日
「Hello」


演奏曲
「きのうのゆめ」オリジナル
初めての大会でとても緊張したけれど、とても楽しむことができました!
残念ながら、賞をいただくことができませんでしが、色々なバンドを見ることでき、審査員の方々からアドバイスもいただき、沢山のことを学べました!

1月21日
「Lupinus」



演奏曲
「未練」オリジナル
「エンドロール」オリジナル
はじめての大会ということもあり緊張はしたけれど、その中でも最高の演奏をできました。歌詞が胸に届き、本当に感動しました。ルピナスは結果、優秀賞でした。

今回の大会で、3つのバンドが賞をいただくことができました!!
また、全バンドが沢山勉強になることがありました。
これからの練習や大会に生かしていきたいと思います。
来ていただいた保護者の方々、本校の生徒の方々、本当にありがとうございました!

次のルーキーズフェスや下北ハイスクール音楽祭などの大会、合同ライブに向けて力を入れて頑張っていきたいです。

ブログ係 なが、すー

【顧問のコメント】
JYOJI-ROCKライブコンテストは東京・神奈川・千葉の有力校が多く参加するイベントです。
近年では高校軽音楽をターゲットにした民間主催のコンテストが増えてきておりJYOJI-ROCKはその草分け的なイベントと言えます。ちなみに、1年生大会にあたる U-16 で活躍したバンドは その年に行われる他の大会・コンテストで際立った活躍をする傾向にあり、今年(2019年)の勢力図を占うコンテストと言っても過言ではないと思います。今回、埼玉から参加をしていたバンドは私の知る限りでは本校のバンドだけでしたが、ここで積んだ経験はこの後埼玉で行われる大会において大きなアドバンテージになるだろうと思います。
連盟主催の大会以外でも 高校生が目標とすべきコンテストが増えてきたことは嬉しいことです。 学校関係者以外の大人と接し アドバイスをいただいたりする機会は他の部活動にはなかなかない経験です。もちろん、こうしたイベントを通じて同年代の他校の仲間と 新たな繋がりも生まれ 刺激をうけ もっと上手くなろう と向上心に火が付くことも少なくありません。本校の部員達も この一年で 「自分の学校」という閉ざされた世界から外に目を向けて多くのものを吸収することに だいぶ慣れてきたように思います。
JYOJI-ROCK U-16 1年生の今後の活躍が ますます楽しみになるコンテストでした。

JYOJI-ROCK U16
The cleaner 1月5日 最優秀賞
結  1月3日 優秀賞
Lupinus 1月21日 優秀賞

顧問 中嶋

下北ハイスクール音楽祭【フォーク部/2018年度 NO.55】

3月27日に下北沢で行われる 下北ハイスクール音楽祭 に本校のバンド The cleaner が選出されました。
他の出演者は SEED(厚木)、まいぴーす!(港北)、Lyric Jack(武蔵丘)、クジラ夜の街(武蔵丘)、リュックと添い寝ごはん(朋優学院)、ミウ(正則)、バニラエクストラクト(篠﨑)、QUALCIC+TETRA(弥栄)、ザ・ウルトラスーパーボンバーズ(東海大浦安)…等々、全国大会グランプリ受賞バンドやMUSIC DAYSやJYOJI-ROCK、TOKYO MUSIC RISE など名の知れたコンテストで活躍するバンドばかりです。

下北ハイスクール音楽祭は下北沢の5カ所のライブハウスが会場となり、観客はリストバンドを持っていれば好きな時に好きな会場に好きなバンドを観に行けるサーキットフェスです。
大会やコンテスト以外で これだけの関東近郊トップクラスの高校生バンドが 一挙に観ることのできるイベントは珍しく とても注目を集めているイベントです。

一番下に The cleaner の名前が…
同時に発表された出演者が東京都高文祭のグランプリ受賞者 ミウ(正則) や秋の神奈川県大会グランプリ受賞のPaRaBoLatory(厚木)という豪華なメンバー。おそらく もう二度と見られない? SEED(厚木)もいる…。ぽんちょこの後輩、ばれんしあ (相女)も いる…。繰り返しますが 凄いメンバーです。



これから音源審査・オーディション等が続きます。
本校の他のバンドも この後の オーディション等に臨みチャンスを狙います。
3月27日 ぜひぜひ下北沢へお越しください!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1月16日(水) 
教室では新たな試みとして パート練習 が行われていました。
ドラムは引退をした3年生が指導にあたってくれました。

ベースは自分たちで教本を決めて フレーズの研究会。

ギターも教本を使いブラッシングの練習。

オリジナル曲作りも定着してきて 都内のコンテストなどに挑む中 今は もう一段階のレベルアップの必要性を感じました。
今後の大会・合同ライブにむけて 自力強化に努めています。

顧問 中嶋

所沢高校mini合同ライブ【フォーク部/2018年度 NO54】

1月12日(土)
今日は、草加東高校、川越南高校、所沢高校の3校、合計6バンドで、所沢高校初の教室mini合同ライブを開催しました!
演奏者だけでなく、本校の生徒の皆さん、保護者の方々などにもお越しいただきました。


1バンド目「結−musubi−」所沢高校

1曲目 「アネモネ」オリジナル
2曲目 「赤い糸」オリジナル
◯新曲「アネモネ」は原曲コンテストで披露した曲で、バンドでは初めての演奏でした!
結らしく、暖かく、堂々とした演奏でした!

2バンド目「AltOnair」川越南高校

1曲目 「無常」オリジナル
2曲目 「己」オリジナル
◯2曲目の「己」は合同ライブや新人戦でも聴かせてもらいましたが、とてもかっこよく、サビが印象的で、とても頭に残りました!
所沢高校フォーク部員もよく口ずさんでいます!

3バンド目「Hello」所沢高校

1曲目「きのうのゆめ」オリジナル
2曲目「さよならアイデンティティー」yonige
◯1曲目「きのうのゆめ」は2月10日に行われるルーキーズフェスでも演奏します!
まだまだ個人で甘い部分もたくさんあると実感したので、ルーキーズフェスに向けて個人練習を頑張ります!

4バンド目「カラカラ」川越南高校

1曲目「夜明けと蛍」ナブナ
2曲目「シルエット」KANA−BOON
◯今日唯一の2年生ボーイズバンド!!
演奏中の動きがとてもかっこよく、演奏はもちろん、パフォーマンス面でもとても勉強になりました!

5バンド目「洒落頭」草加東高校

1曲目「ダーティー・ドッグ・ブルース」オリジナル
2曲目「幸福のねだり方」オリジナル
◯前回の第3回所沢高校合同ライブで最優秀賞をとったスリーピースボーイズバンド!
1年生とは思えない堂々とした、かっこいい演奏で会場を盛り上げてくれました!

6バンド目「The cleaner」所沢高校

1曲目「生きて」オリジナル
2曲目「9月1日」オリジナル
3曲目「夕暮れスラム」オリジナル
◯今日ラストのバンド!!
1曲目「生きて」ではコール&レスポンスで会場を盛り上げてくれました!
最後にふさわしい迫力ある演奏でmini合同ライブを締めくくってくれました!

ライブ後には交流会も行いました!
今回は教室でのmini合同ライブということで、呼ぶことができたのは3バンドのみでしたが、ライブと交流会を通して、とても仲良くなれたと思います!
これからも、同じバンドをやっている仲間であり、良きライバルとして、仲良くさせていただきたいと思いました! 
今日来てくださった草加東高校の皆さん、川越南高校の皆さんと顧問の先生、所沢高校の生徒の皆さん、保護者の方々、本当にありがとうございました!

ブログ係 すー
【顧問のコメント】
今回は視聴覚室ではなく普段練習で使用している教室で小規模な合同ライブを企画しました。出演バンド数6バンド演奏時間はトータルで1時間半。終了後に1時間程度 交流会を開きました。普段の合同よりも参加者の距離が近く 深い交流ができたのではないかと思います。そして、出演は6バンドでしたが殆どがオリジナル曲を演奏するとともに 質の高いパフォーマンスを披露してくれました。今日のステージに立ったバンドたちが夏の県大会でともに 市民会館おおみや のステージに立って欲しいと思うと同時に、立てるように導いていかなければいけないと思いました。
こうした手軽な交流の機会を増やし、日常的にしてゆくことが 埼玉の軽音楽系部活動の活性化に繋がればいいと思います。

顧問 中嶋