活動の記録

2018年12月の記事一覧

原曲コンテスト【フォーク部/2018年度 NO53】

12月29日(土)
今日は2018年度さいごの部活で、部内で原曲コンテストを開催しました!
テーマは「夢」。一年生4バンドが原曲(バンドアレンジ前のオリジナル曲)を披露しました。
Lupinus「未練」
Hello「きのうのゆめ」
結「アネモネ」
https://www.youtube.com/watch?v=4yUgdbcoKTM
The cleaner「レイ」
https://www.youtube.com/watch?v=BCFfBQNQrTo
最後には今年の感謝を込めて、機材や、使わせていただいてる教室、機材置き場の掃除を行いました。

部ログ係 な

【顧問より】
 原曲コンテストは オリジナル曲を作成してゆく中でバンドアレンジ段階で迷走に迷走を重ね 手がつけられなくなってしまうことが何度か見受けられたため 提案した企画です。
 本当に良い曲は 印象に残るサビのメロディーがありアコギ一本で弾き語れるものではないか? オリジナル曲を その段階で一度 人に聞いてもらえば良い点や課題、修正点などが早い段階でつかめるのではないか?との考えから行いました。絵画で言えばデッサンコンテストのようなものといえると思います。
 また、アコギ一本弾き語りであってもバンドでイメージを共有しながら歌詞とメロディーとコードを考えて欲しいと思い 「夢」というテーマを顧問から与えました。将来の夢でも、昨日の夢でも、悪夢でも 色々なとらえ方ができるものをテーマとして設定しました。各バンド 期待通り 幅広い解釈をしてくれたと思います。
 今回の企画に対し 積極的に取り組み1年生4バンドのすべてが原曲を完成させてくれたことは 素晴らしいことだと思います。いずれの曲もバンドカラーが出てきていて 面白いものになっていると思います。バンドアレンジが楽しみです。1年生たちも第2回の開催を望んでいるようなので春頃に行おうかなと思います。

 顧問 中嶋

北豊島工業高校 白堊LIVE&ナカフレ予選会【フォーク部/2018年度NO51】

12月27日(金)
本日は北豊島工業高校、白堊(はくあ)LIVEに参加させていただきました。
参加校は北豊島工業高校・東村山西高校・鷺宮高校・所沢高校でした。所沢以外の3校は都立高校です。


まるでライブハウスのような会場で、ものすごく感動しました。
北豊島工業高校は部員が7人と少ないなか、こんなに素晴らしいステージを作っていただきました。

1バンド目は“Hello
一曲目は、yonigeで「さよならアイデンティティー」
二曲目は、オリジナルで「きのうのゆめ」 を演奏しました。

2バンド目は“Lupinus
一曲目はオリジナルで「エンドロール」
二曲目もオリジナルで「未練」を演奏しました。

3バンド目は今日の大トリ“The  cleaner
一曲目はオリジナルで「夕暮れスラム」
二曲目もオリジナルで「9月1日」を演奏しました。


今回の合同ライブは良かった事、悪かった事が明確になり、バンドの反省点や今後の課題が多く見つけられました。
また人数が少ない中であれほどのステージを作られていた北豊島工業高校の方々に本当に驚き、自分たちも演奏してる側、見てる側全ての人が、最高に楽しめるステージを作らなければいけないなと本当に勉強になりました。
本日は北豊島工業高校の顧問の先生、生徒のみなさん、本当にありがとうございました。
------------------------------------------------------------------------------------------------
また同じ日に 練馬高校 で行われた NAKANOFreshROCKFES.@NERI ROCK FES に本校から1年生のガールズバンド 結 が参加させて頂きました!

全21バンド出場の中 結 の出番は10バンド目
会場に着いてからも合わせ練習など最終チェックを綿密に行います
 

周りのバンドに圧倒されつつも自分たちの演奏を堂々としてきました!

一曲目は「Always coming back(ONE OK ROCK)」
二曲目は「赤い糸(オリジナル)」
予選突破こそなりませんでしたが、高校軽音の最前線を走っているバンドさんたちの演奏を肌で感じることで非常に沢山の刺激を受けました!

今回学んだことを活かし、リベンジを誓い また頑張っていくぞ!と これからの新たな目標のできたライブでした
ご一緒させて頂いたバンドさん、練馬高校さん、大会関係者の方々、関わって下さった全ての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです
ありがとうございました!


部ログ係 な
つ、なが

【顧問より】
①白堊ライブについて
 北豊島工業高校軽音楽部は今年の4月に素晴らしい顧問の先生を迎えリスタートした軽音楽部です。豊富な知識と高い技術を持ち、部員に寄り添い一緒に部活動をつくりあげていく姿勢は軽音楽部の顧問として理想的な姿です。北豊島工業高校の部員の皆さんをみれば彼らを育てた顧問の先生の温かい人柄も伝わってきます。一方で わずか半年たらずの期間で激戦の東京都の大会で自校のバンドを並み居る強豪校をおさえ決勝のステージまで導いた手腕も並外れたものがあります。今回の白堊ライブ参加は 顧問としても学ばせていただくことが とても多い合同ライブでした。4月、新入生が入ってきたとき北豊島工業高校軽音楽部は更なる飛躍をはじめるのだろうなと思うと 他校のことながらワクワクします。
 今後とも末永くお付き合いさせていただけますようお願いいたします。

②ナカフレ予選会について
 東京・神奈川の軽音楽界では Nakano Fresh Rock FES.と青ニ祭の予選会で年末は盛り上がりを見せます。今年、所沢高校の1年生バンドがその二つの予選会にくい込めたことは大きな収穫といえます。いずれの予選会にも音源審査があり、東京・神奈川の最前線を走る2年生バンドがこぞって応募します。その中で選出されたバンドが集う予選会は 埼玉県の新人大会よりも数段レベルの高い大会になります。実際、埼玉で多くの2年生バンドをおさえ準グランプリとなった 本校の 結-musubi- も終了後、レベルの違いに打ちのめされたと言っていました。ただ、結 の参加した予選会に(おそらく)他に1年生バンドはおらず、その中でも自分たちの演奏をしっかりとやり遂げました。他の凄いバンドから多くのことを吸収し、心を折られることなくリベンジを誓った彼女たちは来年、もう一つ上のステージに進んでくれると期待しています。 
  
顧問 中嶋

川越南高校合同ライブ参加 【フォーク部/2018年度NO50】

12月26日(水)
本日は川越南高校合同ライブに一年生3バンドで参加させていただきました。
参加校は、川越南高校、豊岡高校、所沢高校の3校でした。
久しぶりの県内合同でとてもわくわくしました。

今日の1バンド目は“Lupinus
一曲目はオリジナルで「エンドロール」
二曲目もオリジナル、新曲の「未練」を演奏しました。

2バンド目は“
一曲目はONE OK ROCKで「Always coming back」
二曲目はオリジナルで「赤い糸」を演奏しました。
 

3バンド目は“The cleaner
 
The cleaner は川越南高校顧問の持田先生にお願いをして特別に三曲やらせていただきました。
一曲目はオリジナルで「夕暮れスラム」
二曲目は「生きて」
三曲目は「9月1日」

持田先生、PAを担当してくださった方など本当にありがとうございました。



今日の合同ライブは少ない学校での合同でしたが、本当に楽しかったです。
また中嶋先生がおっしゃっていた「覚悟を持って部活をすること」にどれだけの意味があり、大切であるかをとても考えさせられるライブになったと思います。
自分たちも個々のバンドが今の現状で満足せず、さらに上へ上へと目指していこうと思います。
最後に、川越南高校顧問の持田先生、参加校の生徒のみなさん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

部ログ係 なが

【顧問より】
 川越南高校合同ライブは 本校がはじめて呼んでいただいた合同ライブであり、所沢と川越南、それぞれの学校で合同ライブがあるときは必ずお互いに参加をする関係になっています。
 以前、ある高校の顧問の先生が講評の中で 高校で軽音楽を続ける中で大切な2つのこととして「覚悟」と「話し合うこと」をあげられていました。今回の講評の中で「覚悟」について語ったのは そのことの私なりの解釈です。
 先日、関西のスニーカーエイジを見学しました。
 関西のスニーカーエイジは今年で39回の歴史を誇り、関西の軽音楽連盟発足よりも古くから続いてきた大会です。大阪府知事や教育委員会も賞を出し、優れたプレイヤーには大阪芸術大学への特待生入学の資格が与えられます。関西の名門と呼ばれる軽音楽部の部員の最大目標はこのスニーカーエイジであり、そこに賭ける意気込みは高校野球の選手が甲子園に賭けるものを彷彿とさせます。ここに賭ける とは、他の部活や他の娯楽を選ばず、ただ この一点に高校生活を捧げたといってもいいかもしれません。彼ら彼女たちは これに賭けると「覚悟」を決めたのです。だから、一瞬一瞬へのこだわりが 半端ではない。ステージを観れば わずか数秒の表現の裏で 多くの時間を費やして練りこんできたことが思い浮かんできました。軽音楽部は そこまでしなくても ただ 何となくでもできる部活動かもしれません。けれど、一つのことに本気で取り組んだ先に手に入るものは この先の人生の糧となるものではないかと思います。本校の1年生部員は それをぼんやりと感じ そういう世界に足を踏み込んでいるように思います。
 今回の合同ライブに参加した各校の部員は どんな思いで ステージにあがっているのだろうか? 今回の合同ライブのような他校との交流の先に何を見据えるのか? もし、高みを目指すのならば バンドメンバーで「覚悟」を決めよう! 普段は講評での失言が多く後で反省ばかりなので 余り話さないようにしているのですが、この日は少し長めに そんな話をさせていただきました。
 
 顧問 中嶋

第6回埼玉県高等学校軽音楽新人大会【フォーク部/2018年度 NO49】

12月23日(日)
今日は、埼玉県高等学校軽音楽連盟主催の第6回埼玉県高等学校軽音楽新人大会ESPエンタテイメント東京 本館 地下ホールにて開催されました。
本校からは一年生ガールズバンド、「結−musubi−」が出場しました。

出場バンドは全部で21バンド。
会場は出場者や観客の熱気で溢れていました!

「結−musubi−」はオリジナルの「赤い糸」を演奏!
曲名の「赤い糸」にちなんで、メンバー全員が髪に赤いリボンをつけ、気持ちを1つにし、堂々としたステージを披露しました。
※当日の演奏は下記よりご覧いただけます


結果は...準グランプリ!!!
グランプリには惜しくも届きませんでしたか、素晴らしい結果を残してくれました!
賞状も頂きました。


結果発表の前に審査員の方々からアドバイスも頂きました。
・個人スキルを上げること
・縦の線を合わせること(テンポを合わせること)
・ステージ上では照れたり、自信のない姿は見せないこと
他にも、基本的なことなど、たくさんのことをアドバイスして頂きました。
これからまた、大会に出るにあたって、見直さなければならない点も多くあるので、しっかりと改善して臨みたいです。
今回の大会の運営をしてくださった、埼玉県高等学校軽音楽連盟の方々、ESPエンタテイメント東京の方々、審査員の方々など、本当にありがとうございました!

部ログ係 なが、すー

【顧問のコメント】
県立高校のサーバー移転の関係で しばらくHPの更新ができない状態でした。
ですので、このコメントは12月27日に書き直したものです。

新人大会決勝で準グランプリを受賞した 結-musubi- は 12月27日 都内の有名なフェスのひとつであるNakano Fresh Rock FESの 1次予選に参加をしました。この予選会に参加するには映像審査があり 東京・神奈川の有力な2年生バンドも多く応募をしていました。1年生の身で 1次予選に参加できるだけでも凄いことです。予選会は 東京・神奈川の有力バンドがこれでもか!と揃った凄い顔ぶれでした。それでも 結 は良いパフォーマンスをし 頑張ったと思います。けれど、結果は1次予選敗退...。上には上がいるということを痛感させられると同時に 高みを目指すならば 東京・神奈川の大会や合同ライブに身を投じることは欠かせないと改めて感じました。
準グランプリに終わったことは 1年生バンドである 結-musubi- には良かったのだと思います。来年こそは と意気込んでくれれば 今後 もっと良いバンドに成長してくれると思います。
今年の1年生バンドは皆、本当によく頑張ってくれていて この冬あたりから 各方面で活躍する姿をお見せできると思います。応援のほど宜しくお願いします。

顧問 中嶋

練馬高校合同ライブ【フォーク部/2018年度 NO48】

1217()
今日は都立練馬高等学校合同ライブNERI ROCK FES に参加させていただききました。
参加校は練馬高校(東京)・川口高校・戸山高校(東京)・稲毛高校(千葉)・北豊島工業高校(東京)・江戸川高校(東京)・港北高校(神奈川)・清瀬高校(東京)・敬愛学園高校(千葉)・千葉経済大付属高校(千葉)・所沢高校12校!


控え室では県立川口高校さんとご一緒しました。
練馬高校さんのライブは機材を壊さなければなにしても構わないという、個々のバンドの個性を全力で出せる場だと感じました。


所沢高校 1バンド目はHello
yonige
の「さよならアイデンティティー」を演奏しました。

3
ピースバンドになって初めてのライブでとても緊張しました!

2
バンド目は
一曲目はONE OK ROCKの「always coming back

二曲目はオリジナルの「赤い糸」を演奏しました。
ボーカルとコーラスのハモりがとても綺麗で感動しました!

そしてラストバンドはThe Cleaner 
一曲目はオリジナルの「夕暮れスラム」

二曲目はオリジナルの「91日」を演奏しました。
クリーナーならではの世界観で会場全体を盛り上げました!

今日も沢山の良いバンドを見れて、本当にいい勉強になった1日でした。
ステージングや音作りなど今日学んだ事を今後に生かし、さらにレベルアップしていきたいと思います。
最後に、今回運営をしてくださった練馬高校の皆さん、他校の皆さん、顧問の先生方などなど本当にありがとうございました。

ブログ係: なが、すー

【顧問より】
気が付けば自校・他校あわせ今年度15回目の合同ライブでした。
今日のライブには11月の東京都高文祭でも活躍した AIM(北豊島)やknowledge(江戸川)、ANTHOLOGY(東洋)、神奈川県大会の常連校である港北高校のNo Longer HumanLiLiC LiLAC、もちろん様々なコンテストで活躍する練馬高校の南無阿部陀仏など豪華なバンドが揃いました。やはり東京・神奈川は層が厚い。

さらに、ゲストバンドとして出演してくれたのは Absolute area。プロとして活動をはじめた今注目のバンド。同じ機材でも ここまでできる!という良い勉強になりました。
https://media.muevo.jp/articles/6255
良いステージを肌で感じ、良い演奏を聴くこと、そして、その中に放り込まれて演奏をすることは レベルアップへの一番の道です。
本校から参加した1年生バンドは本当にありがたい経験をさせていただきました。
練馬高校の皆さん、参加校の皆さん、ありがとうございました。


部顧問 中嶋

年末年始の予定【フォーク部/2018年度 NO47】

年末年始 
本校部員のステージをご覧いただける大会・コンテスト!
 
12月23日 
名称:第6回埼玉県高等学校軽音楽新人大会 県大会
 
入場:チケット不要/入場無料
会場:ESPエンタテイメント東京 本館地下ホール(高田馬場)
出場バンド:本校からは 結-musubi-
      21バンド中、11バンド目の出演です
 
         ※細かい時間未定 詳細わかり次第追記します

備考:関東にいる方は是非こちらの応援を!
 
②12月27日 
名称:NAKANOFreshROCKFES.予選会

入場:チケット不要/入場無料
会場:東京都立練馬高校
出場バンド:本校からは 結-musubi-  
※結-musubi-の出演時間は12:35頃の予定です
 
③12月28日
名称:青ニ祭 二次審査

入場:チケット不要/入場有料
会場:下北沢 チカマツ

出場バンド:本校からは Lupinus   

※Lupinusの出演時間は13:54からの第1部となります
 
1月3日-6日
名称:JYOJI-ROCK U16

場:チケット不要/入場有料
   一般¥1600+1drinkオーダー(¥600)

   高校生以下¥600+1drinkオーダー(¥600)

会場:吉祥寺 ROCK JOINT GB
「吉祥寺 ROCK JOINT GB」の画像検索結果
出場バンド:本校からは The cleaner、結、Hello
- 個々のバンドの出演日 -
1/3 15:50-16:00 19番目/25バンド中 
1/5 13:15-13:25 14番目/19バンド中 The cleaner
1/6 13:30-13:40 11番目/29バンド中 Hello
 
この他に12月26日は川越南高校合同ライブ、12月27日は都立北豊島工業高校合同ライブに参加をし、12月29日は部内コンテストの予定です。
1年生はこの冬にこれまでの成果を見極める大会・コンテストが立て続けに組まれ、短い冬休みの期間ですが盛りだくさんの活動となっています。
 
部顧問 中嶋

青ニ祭 1次予選通過!【フォーク部/2018年度 NO46】

青二祭はエフエム世田谷の高校生番組「ハイスクールHotパーティー」から誕生した学校の枠を超えた高校生文化祭です。今年で第20回を迎え3月25日マイナビBLITZ赤坂で開催されます。

そんな第20回 青ニ祭の1次審査本校1年生バンド Lupinus が通過
12月23日or28日に行われる2次審査への進出を決めました!
1次審査とはいえ 東京・神奈川の2年生や3年生の名の知られたバンドの中で勝ち上がれたのは驚きです! 
先日のナカフレ予選会進出を決めた 結-musubi- とともに頑張って欲しいと思います。
2次予選は
12月23日 日曜日 or 12月28日 金曜日
場所・下北沢ライブハウス 近松(チカマツ)
で行われます。
一般公開。
詳細が分かり次第 報告します!

顧問 中嶋

NAKANOFreshROCKFES.予選会出場決定!【フォーク部/2018年度 NO45】

12月27日に行われる
NAKANOFreshROCKFES.予選会会場:練馬高校)に本校の1年生バンド 結-musubi- が選出されました!

NAKANOFreshROCKFES. 通称 ナカフレ は 第4回目を迎える中野区後援のロックフェスです。決勝は4月中野区役所前の特設ステージで行われ 学生から大人まで様々なバンドが出場します。出場希望者が多いため今年から4会場での予選会が行われることになりましたが、予選会への申し込みも多数のため音源審査が行われ12月2日にその結果が発表となりました。
※11月23日時点で公開募集を受け付けていた練馬高校会場と武蔵丘高校会場の計40バンド程度の募集枠に60バンド以上が応募していたとのこと…その後も応募は増えていたでしょうから結構な難関であったと思われます。
本校の 結-musibi- が出場する練馬高校会場 では 中央大学杉並高校や法政大学高校、日本大学第二高校、都立神代高校、そして 都立練馬高校など 東京都の高校軽音楽界を代表する学校のバンドが選出されています。よくぞ 1年生バンドの 結-musibi- が音源審査を突破できたものだと 驚き半分です。
1年生バンドの 結-musubi- には 上を目指しつつも 今後につながる貴重な経験をしてきてもらえればいいと思っています。

予選会は入場無料 公開の様子。詳細は下記URLでご確認ください。
http://nakanofreshrockfes.com/2018/   

顧問 中嶋