活動の記録

2018年4月の記事一覧

新入部員を迎えて【フォーク部/2018年度NO02】

4月22日(日)
二者面談期間中で教室練習ができないため、日曜日に新入部員に対して機材のセッティング等の説明会をひらきました。
ベースやギターのアンプのセッティングにはじまり、ドラムセットの組み方、PAシステムの概要、各種ケーブルの巻き方等々、新入部員にはじめてのことばかり。
はやく覚えて練習に打ち込めるようになって欲しいと思います。

ドラムのペダルもちゃんと自分で組めないといけません。

スローン(ドラム用の椅子)の高さも適切にしよう。
決して 美容室ごっこ ではありません。

この後、2年生バンドのデモ演奏を聴き、最後に 楽器購入の相談会をひらきました。
楽器については長期的な使用を考えた場合、ギター・ベースともに2万円から3万円が最低価格ラインになります。高価なものは限りなくありますが、防犯上のことも考えると高すぎるもの(10万円を超えるようなもの)も高校生にはどうかな、と思います。
本人が長く大切に使おうと思える楽器に出会えることが一番ですので、よく情報収集をして、楽器店には複数回足を運ぶなどして、慎重に購入をしてください。

4月24日(火)
昼休みに1年生と上級生の顔合わせを行いました。
自己紹介の合間に集合写真を撮影。
今後しばらくの間1年生は上級生の練習に立ち会いセッティング等を学びます。

このメンバーで今年1年間頑張っていきます。

フォーク部顧問 中嶋

春休み【フォーク部/2018年度NO01】

春休み、割と毎日活動し、色々なことがありました。

引退間近の新3年生から後輩へ最後のレクチャー。
以前ご指導いただいた森山先生のアドバイスを思い返しながら、知識と技術の伝達を行いました。
後輩たちも真剣に聞いていました。何よりやる気がでたようです。




別の日は、動画による作曲研究会をひらきました。
瀧澤克成さんや宇田大志さんの動画は わかりやすくてオススメです。
今回は いきものがかり や スピッツの楽曲をアナライズ!
既存曲の構成を知ることで 曲作りのポイントが何となくわかったような…。
ディグリーで考えるという 考え方に触れただけでも収穫かな。 


そして、新3年生は受験モードに入りながら、最後の夏の大会に向けて
新曲をつくっています。各パートまだまだ粗いですが、新しい曲調に彼女たちの成長を感じました。




現顧問の体制になって以降、積極的に対外活動についてきてくれた新3年生には最後に大きな舞台に立ち有終の美を飾って欲しいと思います。

フォーク部顧問 中嶋