活動の記録

2017年11月の記事一覧

埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選〔フォーク部〕

 11月12日(日)、川越南高校を会場に行われた埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選に参加をしました。

 大会は2年生を中心としたバンドの大会で、県内を3地区に分けた地区予選、地区予選を勝ち上がったバンドによる決勝からなります。所沢高校西部地区にあたり、西部地区では参加19バンドのうち上位5バンドが12月に行われる決勝に進出できます。各校からは1バンドずつ参加ができ、オリジナル曲で参加する場合に限り、同一校から もう1バンドが参加できます。

 この地区の強豪は全国レベルの強豪校である埼玉平成高校(2バンド出場)、JAZZを主体とする変化球で攻めてくる立教新座高校(1バンド出場)、県立高校の中で西部地区を牽引する川越南高校(2バンド出場)などです。ところが、今回、地区割の関係で本来は南部地区に所属する強豪校である県立浦和高校(2バンド)、国際学院高校(2バンド)が西部地区に来ることになり、決勝進出は熾烈な争いとなりました。
 
 所沢高校から参加したのは、
 2年生男子のバンド「砂」。曲はオリジナル曲「wolf boy」
 https://www.youtube.com/watch?v=L574d0IN9ls&t=5s
 
 2年生女子のバンド「いろはにほへと」。曲はオリジナル曲「フラミンゴ」


審査の結果、「砂」が優秀賞を受賞
上位5バンドのうちの一つに選出され、決勝ライブ進出が決まりました!

12月24日に高田馬場のESP学園コンサートホールで行われる決勝ライブでは、決勝に進出できなかった西部地区の他のバンドの分まで頑張り、結果を残してきたいと思います。
応援のほど宜しくお願いします。

【 西部地区予選 決勝進出バンド 】
 県立浦和高校 SINNER`S HOLIDAY  演奏曲「HYDRA」(オリジナル)
 国際学院高校 スパークル 演奏曲「響いたこと」(オリジナル)
 鳩山高校 スリーサンタ 演奏曲「ハートクローズ・サンタクロース」(オリジナル)
 松山高校 Electriccity 演奏曲「アクア」(オリジナル)   
 所沢高校 砂 演奏曲「wolf boy」(オリジナル)


追記:備忘録として…。審査員の中で票が割れるバンドがある。何らかのバンドに強い影響を受けている出場バンドの場合、影響をあたえたバンドを審査員が知っているといないとで票が割れるように感じた。

フォーク部顧問 中嶋

合同ライブ/ハロウィンコンサート/ギター講習会③〔フォーク部〕

フルスケジュールの3連休となりました。

①11月3日(金)川越南高校主催合同ライブに参加!

 いつもいつもお世話になっている川越南高校さんにまたまたお邪魔してきました。
今回の参加校は開催校の川越南高校、秋草学園高校、所沢高校
16バンドが日ごろの練習の成果を披露しました。
と同時に来週11/12(日)に控えている埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選の前哨戦的な意味もありました。

所沢高校からは3バンドが参加。
バンド1:みそぽてと】
前回、合同ライブで最優秀賞をいただいたペア。
今回も心に響くバラードを歌い上げました。

【バンド2:砂】
来週挑む新人戦用のオリジナル曲を披露。
粗削りながらもパワフルな演奏ができました。
来週までにどこまでアレンジを頑張れるかが見ものです。

【バンド3:satisfaction】
期待の1年生バンド。
以前にも合同ライブに参加させていただいたバンドですがVoが交代。
ところが、このVoが聴衆を魅了しました。

相互投票の結果、
最優秀賞:みそぽてと(所沢)
優秀賞:砂(所沢)
優秀賞:Satisfaction(所沢)

となり、全ての賞を所沢高校がいただくことになってしまいました。
今後の活動へ活かしていきたいと思います。
  
最後に恒例の集合写真。
川越南高校さん、秋草学園高校さん、本日はありがとうございました。
来週の埼玉県高校軽音楽新人戦西部地区予選、決勝への切符をかけて互いに頑張りましょう。

②11月4日(土)2017年 ハロウィンコンサート 開催! 於:新所沢TheRock 

 かつては講堂で行われていたイベントですが、講堂の解体に伴い会場を校外に移して実施しました。多くの在校生に見てもらいたいということからいえば、本当は土曜授業の午後などに校内で実施できればいいのですが…。
 全10バンドが出演。観に来てくださった方々、ありがとうございました。
 

それにしても、最近のライブハウスは健全。
匂いや空気の透明度が昔とはまるで違う。

③11月5日(日)第3回プロギタリスト山口和也氏によるギター講習会実施!
おなじみのプロギタリスト山口和也先生3たび来校!
※山口先生HP:https://www.kazuya-yamaguchi.net/
来週の新人戦に向け、前回の講習後に大会出場バンドが作ってきた曲に対し様々なアイディアやアドバイスを下さいました。

まずは2年生の男子バンド「砂」。ハードロック調のオリジナル曲「wolfboy」を披露しました。
メロディーラインの確認やステージ上でのパフォーマンスについてアドバイスをいただきました。
恥ずかしいことも恥ずかしがらずにやればカッコよいのだ!
 
2バンド目は2年生のガールズバンド「いろはにほへと」
型破りでパンキッシュなオリジナル曲「フラミンゴ」を披露。
コードに対応していなかったメロディーラインの微調整や音量の調整などのアドバイスをいただきました。
  
壊滅的な部分でも、部員を褒めながら陽気にアドバイスをして下さるので、みんな楽しく頑張ることができました。
  
音作りの仕方もレクチャーしていただきました。
何度もステージに立ち使っているアンプでも基本的なことをわかっていなかったことがわかりました。
  

11/12(日)に行われる埼玉県高校軽音楽新人大会西部地区予選は下記の19バンドが参加。上位5バンドが12月に行われる埼玉県高校軽音楽新人大会決勝の舞台に進むことができます。私学の強豪校や地区割の関係で西部地区にやってくる南部の強豪校の壁は厚そうですが、所沢高校にしかできない演奏とパフォーマンスで上位に食い込みたいと思います。

以上、フルスケジュールの三連休でした。

部顧問 中嶋