活動の記録

2017年8月の記事一覧

ドラムクリニックやりました。

今日はドラムマガジンで有名なリットーミュージックの森山先生にお越しいただき ドラムクリニックをお願いしました。1,2年生合せて7名が参加しました。
  
開始早々、ドラムの基本的なセッティングから間違いを発見。
バスドラムの角度、ペダルの組み方が間違っていました。
正しいセッティングにしてもらうと見違えるように楽に叩けるようになりました。
 
本編は8ビート講座。
普段意識していない音量のバランスやフォームなどからアドバイスを頂きました。
音量については
バスドラム:10 スネア:6 ハイハット:1
音の高いものは小さく、低いものは大きく叩くと良いバランスになります。
なぜそうなのか理由をていねいに説明していただき、部員も納得、熱心に自分の叩き方を見直していました。
 
今日教わったこと
・バンドの主役はボーカル。ドラムの音がそれを邪魔してはいけない。
・ドラマーは何があっても演奏を途中で止めてはいけない。
・手数が多いなら音は小さくて大丈夫。早いフレーズならスティックは小さく振る。
・シンバルは弱めに叩くことでサスティーンがのる。サビ前にはその余韻が効果的。
・ペダルを踏むときのつま先の位置は先端より手前(メーカーのロゴのあたり)。
・できないことに5分間挑戦してみる。それが練習になる。
等々、参考になることが盛りだくさんでした。

2時間のクリニックでしたが非常に内容が濃く、成長させていただくことができたと思います。
森山先生、本日はありがとうございました。
またのご指導を部員一同楽しみにお待ちしています。

部顧問 中嶋