生徒会日誌

2015年11月の記事一覧

会計説明会

 11月27日放課後、生徒会本部役員による会計説明会が開催されました。

 1 今年度の生徒会予算の執行について
 2 来年度の生徒会予算の請求について

 まだ11月ですが、生徒会本部は来年度に向けて動き始めています。

   

ボランティア活動に行ってきました!

 東京家政大学狭山キャンパスで『平成27年度 みんな幸せ 共生社会・県民のつどい』が開催され、生徒会本部役員を中心に6名でボランティアとして参加しました。
 当日は舞台班として大学生と一緒に(午前は記念式典、午後はステージ発表)舞台転換補助を行いました。
 みんなでしっかり協力し、スムーズな運営に貢献できたと思います。


   

   
  

みんな幸せ・共生社会 県民のつどい

11月22日(日)に「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」という障害への理解を深めるイベントが埼玉県の主催で行われます。
生徒会本部ではFREEで全校生徒にボランティアを募集し、協力することにしました。

私たちはステージ発表のお手伝いをすることになりました。
イベントが盛り上がるよう頑張ります。

SMAPの取り組みを紹介します

 今年度、県の指定を受け取り組んできた「スマホの安全利用~わたしたちのルールづくり~」も大詰めを迎えています。
 11月9日の放課後 SMAP(スマホ活用プロジェクト)のメンバーは12月15日の報告会にむけて話し合いを行いました。
 先日、デジタルアーツ株式会社の工藤氏をむかえ開催したワークショップではいくつものスマホ活用上の「ルール」が提案されました。
 今日はこれを整理・統合し、12月15日の在校生向け報告会の内容を検討するとともに役割分担を決定しました。

 12月15日は外部講師による講演と報告会が予定されています。

                       

所沢高校サポート委員会

 所沢高校サポート委員会の取り組みが第43回所沢市交通安全推進大会で表彰されました。
所沢高校サポート委員会(所サポ)は10年ほど前に所高生のマナー向上のために有志生徒が立ち上げ、生徒会の臨時委員会として組織されました。(主に登校マナーの向上、駐輪場利用マナーの向上への働きかけを行う委員会です。)
 本校では平成17年から全職員による登校指導を実施していますが、現在では教員が登校指導に立てない日を埋める形で所沢サポート委員会が「あいさつ運動」「交通マナーアップ運動」を推進してくれています。具体的には西所沢駅から学校までの道3か所に立ち、右側通行と道路に広がらないよう注意する、ゴミ拾いを行う、あいさつ運動を展開するなどの取り組みを行っています。また、生徒自身が当番表をつくり、事前に生徒指導主任に報告するようなしくみも出来上がりました。教員と生徒との共動です。
 こうした交通安全マナーアップへの取り組みは、生徒たちが改善を図りながら現在に至ったものです。自転車のマナーアップも含め、今後もしっかりとこの委員会の伝統を引き継いでいってくれるものと確信しています。このたび交通安全マナーアップに関わってくださった前職員・卒業生の皆様とともに表彰されることを、現職員・生徒一同大変光栄に思っております。

     
                        当番表