所高日誌

2018年10月の記事一覧

№57 今日のLHR

本日7限のLHRは、クラス企画。
各クラスで企画したレクリエーションを楽しんでいました。

教室では、定番のフルーツバスケット以外にも、手づくりスゴロク、王様ゲーム、人狼など様々な企画で盛り上がっていました。
  

体育館やグラウンドでは、バスケットやサッカー、ドッジボールなどで汗を流す姿も。
 

そして希望の広場では、3年生が全員集まり、学年集合写真を撮影していました。とてもいい笑顔です♪
 

№56 大学入試入学説明会(2,3学年)

本日は中間テスト最終日でした。

午後からは2年生、3年生を対象とした大学入試入学説明会がありました。
約30もの大学や専門学校から講師を招き、入試や入学後のことについて説明を受けました。
2年生は進路に向けて本格的に動き出す時期です。みんな熱心にメモを取り、聞き入っていました。
中間テストは終わりましたが、次なる目標に向けて努力してほしいと思います。

  

№55 一般入試蹶起集会(3学年)

12日の放課後、3年生の大学一般入試受験者を対象に、蹶起集会が行われました。

 

一般入試についてのガイダンスと共に、学年主任や進路指導の先生から「受験は団体戦」、「志望校を落とさない」、「学習時間より質」など、数々の激励の言葉が贈られました。

いよいよセンター試験まであと14週。がんばれ3年生!!

№54 120周年記念行事

本日は、所沢高校の開校記念日です。
今年は創立120年の節目の年ということで、体育館で記念行事を行いました。

スタートを飾ってくださったのは、本校の卒業生で現在プロの打楽器奏者として幅広く活躍されている新野将之さんです。
様々な打楽器の演奏や、本校生徒とマリンバの共演など、多彩な演出に目が釘付けとなりました。
  

同窓会会長やPTA会長からは、あたたかいお祝いのお言葉をいただきました。
校長先生からは、スライドを使った本校の歴史紹介があり、昔の写真を振り返りながら所高120年の歴史を会場全体で実感する時間となりました。
  

同窓会からの記念品贈呈。(講堂跡地に人工芝の広場を創設していただきました。)
また、生徒ひとりひとりにはマスコットキャラクターのびぞうくんの記念グッズが贈られました。
 

休憩を挟み、後半は在校生企画「未成年の主張」が行われました。
6人の主張者が、体育館2階のギャラリーから各自の思いを叫び、大いに盛り上がりました。
   

短い時間ではありましたが、所高らしいあたたかな記念行事となりました。
お忙しい中参加してくださったご来賓の皆様、保護者の方々、本当にどうもありがとうございました。

№53 西部地区進学フェア(所沢会場)

6日(土)、本校を会場として「西部地区進学フェア」が行われました。

前日は本校の1年生や部活動の生徒が中心となり、各学校のブース設置や案内の掲示など、皆様をお迎えする準備を進めました。

当日の来場者数は745名。どのブースも、熱心に話を聞く中学生や保護者の方々の姿がありました。来場された皆様、どうもありがとうございました。

№52 人権教育講演会

本日6,7限目は、人権教育講演会を実施しました。

特定非営利活動法人ReBitから講師をお招きし、「多様な性ってなんだろう? -互いの違いを受け入れあえる社会を目指して-」というテーマで講演していただきました。

  

スライドを使った丁寧で分かりやすい説明と、講師の方々ご自身の経験談は、生徒たちの心にまっすぐ届いたようです。
最後の質問コーナーでは5人の生徒の手が挙がり、それぞれの率直な疑問に対しても丁寧にお答えいただきました。

短い時間でしたが、セクシュアリティ(性のあり方)について改めて考える貴重な機会となりました。