所高日誌

2016年8月の記事一覧

№126 雨の中…部活動も頑張ります

 台風10号の影響で放課後は雨。運動部の「外」部活動も今日は校内で所狭しと頑張っています。室内部活動はいつもどおり、剣道場からは竹刀が激しくぶつかり合う音が響きます。体育館では前半使用の男女バレー部、男女バトミントン部、アリーナではバトン部が。後半の時間帯を使用するバスケット部なども、交代の時間を待ち遠しそうにしながら筋トレに励みます。野球部・テニスも室内トレーニング。
 
  
   
 今、注目すべきはサッカー部。県の1次リーグ戦を突破し、2次予選進出を決めました。
3年生は、この試合が終了するまで引退はおあずけです。
「今日はガイダンスか…」とつぶやく声も漏れてきましたが、二兎を追うのが所高の醍醐味。どちらも時間との勝負、頑張ってください。
  『受験は団体戦!』ガンバレ所高生!ガンバレサッカー部!

№125 3年生推薦入試ガイダンス

 指定校推薦基準の発表・進路保護者会に続いて、本日は推薦入試ガイダンスが行われました。具体的な手順についての説明が行われています。
 人生を左右する分岐点の一つ。悔いのないように全力投球してください。

  
  
 

№124 3学年進路保護者会

 8月29日(月) 午後、3学年進路保護者会が開催されました。
   
   学年主任挨拶
 1 進路指導部長より
   キャリア教育の視点から〜将来の職業選択と社会人として今後求められる力〜
 2 指定校推薦に係る具体的な手続きについて
 3 センター試験に向けたスケジュール
   等について、お話させていただきました。

   
 
               
  台風接近に伴い、不安定な天候にも関わらず、200名超のご出席をいただきました。
  ありがとうございました。 

No.123  2学期スタート!

夏休みが終わり、今日は2学期の始業式が行われました。

校歌斉唱のあと、校長先生と生徒指導部の先生からお話がありました。

始業式のあとは、この9月から着任された先生方やフランスからの留学生の紹介、「自転車マナーアップ伝達講習会」と「表彰式」が行われました。
 
明日から授業が始まります。頑張っていきましょう。


    

 

 

 

№122 公開講座②(国語)

 公開講座・国語 『夏目漱石』を読むを開講しましたのでその様子をお伝えします。
予定時間を大幅に超え、熱心なやりとりがおこなわれました。
遠方から足を運んでくださった方もいらしたとのこと。大変ありがとうございました。

  

№121 公開講座①(理科)

 公開講座(理科)を開講しましたのでその様子をお伝えします。

内容 ・葉脈標本作り(30分)

   ・電子顕微鏡操作(30分)

(株)日立ハイテクノロジーズに協力をいただいて卓上電子顕微鏡TM3030をお借りしました。

参加は親子で8組の参加をいただきました。

一回に最大2組で30分ずつずらして5回おこないました。

 
  
 葉脈標本作りのあと、いろいろな顕微鏡についての説明をうける

電子顕微鏡の説明を受けた後に観察したいものを電子顕微鏡にいれる。


日立ハイテクの濱さんにもご指導いただきながら簡単に観察することができました。

 今回、実際に観察した写真の一部をご紹介します。

 
 髪の毛
 

 
 カビ
 
 

 猫の毛
 


 激おちくん

    

 「普通の顕微鏡と違いすぐに倍率がかえられたりきれいに印刷でききて楽しかった。」「犬の毛や自分の毛も次はみてみたい。」「普段見ることができないものが観察できてよかった」など、楽しかったという意見をたくさんいただきました。

 参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。

№119 短歌甲子園 最終日結果報告

  盛岡より報告がありました。

全国ベスト8を賭けた決勝トーナメント。
対戦相手は、敗者復活戦を勝ち上がってきた、秋田県能代高校。
 
先鋒 所沢高校1-4能代高校
中堅 所沢高校4-1能代高校
大将 所沢高校2-3能代高校

結果、1勝2敗で残念ながら敗退。

ただ、初出場ながら全国ベスト16。
もう少し見たかったなあと、いろいろな方に声をかけてもらいました。

生徒たちは、最後まで自分たちの短歌を存分に詠んでいました。
数多くの応援どうもありがとうございました。

    

№118 補習・部活動

 7時前から剣道部が稽古。7時過ぎからテニス部もコート整備と頑張っています。

 剣道部は、昨日の「日高錬成会」でAチームが16試合中13試合を勝ち越しました。
この夏、剣道場は改修工事のため使用できません。恵まれた環境とは言えない中、本当によく頑張っています。体育館での稽古が、室内部活動が使用していない早朝に行われていることを申し添えます。 

   

  今日も補習・自習は続きます。
   
 

  1・2年生は今日も部活動や文化祭の準備で二兎追っています。午前の様子から。
  野球部は本日、試合中。結果は野球部のページでご確認ください。

   
   
   
    
     
    

№116 女子サッカー大会準備

 本日は、女子サッカー大会の会場となっています。昨日は午後雷雨でしたので、当日早朝の会場準備となりました。テントを張ったりラインを引いたりと頑張ってくれています。
    
  
  本日の組み合わせはこちら。
  浦和第一女子・浦和明の星・大宮開成・大宮南・自由の森学園・所沢
  所沢高校は第二試合(11時より)大宮南高校との対戦です。

                 

№115 短歌甲子園④ 2日目結果

 盛岡より
 短歌甲子園
2日目。決勝トーナメントをかけてリーグ戦が行われました。

 一回戦は、盛岡第二高校。2-1で勝利。

 二回戦は、福岡魁誠高校。3-0で勝利。

 結果、初出場ながら決勝トーナメント進出です。明日は、団体戦と、個人戦です。また、今夜は、わんこ蕎麦甲子園が行われます。ここでも一生懸命頑張ります。


  
 
  
 
 学校より
 わんこ蕎麦甲子園の結果はどうだったのでしょうか?
 どんなことにも、所高生には「挑戦」することを期待します。
 ガンバレ、所高!

 

 

N113 短歌甲子園② 続報

 盛岡の地より報告がありましたのでお伝えします。

 

台風の中、抽選会(姫神ホール)に到着。

   


所沢高校はFグループで、岩手県の学校と、福岡県の学校と短歌を詠み合うことになりました。

心配された台風は、抽選会のあとにはすっかり立ち去りました。その後、涼しい中、全国から参加している高校たちと一緒に、石川啄木ゆかりの土地に吟行へ出かけました。(引率者は、別のバスで、別の土地へ見学に行きます。)

石川啄木記念館、盛岡城跡公園等を歩き、その後、「偶然」と「天然」という題詠でそれぞれの生徒は二首作りました。※この二首は団体戦で使います。

今日は、これから生徒は個人戦の二首を作ります。

 

  
 

№112 後半の補習・部活動・文化祭準備

 8月29日(月)から2学期が始まります。夏休みも2週間を切りました。夏後半の活動を様々な角度からお伝えします。

   補習も自習も続いています。3年生ガンバレ!
   

 部活動はもちろんのこと、文化祭の準備・リハーサルも始まっています。
 3年生の引退後、行事の中心はいよいよ2年生に移っていきます。
  
  
  
  
  

 2兎を追う所高生としては、部活動や学校行事(校外合宿や練習試合、新人戦大会など) 
 でもまた忙しい日々を送っています。
 8月17日(水)は、野球部の試合がありました。
 新チームで臨んだ試合です。所沢北高校に勝利しました。
 詳しくは、野球部のページをご覧ください。
 明日、8月19日(金)は武蔵越生高校との対戦です。

  
   
  
  
  
  
  
 

  午後は体育館や室内部活動が行われています。
 サッカー部は雨のため急遽作戦会議となりました。
 
  

№111 文芸部 高校生短歌甲子園2016へ

 文芸部が8月17日(水)から第11回全国高校生短歌大会に参加しています。
開催地は石川啄木のふるさと岩手県 盛岡市。
本日は団体戦代詠ツアー。石川啄木ゆかりの地を訪ねて先鋒・中堅・大将の順に歌を詠んでいきます。第2日は個人戦へ。
 大会は19日まで続きますので、後日結果をお知らせいたします。

                            

№110 山口中学校への学習支援ボランティア

 夏季休業中の「山口中学校への学習支援ボランティア」は、所高KIZUNA活動の恒例行事に位置付けられています。今年も21名の生徒たちの参加がありました。
実施後、山川校長先生から写真入りのお礼状をいただきましたのでお知らせします。
いただいた写真には生徒たちが中学生に粘り強く教えていたのだろうと類推される、真剣な姿がたくさん写っていました。 
「わかりやすく伝えることのむずかしさ」「工夫して教える楽しさ」「人と関わる憙び」等、大変貴重な体験をさせていただきました。
 山川校長先生はじめ山口中学校の生徒の皆さん、大変お世話になりました。 

№109 フォーク部 うれしいエピソード

 学年末休業中の山岳部・ダンス部・ギター部に続いて、この夏はフォーク部の生徒たちが職員室のゴミ捨てを自主的に行ってくれています。昨年から休業中になると部活動の終了時を利用して請け負ってくれています。とてもうれしい出来事でしたので、皆様にお伝えします。
 また本校では、長期休業中に部活動単位でトイレ清掃を分担し、しっかりと実施していることも申し添えます。

    

№108 2年生の俳句 東京新聞に掲載

  8月15日(月)の東京新聞に、2年生の俳句が掲載されましたのでお知らせします。
 タイトルは「高校生 未来へ刻む17音」 昨年に続いて2年連続の掲載となります。
 昨年12月掲載では2名、今回3名が入選しました。掲載記事と作句をご紹介します。
 金子兜太氏、いとうせいこう氏から句評をいただいています。

   

       夏の日を 何度も何度も 七十年   

                夏風や 僕らはみんな 生きている  

                          終戦日 のんびり泳ぐ 金魚かな    

№107 山岳部インターハイ出場報告

 8月4日(木)~10日(水)の6泊7日(移動日など含む)で岡山県の蒜山で開催された第60回インターハイ登山大会に出場しました。

朝鍋鷲ヶ山・毛無山コースは、ホトトギスが鳴き、豊かなブナ林によって厳しい夏の日差しが遮られ、心地よい涼風が吹き、慣れ親しんだ初夏の奥武蔵の新緑の中を歩いているようでした。中蒜山・上蒜山、下蒜山の各コースは、中国山地の名山にふさわしい優美な山容に登山意欲をかき立てられました。しかし、他県代表は20㎏程度の荷物を担ぎながらも競歩のようなスピードで歩くという驚異的な体力を持つチームが多く、私たちは制限時間内にゴールすることが精一杯でした。また、登山行動が終わっても毎日講話やテントの設営審査、炊事審査など就寝時まで行動を審査されるという過酷な状況下にありましたので、体力・精神力の消耗は非常に大きかったと思います。そうした中で、所高の4人は、自分たちでよく考え、その場で問題点を修正しながら審査に臨むという適応能力には感心させられました。

結果は41位でしたが、埼玉県男子代表としては過去12年間で5番目の成績でしたので、何とか代表としての面目は保てたと思っています。今回なかなか登る機会のない中国山地の山に登るというたいへん貴重な経験をさせていただきました。また、多くの方々から暖かい応援をいただきました。それがあったからこそ、この厳しい大会を乗り越えられたと思っています。深く感謝いたします。ありがとうございました。

最後になりますが、全国から集まった代表校の素晴らしさに圧倒されながらも、その中で全日程を無事終えることができたことは、私たちにとって大きな自信になりました。この蒜山の山域から学んだこと、各代表校から刺激を受けたこと、それを今後に活かしていくことが、所沢高校山岳部の次なる課題です。

 


  
 

 【追記】 
 選手4名が、改めて報告に来てくれました。
大会前の緊張とは異なる 達成感・充実感のある堂々とした態度にたくましさを感じとてもうれしく思いました。これからもさらに力をつけていってほしいと思います。