所高日誌

2015年10月の記事一覧

No142 スマホの安全利用〜ワークショップ をひらきました

今年度、所沢高校で取り組んできた スマホの安全利用〜私たちのルールづくり の総まとめ としてワークショップを ひらきました。
グループごとに話し合いをおこない 所沢高校の生徒は どのようにスマホを活用すべきなのか真剣な議論が交わされました。
 
デジタルアーツ株式会社工藤陽介氏がファシリテーターとして議論をナビゲートしてくださいました。
 
はじめに、これまでの活動をふまえ、
ノースマホデーを主催した自己分析班
校内アンケートを主催した調査班
学力向上プロジェクトチームと協同しアプリ研究をすすめた活用班
で議論を交わしました。
 
その後、グループメンバーを入れ替えて、研究から見えてきたことの まとめを行いました。
 
たとえば、あるグループの策定した「ルール」の中には、大切な連絡はLINEだけで行わない
などの内容がありました。

今回の話し合いの詳細報告は12月3日に在校生に向け行います。 

No141 サイエンスアカデミー講義(化学)が行われました

 10月30日(金)5時間目、サイエンスアデミー講義が化学の授業の一環として開催されました。本年度の講師は埼玉県茶業研究所の小俣良介氏。本校の卒業生でもあります。理系の3年生向けに狭山茶の研究と未来について講義をいただきました。

   講義内容 ① 埼玉県の農業と狭山茶
          ② 埼玉県茶業研究所
          ③ 茶と研究領域
          ④ 茶の研究機能
          ⑤ 過剰な農業・肥料の問題
          ⑥ 生態系を活用した減農薬技術の開発
          ⑦ 国際化にむけた茶葉・研究

  将来研究者の道があることを知ってほしいという願いもあり、毎年所高生に関係のある方をお呼びして3年生の理科選択者に講義をお願いするものです。
  
   
 
  




   

No140 各HRで後期生徒総会の議案書の読み合わせが行われました。


 本日から平常授業に戻りました。昨日の伝達を受け、LHRではHR委員が中心となって各クラスで議案書の読み合わせを行いました。全学年模試等の返却、3年生はさらに卒業アルバム用の撮影などもあり、今日も所高生は大忙しです。一部その様子をお知らせします。資料の他、生徒手帳で規約に戻り確認をするクラスもありました。

   

  

 

No139 所高KIZUNA活動で陸上部が南小学校と交流しました

 10月29日(木)、陸上部32名の生徒が「所高KIZUNA活動」の一環として所沢市立南小学校6年生の児童(4クラス136名)と部活動(スポーツ)での交流を行いました。
  
    【交流内容】
    キャプテンによる陸上部紹介 
    準備運動
    種目別活動 100M走、50Mハードルの各種目別にグループごとの活動
    全体活動   走り方の説明と所高生の模範走
    
 4時間目終了後には給食による交流も行いました。久々の給食は懐かしかったのではないでしょうか。自分の得意分野を生かして地域貢献できることで、陸上部の生徒たちも多くのことを学ぶことができました。所沢市立南小学校の先生方、大変お世話になりました。6年生の皆さん、高校生との交流はいかがでしたか?

     
            自己紹介の様子                グループ指導


     
      全体活動(1000M)               選択:ハードル


    
                   フォームの練習

    
        選択:50M走                   給食も一緒に                  




 

No138 3年生対象大学説明会が開催されました。


 10月28日(水)二学期の中間考査が本日で終了しました。
正午からは「3年生対象 大学入試説明会Ⅱ」が開催されています。17大学(一部短期大学含む)による詳しい説明が行われ、延べ360人の生徒が参加。 説明会での真剣な様子をご紹介します。

   

   

No137 後期生徒総会の事前議案書読み合せを行いました。

 10月28日(水)11時過ぎからHR委員を中心に後期生徒総会の議案書の読み合わせを行いました。 

  
  HR委員長の司会進行で、1号議案から6号議案までの読み合わせを行っています。

 議案書読み合わせの後、監査委員による部活動の活動報告の確認作業も行われました。部活動や大学説明会で空き教室がありません。4階のオープンスペースで工夫しながら作業を進めていました。
 

No136 PTA大学見学バスツアーに行きました

 
  10月27日(火) PTA進路委員会主催 大学見学会が行われました。

    Aコース : 専修大学(生田校舎) ⇒ 明治大学(生田校舎)
    Bコース : 早稲田大学 ⇒ 東洋大学
    Cコース : 青山学院大学 ⇒ 学習院大学
  
 バスの中では保護者向けの進路研修会も行われ、大変有意義な1日となりました。各大学では学生の皆さんに大変わかりやすい説明もいただきました。今日の体験を持ち帰り、子どもたちと大学選びについて話をしたいとの感想が多数寄せられました。保護者の皆様、120名を超える申込み(一部抽選)をいただきありがとうございました。また、企画・運営等でお世話になったPTA進路委員会の皆様に感謝申し上げます。 
それでは一部をご紹介します。

        
    集合の様子 所沢駅付近にて           専修大学(生田校舎)  

               
        専修大学にて                                          明治大学(生田校舎)にて

           
        学習院大学にて                    青山学院大学にて
 

No135 中間試験接近、朝学習をお伝えします。


 10月23日(金)から中間テストがスタートします。
それぞれの学年で朝学習(自学自習)に取り組む姿が見られます。1年生の国語科が古典分野でまたおもしろい取り組みをはじめました。からくりのように様々な仕掛けが生徒を動かします。「40名限定」の看板。日を追うごとに、このプリントを取りに来る生徒が増えてきています。
 
             

  
  
 向こう側の校舎を眺めると、どのクラスにも早くから教室で学習する生徒が映ります。
 
  

   

No134 本日はノースマホデー


 10月20日(金)はノースマホデー。学校にいる間、スマホを手放してみようという取り組みです。参加は自由。昼休みに全クラスをのぞいてきました。さすが、前生徒会長も率先垂範してくれています。中には担任に預けたというクラスもあったと聞いています。
 訪ねていくうちに、挑戦してくれている生徒のいるクラスの雰囲気が全く違うことに気づきました。スマホを手放すことで「読書をしている姿」「新書紹介などの学年課題に取り組んでいる姿」「小テストの学習を声をかけながら行っている姿」「楽しそうに会話している姿」などへ変化。つまり、教室が明るくて活気があるということです。
 もちろんクラスによってはスマホ率の高いところもありました。気になって生徒に直接話を聞いてみたところ「すみません。どうしても手放せないくて。」との回答でした。会話する姿が少ないのも特徴です。スマホが息抜きなのか依存となっているのか。このあたりは「アンケート」で後日検証していきたいと思います。 今後、自主的に参加する生徒が増えていくことを期待したいと思います。

せっかくですので、挑戦中の生徒(手をあげてくれたクラスもありました。)をご紹介します。

  
 挑戦中ですと手があがったグループ  廊下からも挑戦中と声がかかりました

  
          漢字のテスト勉強中        新書紹介を書いています

  
   会話していたり読書する姿も        1年生も挑戦中 

  
    2年生の女子も挑戦中!




 

No133 「所沢市民フェスティバル」 パンフレット表紙を飾る!


 10月24日(土)〜25日(日)に行われる 『第38回 所沢市民フェスティバル』のパンフレットが届きました。生徒の作品が最優秀賞に輝き、今回表紙を飾ることになりました。美術部1年生の作品です。多くの所沢市民の皆さんの目に触れ、出かけてみようかなと思わせてくれるとても明るい作品です。
 過日も、3年生が防火ポスターで賞をいただきましたが、このように生徒が作品を通じて地域貢献できることを大変うれしく思っています。これからも美術部の応援をよろしくお願いいたします。
       

     

No132 明日はノースマホデー!

 
  10月19日(月)13:00〜 校内放送が入りました。 明日の「ノースマホデー」に向けての呼びかけです。担当生徒から具体の取り組みについて説明が行われました。回収は21日(水)目安箱となります。御協力をお願いいたします。 


    
   
      明日はノースマホデーです。

No131 本日は第8回土曜授業です


 10月17日(土)は第8回土曜公開授業です。今回は2・3時間目を公開しました。 雨で足元の悪い中でしたが、中学生やその保護者の方に来校していただきました。先日「高校の先生と語る会」でお招きいただいた中学校の皆さんも来校してくれています。学校概要の説明に興味を持ち、生徒の様子に触れて直に所沢高校を知っていただければ幸いです。本日はありがとうございました。

  

   

   

 今回は、1学年の工夫された掲示物もご紹介します。
「新聞の1面」「拡大学年通信」「すぐれた勉強方法の具体的掲示」等の定番に加え 「10月版新書紹介」「1年8組クラス新聞(文化祭特集)「ノースマホデーの呼びかけポスター」も加わりました。 この後は来年の修学旅行を見据えた事前学習発表掲示が予定されています。まずは人の目に触れることが意識化のスタートです。

    
      拡大学年通信               ノースマホデー

  
                10月 新書紹介   

 
     1-8 壁新聞         

 

 

NO130 第3回 学力向上P会議が開催されました。

 10月16日(金)の放課後、第3回学力向上プロジェクト会議が行われました。
9月の学習週間、スタディサポートの部活動別成績ランキングの結果のまとめ、11月の学校説明での発表打合せ、スマホアプリの活用報告など多岐にわたって検討をしました。
 学習週間では1年生が1時間をキープしている点が特徴的で、3年生は言うまでもなく頑張ってくれています。各部活動ごとのランキングも発表され、部活動と学習の両立について考えるよい資料が提供されました。スマホアプリ体験では、wi-fi環境に大きく影響されることも見えてきました。
 結果を公表し、きちんと分析をすることの大切さを生徒の立場からも考えていくという点で、本校の取り組みは大変素晴らしいと感じています。


  

         

No129 3年生ボキャブラリーコンテスト

 10月1日(木)LHR・総合的な学習の時間に、ボキャブラリーコンテスト(英単語)が実施され、その結果が発表されました。2年生の時点から学年全体で10点ほど平均点が上がり、生徒一人一人の日々の努力が数字に表れてきています。
 最高得点は99点。各クラスに上位者が入っているということも素晴らしいことです。この上位者の中に、夏季休業中の校内補習参加者や早朝の自学自習をしている生徒が含まれていることもお伝えしておきます。 コンテストの結果は、先日行われた模試結果ともリンクしています。進路決定に向かって進む真剣な3年生の様子をお伝えしました。
   
       
 

No.128 人権講演会

本日6,7時限に、人権教育講演会が行われました。

特定非営利法人Rebitの山下昴さん他2名を講師としてお招きし、
『LGBTってなんだろう?~互いの違いを受け入れあえる社会を目指して~』
という内容で講演していただきました。

  

初めて知ることも多く、生徒たちは真剣に講演を聴いていました。

No127 美術部 防災ポスターで優秀賞


 平成27年度 防火ポスターで本校の3年生が優秀賞に輝きました。12校92作品の応募があり、その全作品が展示されます。日程は以下のとおりです。

  日時 平成27年11月7日(土)〜8日(日) 9時から17時
  場所 小手指市民ギャラリー エバー

美術部の生徒たちは学校行事にも積極的に関わってくれています。芸術鑑賞会パンフレット、10月20日に行う「ノースマホデー」の啓発ポスターなどその実績は多数。
これからも美術部への応援よろしくお願いいたします。

                

No126 剣道男子が新人戦でベスト8へ

10月10日 城北埼玉高等学校で西部支部剣道新人戦大会でベスト8になりました。

 1回戦 所沢西  0-4
 2回戦 所沢北  0-2
 3回戦 慶応志木 1-0

剣道部は、学校学校行事の準備・片付けにいつも参加をしてくれる部活動です。
体育館通路の清掃はじめ、本校生徒の見本ともなっています。
今後も、剣道部への応援よろしくお願いいたします。


                            

No125西部地区進学フェア(所沢会場)

 10月10日(土)は 西部地区進学フェアが本校会場で開催されます。前日は、部活動の生徒を中心に準備をしました。自ら積極的に考え動くことのできる生徒たちを目の当たりにして、改めて「所高生」の力を実感しました。来校予定の31校の先生方、中学生及び保護者の皆さまを全校あげて心からお迎えしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


     【前日準備】 
    

    
       
    

  【当日風景よりご紹介】
     
  
  いよいよ正午からスタートいたします。たくさんの方のご来場をお待ちしております。

     

   

         
             【所沢高校ブースでの相談の様子】

 16:30のエピソード
剣道部・ダンス部・サッカー部・ギター部・吹奏楽部の生徒たちが片付けを担当してくれました。スピード感と連帯感をもっての片付けです。本当にすごい力。昨日の準備に加えてまたまた生徒の姿に感動です。片付け終了後、部長の指示で部員たちが整列。校長先生から直接(昨日の準備の生徒の分も含めて)お礼の言葉が生徒たちに伝えられました。この説明会は、在校生の素晴らしさを感じることのできたイベントでもありました。会場校としての所高生と先生方のおもてなしはいかがだったでしょうか。来場された皆様、ブース参加校の先生方 大変ありがとうございました。


 

No124 特別講義「フードデザイン」


 10月9日、テーブルコーデネートの基礎としての「色彩学」の講義が行われました。
 講師は杉野服飾大学 准教授 桐山征士 先生です。

  

  

  

 【感想より】
デザインとアートが違うというところから驚きました。今まで意識していなかった「無機物の色の使い方や配色にすべて意味がある」という言葉が大変印象的でした。

色の組み合わせの意味をいろいろな所から考えられるなと思いました。学ぶことで「そうか。」と納得できることを、何気なく見過ごしていました。これからはデザインというものが何かを意識しながらコーディネートをしていきたいと思いました。色遣いに意味を持たせて生活できるようになりそうです。

No123 山岳部関東大会報告

「平成27年度 関東登山大会への出場報告」

 たくさんのご声援・激励をありがとうございました。みなさんに感謝申し上げます。

さて、今年の関東大会は、下記の日時・場所で行われました。所高山岳部は、インターハイレベルの力量を要求されるA隊を生徒自らが選択し、4人とも20キロ程度のザックを担いで、しかも速いペースのなか9時間を遅れることなく歩ききりました。これは、出場した4人のみならず、部として、これまでやってきたトレーニングの成果がいかんなく発揮できたこと示すものとして私たちにとって自信になりました。

・期 日 : 平成27年10月2日() 10月4日()

・場 所 : 群馬県 上州武尊山周辺


   

   
 
    

  
 

 大会に参加してみて所高山岳部の力量は、関東でも十分通用するものであったと感じることができました。生徒たちは、積極的に行動し、なおかつ山を楽しむ余裕を持っていました。今回は親睦登山の要素が強い大会で、天候にも恵まれたので身体的・精神的な余裕があったことは否めないと思いますが、それでもこれまでの努力が結実した素晴らしい山行だったと思います。まさに全体目標である「埼玉県代表としての誇りを持って関東大会で所沢高校の実力を魅せる」は果たせたかなと思っています。

この大会への出場に関しては、選手の4人だけの力ではなく、後輩たちに影響を与え続け、関東大会への出場を目指して果たせなかった先輩たちがいて、また、選手以外の現部員たちも常に矜持を持って県大会に参加し、所高山岳部ここに在りという存在感を示し続けてくれたことによって、ようやく出場が適ったものです。諸先輩・現部員にはたいへん感謝しています。

 ただ所高山岳部は、まだまだ発展途上です。一流たることを目指して、努力するという気概はみんなが持っていますので、それに期待してこれからも一層の努力を積み重ね、さらに社会の大きな舞台で活躍できるよう精進していきたいと考えています。
今後とも皆様には、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 おわりに、この大会を通して前顧問の先生の薫陶をしっかりと受けとめている部員たちの姿を目の当たりにして先生のご指導の素晴らしさに感銘を受けました。それも関東大会へと進めた大きな要因の一つであると考えています。先生に感謝するとともに、生徒たちは、先生の教えをしっかり守って成長しているということをご披露申し上げます。

 

【その後のエピソード】
 PDCAサイクルにのせて、このあと部員たちは振り返り・まとめ・紙上報告をおこないました。この取り組みは必ず次の山行に活かされるでしょう。10月13日18時半過、わざわざ掲示完了を職員室まで報告に来てくれました。成長していく生徒たちの姿にまた感動です。