日誌

男子ソフトテニス部 関東大会県予選会 結果

5月3日(月)に表記大会の個人戦が智光山公園テニスコートにて、5日(水)に団体戦が彩の国くまがやドームにて行われました。

 

個人戦では2ペアが出場しましたが、残念ながら初戦敗退という結果に終わりました。

 

一方、続いて行われた団体戦では3回戦まで勝ち上がり、県ベスト32という結果に繋ぐことができました。

2回戦の大宮工業戦では、1ペア目が粘る試合を見せるものの辛くも敗れ、しかしその後の2ペアが見事逆転勝利を収めてくれました。

3回戦の川越高校戦では、1ペア目が3ゲーム取られた後、2ゲーム分の挽回を見せましたが、全体的な力及ばず2点先取されるという結果に終わりました。

 

試合慣れしていないドームでの戦いは、相手のサーブが思った以上に伸びてこない等、凡ミスにも悩まされたようです。

しかし、勢いに乗れた際は球威のあるストロークを放つといった思い描いたプレーもできたように感じます。

 

今大会をもって三年生部員のほとんどが引退となります。

コロナ等で思うように練習ができない期間も多くありましたが、2年と数か月の間、所沢高校男子ソフトテニス部を大いに盛り上げてくれました。

高校生活も残り1年を切っていますが、これからは各々の進路実現に向かって頑張ってください!