校長日誌

全国総文祭3年連続出場決定!今度は書道部

書道部 全国総文祭 出場決定
第34回埼玉県高校書道展で 
高垣龍成(2年)の作品が選出されました!

落葉の北浦和公園。その中の近代美術館で高校書道展が開催されている

  12月12日から開催されている北浦和の県立近代美術館で開催中の高校書道展(17日まで)を訪れました。
 本校書道部の部長、高垣龍成の作品が来年度、長野県で開催される全国高等学校総合文化祭に出展されることになりました。県展で各校1点の代表作品、合計110点の中から厳選された12作品の1つです。


写真右:右壁「秋興詩」のタイトル。下には「全国高校総合文化祭出品作品」の札

 高垣の作品は、紙に書いた「書」ではなく、「刻字」という立体作品、文字の彫刻のようなものです。一辺が6センチくらいの正方形の木(?)に書いた文字を浮き彫りにしたもの112個が整然と並んでいます。ほぼ1年がかりの力作と聞きました。
 新聞報道された12名の全国総文祭出場者リストを見ると、女子の名前ばかりが並んでいます。中に2つだけ男子の名前がありました。。所沢の「龍成」と春日部の「龍平」(川瀬龍平)です。

中央の赤地が高垣の作品。県展には合計709点が出展されている

 これで所沢高校の全国総文祭出場は3年連続となります。
 平成28年度はギター部、平成29年度は弦楽部、そして平成30年度は書道部です。いつも同じ部ではなく、様々な活躍があるのが所沢高校らしい!