校長日誌

卒業生による講演会 一橋大学准教授 加藤 圭木 氏

卒業生による講演会 ~同窓会によ在校生支援プログラム~
一橋大学准教授 加藤 圭木 氏 
「これからの社会をいきてゆく皆さんへ・社会科学の道から」

韓国ソウルの「ろうそく革命」のデモの写真を前に講演する加藤圭木氏

 本日、2年生を対象に卒業生の加藤圭木先生(社会学博士)の講演会を開催しました。
 加藤さんは2002年の卒業生でEXILEのナオトの同級生。在学中は生徒会の副会長として、また演劇部でも県大会で優勝するなど活躍されました。
 卒業後は、東京学芸大、ソウル市立大、一橋大学大学院などで歴史学を学び、現在は同大学院の社会学研究科の準教授を務めています。日韓問題の専門家として多数の著書があります。
 「所高時代にやりたいことを徹底してやったこと、そして民主主義と人権について学んだことが、研究者としての現在の自分の基礎となった」と語ってくれました。