校長日誌

文芸部 第4回高校生直木賞で活躍

文芸部 鈴木佑佳
第4回高校生直木賞の選考委員に

 直近一年間の直木賞候補作品の中から高校生が「今年の一作」を選ぶ高校生直木賞。本校文芸部の鈴木佑佳を含む21校の代表が5月7日の第4回の本選考会に出席し、須賀しのぶ『また、桜の国で』を選考した。
 参加する高校生は事前にすべての候補作を読んで選考会に臨み、3時間半におよぶ論戦を経て大逆転劇で『また、桜の国で』が選ばれたという。

 選考の過程や21名のコメントなどが下記の高校生直木賞HPに掲載されている。
 また、文藝春秋「オール讀物」6月号には、21名が写真入りで紹介されている。

 次回の参加に関して「私達には後輩というものが終ぞ出来なかったから、きっと所沢高校が参加することは無いのだろうけれど。」と掲載サイトで鈴木佑佳はコメントしているが、その後、文芸部には期待の新人が入部したらしい。
 所高文芸部の活躍は続く!