校長日誌

演劇部 県中央発表会で優秀賞 関東大会へ!

演劇部 県中央発表会で優秀賞 関東大会へ!

  様々な部活動の活躍が続いています。今回は演劇部の活躍をお伝えします。
 彩の国さいたま芸術劇場で11月17日、18日に埼玉県高等学校演劇中央発表会が行われ、本校演劇部が県代表の3校の1つに選ばれ、関東大会出場権を獲得しました。

 
 9月に県内5つの地区で合計89校で行われた地区大会で選ばれた11校が中央発表会に出場しました。各校1時間で2日間にわたってそれぞれの演劇を披露し、厳正な審査の結果、市立浦和南高校、県立新座柳瀬高校とともに本校演劇部が12月の関東大会に出場する代表校に選出されました。

第67回埼玉県高等学校演劇中央発表会パンフレット(左:表紙  右:本校紹介欄)

 以下、中央発表会パンフレットに掲載された本校演劇部の原稿を引用します。

〔中央発表会出場校より〕
埼玉県立所沢高等学校

 私たち所沢高校演劇部(とこえん)は、男子5人、女子13人の18人で今回の発表会に臨みます。
 上演させていただく「プラヌラ」では、私たちと同じ高校生をはじめ、社会で生きる人々の葛藤や言葉にできない気持ちを演じます。高校生が高校生を演じるにあたって、私たち一人ひとりが「今の自分」を見つめ直し、各々の役との違いや共通点を理解する機会を得られました。素の自分を出せないという悩みや、怪我のために部活を辞めることになった悲しさや悔しさ、SNSだけでは繋がれない人間関係などです。何か一つでも共感したり、明日を生きていこうと思っていただけたら幸いです。
 上演にあたって、日頃より指導していただいている先輩方、支えてくれる家族や仲間、そして劇場のスタッフの方々に感謝してこの舞台を創っていきます。私たちの「プラヌラ」をお楽しみください!