校長日誌

校長観戦記 野球部 春季大会県大会出場決める!

春季大会 地区予選2回戦 川越西に6-4でリベンジ
二宮8回好投、西村希望4安打
野見山4打点と好リリーフ
西村瑠真2安打1打点4出塁


 飯能市民球場に初めて足を運んだ。所高が陣取る3塁側、球場の周囲3分の一が急峻な斜面に囲まれている。その崖に桜が数本。風が吹くたび球場に花びらが舞う。
 今日は春季大会西部地区予選2回戦。所高は4月11日の富士見との1回戦、0-3とリードを許すが、そこから反撃の猛打爆発、8回、11-3、逆転のコールド勝ちを収め、川越西との2回戦に県大会進出をかける。昨年秋に負けた相手だ。
 前の試合(西武文理が武蔵越生に勝利)が延長戦となり、1時間遅れの13:30プレーボール。
 所高の先攻。スタメンは下記の通り。

1番 サード 立川 翔登
2番 ライト 西村 希望
3番 センター 江口 裕大
4番 セカンド 西村 瑠真
5番 ファースト 平 航大
6番 ショート 野見山 拓樹
7番 キャッチャー 手塚 脩斗
8番 レフト 西野 勇生
9番 ピッチャー 二宮 輝
 
試合前3塁側で円陣を組む所高チーム。右:所高のマウンド、二宮の安定した投球フォーム

 初回、所高の攻撃。先頭の立川はセンターフライで倒れるも2番の西村希望がレフト前ヒットで出塁。3番、江口のショートゴロが相手エラーで、1アウト1塁、2塁のチャンス。
 ここで打席には4番の西村瑠真が入る。引っ張ったライナーはレフト線への2塁打、先制タイムリー。 2人の西村のヒットで先制点をもぎ取った。なおも1アウト、2塁、3塁とチャンスが続く。5番平はセカンドゴロで2アウトとなったが、続く6番野見山がセンターへの2点タイムリーを放ち、初回に3点。


1回表、所高の先制点。4番西村瑠真(写真左)のヒットで西村希望が1点目のホームイン
 
 1回裏、所高のマウンドには1回戦で完投勝利を収めたエース二宮が上がる。ところがいきなり1番、2番にレフト、ライトに連続ヒットを浴び、3番打者には送りバントを決められ、1アウト、2塁、3塁の大ピンチ。
 迎える4番打者が芯でとらえた打球がライトに飛ぶ。これを西村希望がキャッチしホームへ好送球。タッチアップを狙う3塁走者は動けず、2アウト。続く5番を二宮はインコースの速球でずばっと三振を奪い無失点に切り抜けた! 明暗の分かれた1回の攻防。
 

1回表の2点目、3点目。打順6番、背番号6番の野見山が2点タイムリーを放つ
 
 2回表の所高の攻撃は二宮がファール4本粘りセンター前クリーンヒットで出塁するも無得点。その後も3回には野見山のセンター前ヒットと2つの四死球で満塁のチャンスで無得点。4回は西村希望がレフト前ヒットで出るが1塁で牽制アウト。さらに5回も西村瑠真の内野安打と平の送りバントでチャンスを作るが2残塁。追加点が遠い。

 守っては2回裏、2本のヒットと2つの四死球で2点を失った。しかしここからエース二宮は粘りの投球。ヒットは許すが要所を抑え3回から7回までスコアボードに5つのゼロを並べた。
 守備の見せ場は4回、川越西7番打者の3塁線への絶妙なセーフティーバント、サード立川が前進猛ダッシュ、間一髪でアウトに。
 この回はキャッチャー手塚の好守も光った。走者のいる場面でのショートバウンドの捕球、そして2塁盗塁阻止。手塚は終始安定した守備で試合を締めた。

 スタンドを一番沸かせた守備は5回のレフト西野。先頭打者の痛烈なライナーが西野に向かう。打球が来るだいぶ前に西野は足を滑らせ(?)しりもちを付いた。しかし打球は座ったままの西野のグラブに。続くバッターはレフトのファールグラウンドに飛球を上げる。これを西野が追う。余裕でキャッチと思った次の瞬間、所高の応援席前でまた足をとられて今度は前のめりにこけた。ダイビングキャッチではなくキャッチ後のダイビング!ボールは放さず3アウト。

6回の待望の追加点は意外な形で。満塁で平が低めのボールを空振り三振。そのボールをキャッチャーが逸らした隙に3塁走者の立川がホームにヘッドスライディング! 貴重な4点目を奪った
 
 所高待望の追加点は6回。ピッチャー二宮が2本目のヒットをセンターに運び、ノーアウト1塁。1番立川は2塁ゴロで、ゲッツーくずれで走者が入れ替わる。2番西村希望がこの試合3本目となるライトへのヒットで1アウト、1塁、3塁とする。さらに西村希望は2塁盗塁も成功。江口が内野ゴロに倒れるも4番西村瑠真が四球を選び2アウト満塁のチャンス。
 ここで1回戦で本塁打を放った5番の平が左打席に。内角を芯で捕らえた打球は1塁線ぎりぎりのファール、入っていれば3点タイムリーか。次の打球も快音、今度は3塁線ぎりぎり、これもファール。そして次の1球。ワンバウンドのボールを空振り三振! これをキャッチャーがこぼし、振り逃げ! 
 3塁走者の立川がホームにヘッドスライディング。セーフ!! やっと入った追加点、4点目。これでスコアは4-2。
 続く6番野見山はフルカウントから快音を発するセンター前クリーンヒット! 2点タイムリーで6-2とする。
 

6回の野見山の打席、この試合2本目の2点タイムリー。これが決勝点となった
 
 8回裏、先発の二宮は3安打を浴び2点を失ったが、しっかりゲームをつくり9回のマウンドをリリーフ陣に託した。2番手投手はサイドスローの2年生、阿南雷生。コントロールが定まらず、3四死球で1アウト満塁の大ピンチに。
 

9回裏、1アウト満塁のピンチでショートからマウンドに上った野見山は全球ストレートの力投で試合を終わらせた
 
 ここで再度の投手交代。滝澤監督は3番手にショートを守っていた野見山をマウンドに送る。野見山は5番打者(写真上左)の胸元に直球を続けて空振り2つを奪う。2球ボールとファールからの6球目、外角にずばっと決めて見逃し三振。
 野見山は最後のバッター(写真上右)もショートゴロに仕留めてゲームセット。全球ストレートで試合を閉め、県大会出場を決めた!!


勝利の瞬間、歓喜に沸くナイン。右:ベンチ全員で応援席へあいさつに向かう