校長日誌

りんり俳句大賞年間優秀句 佐藤功教諭

りんり俳句大賞 年間優秀句
佐藤功教諭(国語科・文芸部顧問)入選!

新学期声裏返る教師かな 佐藤 功

 公益財団法人上廣倫理財団は、道徳教育や国際交流とあわせて表現教育にも注力しています。その活動の一環として学校を対象に作文コンクールや俳句コンクールを主催しています。
 第16回りんり俳句大賞の今年度の年間優秀作品が決定し「教師部門」に佐藤功先生の句が入選しました。
 りんり俳句大賞は1学期から3学期まで学期ごとに小中高校生そして教師の4部門で選句が行われ、各学期ごとにも表彰が行われています。
 佐藤先生の作品は1学期の部で銀賞を受賞し、今回改めて年間優秀作品として佳作に選ばれました。
23,473句の応募作品のうち年間優秀句は91句。258倍の入選倍率です。
 財団のホームページには各学期ごとの入選作品も掲載されています。

マフラーの長さの分の自信かな 山本 純人

 上のリンクから3学期の部を開いて見ると、昨年度まで本校で佐藤先生とともに文芸部の顧問を務めていた山本純人先生(川越市立福原中学校)の作品も入選しているのが確認できます。また、福原中学校の生徒たちは年間を通じて何人も入選しています。今回は残念ながら所高生の入選は確認できませんでした。
 教師もチャレンジする学校っていいなぁ。