活動の記録

音楽 松山高校主催オンライン合同ライブ【フォーク部/2020年度NO.09】

8月18日(火)

本日は埼玉県立松山高校主催のオンライン合同ライブに参加させていただき、所沢高校、阪南大学高校(大阪)さん、こんねっと学院(東京)さん、常翔啓光学園(大阪)さんが参加しました。

またいつもお世話になっているWabi_Sabiの紅谷亮次さんにPAの調整をしていただきました。

全体を通してのトッパーは本校2年生バンドのアマウトでした。

一曲目  オモイアイ  (オリジナル)

ニ曲目          (オリジナル)

疾走感ある曲をニ曲披露し、リモートでも盛り上がる演奏をしました。トッパーとしてライブを盛り上げました!

 

続いて演奏した所沢高校のバンドは2年生のCrashRush

です。

一曲目  万年筆  (オリジナル)

ニ曲目  夢の行方  (オリジナル)

万年筆では曲に込めた思いを聞いている人に届けました!新曲の夢の行方は披露するのが2回目でまだ詰められるところがたくさんあるのでより良い曲にしていきたいです。リモートとはいえ久しぶりのライブだったのでとても楽しかったです。

本日はオンライン合同ライブを主催してくださった松山高校の皆さんありがとうございました!リモートライブという初めての経験でとても楽しかったです。
また今日のライブで反省点が見つかったのでより良い曲を作っていきたいです。ありがとうございました!

またPAについて紅谷さんからいろいろなことを学んだのでこれから音響の方も頑張っていきたいと思います!

【 顧問より 】 

コロナ禍において軽音楽系部活動の活動は厳しい状況におかれている。
部活動の大きな原動力となっていた大会やコンテスト、他校との合同ライブは軒並み中止となる中、練習の成果・作品発表の場 の一つの形として
今回はオンライン上での他校との合同ライブという形式を試すことになった。

ライブに際し、密を避けるため、また、なるべく良い音を届けるために 会場は 演奏会場と視聴会場の2教室を用意した。
zoomを通して どのように聴こえているかを 視聴用会場で把握しながら 音響を整えてゆき 自分たちの曲を届けることは(PAエンジニアの紅谷亮次氏の協力のおかげで)ある程度できたように思う。
やっていることは「ライブ」というよりも 映像作品や番組の制作に近かったように思う。

(当初からわかっていたことだが)ライブ特有の一体感、空気感を感じることはできなかったが、このような状況下でも 他校も踏ん張っている ことがわかり、繋がれたことは とても嬉しく心強いことだった。今回の企画が今後につながり 新しい展開になれば面白いと思う。
模索をし、様々なこと試し、はじめてわかることも多い。 
部員たちがやってみよう!と思える企画であれば 今後も様々なことを試していきたい。

顧問 中嶋

タグ 軽音