活動の記録

音楽 紅谷亮次氏バンドクリニック【フォーク部/2021年度NO.07】

6月23日(水)

 

本日はWabi_Sabi_の紅谷亮次さんにお越しいただき、ハニー・ビーのバンドクリニックをして頂きました!

 

先日大会用に撮影した動画を事前に見ていただき、それをベースに行いました。

 

教えていただいたポイントとしては、

◎AメロとBメロのグルーブ感の違いをはっきり出す

ベースラインを切り替えて明確な違いをつけ、AメロからBメロに移行するときに期待感を持たせる

◎そのときやっていることと逆の要素を入れて適度に引き締める

→だらっとした雰囲気の中リードギターが16分音符のリズムを意識しながら比較的タイトなリフを入れることで場面がだらけすぎないようにする

◎キーボードのコード運びをボーカルが歌いやすいように調整する

→コードの構成音の中で第2音と第7音は元の構成音の外に出すと目立ってボーカルが歌いづらい場合がある

 

などがありました。

 

 

今回は前よりさらに奥に深い内容で今後のアレンジに繋がる部分が沢山ありました。特に"逆の要素を少し取り入れる"という発想は明るい曲であえて悲しげなリフを入れたり、音作りをしたりすることで凝った印象を与えおしゃれになったり伝えたいことを強調できたりする手段で、とても興味深かったです。自分たちで噛み砕いてほかの曲のアレンジにも活かせるといいと思いました。

 

 高校軽音楽コンテストをはじめとした大会に向けて研究と練習を続けていきたいと思います。

クリニックをしてくださった紅谷さん、ありがとうございました。

 

ブログ係 あおこ