活動の記録

音楽 紅谷亮次氏バンドクリニック【フォーク部/2020年度NO.21】

11月28日(土)

 

本日はいつもお世話になっているマルチプレイヤーユニットWabi_Sabiのベーシスト紅谷亮次さんにお越しいただき2年生3バンドの新人戦に向けての曲を見ていただきました。

 

1バンド目 しゃけぱずる

まずしゃけぱずるは以前から見ていただいているまぼろしの前回からさらにアレンジした点やコーラス部分を見ていただきました。

 

教わったこと

・キーボードでコードを弾いていて少し印象に変化をつけたいときに元々のハーモニーに加えて第7音をそのコードの構成音より下の音で弾くとおしゃれな印象になる

・キーボードはより繊細に強弱の変化がつけられるのでシンプルなリズムパターンでもクレッシェンドを何回かループして「何かが後ろから迫ってくる感じ」など、イメージを持って強弱を工夫する

・ボーカルのみが歌っているということはあまりなく、ボーカルソロのように強調したいときも楽器隊が少しでもリズムをとっていることが多い

 

今回はキーボードとギターを中心に見ていただきましたが、特にBメロがキーボードのコードの弾き方とリズムを変えたことでおしゃれな印象と悲しげな感じとかっこよさが大幅に出てきて、とても勉強になると共にまだまだ自分たちのアレンジの未熟さを感じました。

今後はアレンジの特にキーボードとギターを課題として紅谷さんに教えていただいたことをもとにバンドメンバー全員でアイデアを出しながら作っていきたいと思います!

 

2バンド目 アマウト

アマウトは以前見ていただいた曲のメロディーを再び細かいところまで見ていただきました。

教わったこと

同じフレーズでもアクセントイントネーションが違うだけで聞こえ方も変わる。

・ベースは意外とやっていないアクセントの練習も大切!

Bメロはサビに向けての重要な部分!

(Bメロはジェットコースターでいう1番上まで上がっていく途中のところなので、上げるとこまで上げれば勝手におちるため、サビも盛り上がりやすくなる)

このようなこと踏まえて、アクセントの練習を徹底的にし、ギターのBメロのフレーズを変えて見たりしました。

今日教えて頂いた部分はもちろん、他の部分も今日のことを生かし、少しでも良いものにできるようたくさん試していこうと思います!

 

3バンド目 Crash Rush

Crash Rushは新曲の夕風を見ていただきサビの前のごちゃごちゃしていた部分などの改善したい点をベースに見ていただきました。 

 

 主にAメロを見ていただき、メロディーの変更を行い、よりメロディアスなメロディーが出来ました。また、Aメロのギターも教えていただき、ボーカルの邪魔をせず、ギターの良さを出してソロでは一気に前に出てくるといったことを学びました。

教わったこと

・仕掛けで誤魔化さない

・メロディーだけで成立させる

・何もギミックを付けずに作って後から必要な物だけ付け足していく

・アレンジやキメに逃げない

・伝えたいことをしっかりと伝える

 バンドメンバーで話し合って改善点をたくさん出してより良いアレンジをしていきたいと思います!

まとめ

 本日は3バンド全てにとって充実したものになりました。今日教わったことを各バンドで生かしていき、より良いものにしていきたいと思いました。紅谷さんは毎回演奏をしてくださるのですが、その1つ1つが自分たちにとって目指すべきものを、目で、耳で、体感でき刺激を受けることができて本当に恵まれていると感じます。改めて1回1回の学びの場を貪欲に吸収していきたいと思いました。

本日は本当にありがとうございました!

ブログ係 かずー あおこ るけ