生徒会日誌

生徒主体の個別相談会開催

3月17日(金)、入学許可候補者説明会終了後、HR委員会の協力のもと新しい所高生への

個別相談会が実施されました。

これは、1月の学校説明会での経験を活かし、有志生徒が企画・運営したものです。

2年生を中心にボランティアで総勢30人が集まり、「新所高生を対象にした今回の個別相談会は、これから始まる高校生活の第一歩を安心して踏み出してもらえるよう背中を押すため」(有志生徒企画資料より)という目的で実施されました。

これまでの経験を踏まえた入念な計画と準備のおかげで、順調に進行し、新所高生の皆さんにも満足していただけたようです。

計画では、30名程度を考えていましたが、予想を超える70名の参加があり大盛況でした。予想の倍以上の人数になりましたが、対応策も考えていたため大きな混乱はありませんでした。

 

     相談者控室の黒板           相談者を待つ所高生

       個別相談会の会場に向かう新所高生の皆さん 長蛇の列

 

個別相談会の風景7選

相談を受けた所高生にとっても貴重な体験となり、充実感を得ることができました。参加していただいた新所高生の皆さんありがとうございました。感謝します。

 

個別相談会を入学許可候補者説明会の後に生徒主体で開催するということは初めての試みでした。価値ある試みですが、有志による企画ですので来年度も実施されるかは未定です。

でも中心になって行動してくれた2年生から来年度も継続してゆけるよう、今回参加した1年生にむけて熱い働きかけがありました。こうした生徒主体の活動が定着するかどうかは、所高生自身の行動にかかっています。

新所高生の皆さん、次は「入学を祝う会」でお会いできることを私たちは心待ちにしています。決意表明、がんばってください。応援します。