所高日誌

No141 サイエンスアカデミー講義(化学)が行われました

 10月30日(金)5時間目、サイエンスアデミー講義が化学の授業の一環として開催されました。本年度の講師は埼玉県茶業研究所の小俣良介氏。本校の卒業生でもあります。理系の3年生向けに狭山茶の研究と未来について講義をいただきました。

   講義内容 ① 埼玉県の農業と狭山茶
          ② 埼玉県茶業研究所
          ③ 茶と研究領域
          ④ 茶の研究機能
          ⑤ 過剰な農業・肥料の問題
          ⑥ 生態系を活用した減農薬技術の開発
          ⑦ 国際化にむけた茶葉・研究

  将来研究者の道があることを知ってほしいという願いもあり、毎年所高生に関係のある方をお呼びして3年生の理科選択者に講義をお願いするものです。