所高日誌

音楽部 定期演奏会

定期演奏会 ご来場ありがとうございました。

 

去る613日(金)、所沢中央公民館にて第2回音楽部定期演奏会を開催いたしました。第1部から第3部までおよそ2時間、お客様からたくさんの温かい拍手をいただくことができ、最高の演奏会となりました。細かいところではやはり改善点やいたらない部分もありましたが、日頃の練習の成果を思う存分発揮し、終演後は満足感でいっぱいでした。

            
 
  

1部ではやや緊張のため表情も硬かったのですが、プログラムが進むにつれ、豊かな音楽表現ができるようになりました。第2部のミュージカルは、生徒自身がいろいろ知恵を絞って演出した作品で、少人数の部活ならではの全員キャスト。それぞれが精一杯の演技をし、学校とは全く違った姿に驚かれた方も多かったのではないかと思います。そして第3部、3年生にとっては最後のステージとなります。英語の曲ばかりで歌詞の面でも苦労しましたが、見事に歌いきりました。最後の「レ ミゼラブル」メドレーは7日に埼玉会館で歌ったばかりです。その反省を生かし迫力ある演奏ができました。

  

この演奏会を迎えるに当たり、保護者や地域の皆様はじめ多くの方々にご協力とご支援いただきましたことに、厚く御礼申し上げます。また中央公民館のスタッフの皆様には打ち合わせ、リハーサルから当日まで、不慣れな私たちのため多くのご迷惑をかけたにもかかわらず、温かい励ましの言葉や様々なアドヴァイスをしてくださり、本当に感謝申し上げます。

  

音楽部が復活して4年目、部員が少なくいろいろと大変な面もありますが、この演奏会で得たことを生かし、来年また成長した演奏を皆様にお届けできるよう、今後も頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

埼玉県立所沢高等学校 音楽部顧問

棚井 裕子