所高日誌

№82 倫理俳句大賞 銀賞

第17回倫理俳句大賞 3学期の部で、3年生が銀賞に選ばれました。

いつもより歩幅狭まる霜柱 条生 彩香(3年)
 

句末の「霜柱」という季語に至ると、突然さぁっと映像が広がり、寒い冬の朝、肩をすくめ、手をこすり合わせ、足元を気にしながら歩く姿が、読者の心に生き生きと現れます。

たった17音で世界のほんの一部分を切り取り、そのレンズを通して広いこの世界全体を感じさせる俳句という文芸の魅力を知ってもらえたらと思います。(文芸部顧問佐藤功)

 

詳しくは、「公益財団法人上廣倫理財団」のサイトをご覧ください。

http://www.rinri.or.jp/index.html

左側の第17回りんり俳句大賞「3学期の部結果発表」をクリック