活動の記録

タグ:部活動

音楽 TOKOROCK FES vol.11 開催!【フォーク部/2021年度NO.14】

8月8日(日)

本日は、練習試合は県内2校までという制約の中、合同演奏会を午前と午後の2部制にわける方式を採用し、

午前は埼玉平成高校の皆さんを、午後は草加東高校の皆さんをお招きして

本校合同演奏会 TOKOROCK FES vol.11 を開催しました。

 

 

感染症対策として、

・2バンドごとの窓を開けた換気

・各バンド終了後のマイク及び飛沫防止シートの消毒・交換

・ボーカルマイクから最前位置まで2m以上の距離の確保

・芝生エリアでの間隔確保

を徹底し、可能な限り本来の形での開催を目指しました。

 

午前の部

本校から4バンド、埼玉平成高校さんから4バンドの8バンドが演奏しました。

 

1バンド目 <レコワズルカ

1曲目 星丘公園 (コピー/Hump Back)

2曲目 クジラ雲 (オリジナル)

2021年度初の TOKOROCK FES のトップバッターを飾ったのは一年生バンドの  レコワズルカ  でした。

初めての合同ライブということで緊張する様子も垣間見えましたが、安定した演奏で合同ライブの雰囲気を創り上げました。

 

2バンド目 <なつみかん

1曲目 夢舞台 (オリジナル)

1年生バンドの  なつみかん  はこれまでのライブ経験が少ない中、初めての合同ライブということで緊張や初々しさを感じられましたが伸びしろのある堂々した演奏でした。

 

3バンド目 <しゃけぱずる。

1曲目 今 (オリジナル)

2曲目 ポプラ (オリジナル)

新体制となってから初のステージでしたが会場を「しゃけぱずる。」の雰囲気で包み込めていました!

 

4バンド目 <ハニー・ビー

1曲目 オモイアイ2 (オリジナル)

2曲目 8mm (オリジナル)

午前の部のトリを飾ったのは三年生バンドのハニー・ビーでした!

これまでのステージ経験を活かして、会場をバンドの世界観に包み込んだパフォーマンスでした。

 

 

午後の部

 

本校から4バンド、草加東高校さんから3バンドの7バンドが演奏しました。

 

1バンド目 <ヨルノピクニック

1曲目 スタート (オリジナル)

2曲目 海へ行こう (オリジナル)

午後の部トップバッターを飾ったのは2年生バンドのヨルノピクニックでした。

本校での合同ライブは初めてでしたが手拍子のできる曲を演奏し会場全体で一体感のある雰囲気を創り上げました。

今後予定されているライブや目標に向けての課題も見えました。

 

2バンド目 <レコワズルカ

1曲目 星丘公園 (コピー/Hump Back)

2曲目 クジラ雲 (オリジナル)

午前の部での演奏の反省をしっかりと活かし、堂々と演奏しました。

 

3バンド目 <しゃけぱずる。

1曲目 今 (オリジナル)

2曲目 ポプラ (オリジナル)

午前の部と同様にガールズバンドらしい雰囲気で会場を包み込みました!

 

4バンド目 <ハニー・ビー

1曲目 オモイアイ2 (オリジナル)

2曲目 8mm (オリジナル)

 

午前の部と同様にトリを飾ったのは三年生バンドのハニー・ビーでした!

残るライブの機会が少ない中で最後の本校合同ライブのステージを噛み締めるような力強くトリに相応しい演奏で

この日一番の盛り上がりを見せました。

(曲名をタップ・クリックするとYouTubeにて当日の演奏動画を視聴できます

 

 

 

本校での合同ライブは前回の TOKOROCK FES vol.10 から約4ヶ月ぶりとなり、

今回はTOKOROCK FES初となる2部制での開催で全12バンドの演奏がありました。

埼玉県内のどの学校の皆さんも同じような状況に置かれ、ライブの機会が減っている状況で無事開催できたことを嬉しく思います。  

今回参加していただいた学校の方々の中には、1年生のときにも本校の合同ライブで演奏したことがありそのときのことを覚えていて、3年生になって2年越しに再び同じステージに立って演奏をしてくださったバンドさんもいて、改めて人と人のつながりの重要さと有難さを痛感した1日になりました。

2.3年生にとってはは久しぶりの他校さんを招いてのライブとなり、1年生にとっては初めての他校の方々を招いての合同ライブだったので

ローディやPA等で至らない点も多々ありましたが、今後の企画や合同ライブに向けて反省・改善を繰り返して日々活動を続けていけたらと思います。

 

また、参加してくださった学校の方々から温かいお言葉や「楽しかった!」「また来たい」というお言葉をいただくことができたことがよかったと思います。

 

埼玉平成高校の皆様及び顧問の先生方、草加東高校の皆様及び顧問の先生、

厳しい状況下であると共に台風の上陸によりお足元の悪い中での参加本当にありがとうございました!!

 

また、照明機材の追加などにより前日設営・当日ともにご協力いただいた本校フォーク部OGの先輩、

現在の状況下での開催に向けて協力してくださった本校の先生方、本当にありがとうございました!

 

ブログ係:ぺーい

音楽 夏休みの部活が始まりました!【フォーク部/2020年度NO.05】

8月1日(土)

期末考査も終わり、夏休み初日となった本日は大掃除とYAMAHAさんにお借りした楽器のレビュー動画撮影と導入を検討中のセッションケーキの使い方の説明などを行いました!

 

まず機材の点検と備品の整理、掃除をしました。要る物と要らない物をきっちりと分け、置く場所をしっかりと決め部員同士で共有することで以前よりもっと快適に活動できるようになると思いました。

次にYAMAHAさんからお借りしているギターとベースのレビュー動画撮影を行いました。

主に1年生が何本かの楽器を弾き比べてみて、気に入った楽器やその決め手、自分が楽器を買うときの予算などいくつかの質問に答える様子を2年生が撮影しました。

最後にセッションケーキの使い方を説明しながら実際に全員が使って接続の仕方を共有した後、2年生バンドCrash Rushがセッションケーキ導入後の練習を想定したセッティングから曲を合わせるまでの流れを実践し、どれくらいの時間がかかるかを検証しました。
※セッションケーキはYAMAHAが販売する小型のヘッドフォン用アンプ。複数台接続することでヘッドフォンでバンド練習もできる静穏設計。

その後2年生でセッションケーキを使うにあたって苦労した点や気をつけなければいけない点などをまとめ、動画にして記録しました。

 

本日の活動は撮影をする場面がとても多かったのですが、今の世界の状況で映像審査の大会が増えていることもあり、わかりやすい動画の撮影や編集技術などの面も必要不可欠になってきていることを改めて感じた1日でした。これから演奏技術とともに頑張って磨いていきたいと思います。

 

ブログ係 あおこ

音楽 2019年度を振り返る【フォーク部/2019年度NO78】

※まだ年度内ではありますが、コロナウィルス関連で年度内の活動は終了となってしまいましたので 公開します。
2019年度、本部活動は、3年生1名、2年生15名、1年生12名の計28名でスタートし、2年生14名、1年生11名の計25名で年度末を迎えた。

昨年度までの活動内容の刷新を路線として踏襲し 今年度も精力的に活動した。
2019年度には 新たな取り組み として下記のことを実施した。
・1年生 育成バンド制度 の導入 
保護者会の開催
・軽井沢夏季合宿 
・オリジナル曲のレコーディングおよびCD作成 

また、
プロベーシスト紅谷亮次氏、プロギタリスト山口和也氏、作曲家割田康彦氏、ボイストレーナー浅川信
プロボーカリスト阿部仁則氏、ヤマハ 森山サトシ氏 を中心に多くの方々に講師としてご指導いただいた。
11月、1月には他校軽音楽系部活動もお招きし、複数校での 合同クリニック を実施した。

他校との交流については、台風や新型コロナウィルスの影響を受け複数回の延期や中止がありながらも、
24回の合同ライブに参加(うち5回自校開催)し、これまでに交流した高校は90校となった。

こうした活動の結果、2019年度は以下の実績(主なもののみ記載)を残すことができた。

軽音楽連盟主催大会
第7回全国高校軽音楽コンテスト グランプリ(全国第1位)受賞
 ※全国では約2000校に軽音楽系部活動があり 所属部員数は3万人超、その頂点を決める大会での第1位である。
第9回埼玉県高校軽音楽コンテスト グランプリ(埼玉県第1位)受賞
 ※県内46校70バンド中の第1位である。
第7回埼玉県軽音楽新人大会 奨励賞(埼玉県第3位相当)受賞
第5回埼玉県高校軽音楽ルーキーズフェス最優秀賞(埼玉県南部地区第1位)受賞
民間主催コンテスト
第7回とよさと軽音楽甲子園 滋賀県知事賞(全国第2位相当)受賞
 ※高校生バンドの全国規模の大会としては、軽音楽連盟主催大会、総文祭(高文連主催)、全国軽音フェスティバル(関西の軽音連主導)、TEENS ROCK IN HITACHINAKA、とよさと軽音楽甲子園 がある。
   最後の2つの大会は 軽音楽連盟 とは距離がありつつも 文部科学大臣賞 が与えられる大会である。 

第4回ガールズバンドステージコンテスト 尚美賞(関東 第4位相当)受賞
JYOJI-ROCK U22 夏大会 決勝進出
JYOJI-ROCK U16 夏大会 最優秀賞受賞
JYOJI-ROCK U16 新春大会 最優秀賞受賞
TOKYO MUSIC RISE FINAL進出


各種イベント
下北ハイスクール音楽祭夏本校より4組出演
所沢市民フェスティバル本校より4バンド出演
第21回青二祭(於:マイナビBLITZ赤坂)出場決定

2年生、1年生ともに 部員全員が活躍 をし、各学期に行われる表彰式では部員全員が一度以上登壇し表彰を受けた。
特に2年生の全4バンドはすべてのバンドが県大会3位相当以上の華々しい実績を残すことができた。 

これらの実績を残すことのできた背後には
日頃からの様々な形で部員と部活動を 応援していただいた保護者の皆様のご理解とご協力がある。
(本当に 本校フォーク部は 保護者と学校からの 理解と協力 という点では これ以上ないほどに恵まれています!)
部を代表して 深く感謝いたします。 今後ともよろしくお願いいたします。

最後に、
2020年度は 多くの実績を残してきた 現2年の代が引退し 部としては試金石の年となる。
過去に一瞬活躍した時期のある軽音楽系部活動で終わるのか、代が変わっても変わらず活躍できる部活動になるのかが試される年となる。
後者の道を進んで欲しいと顧問は導いてきたつもりだが、どちらの道を歩むのかは部員一人ひとりの意識によって決まる。
来年度は 本部活動が 自分と自分のバンド以外のことも考えられる意識の高い集団となることを願いながら
以上を2019年度の まとめ とする。


フォーク部顧問
中嶋