所高日誌

今日の所高

10月30日:第4回学校説明会

 10月30日(土)に午後1時30分から午後3時15分まで、第4回学校説明会を実施しました。当日は台風14号の影響で時折
大きな雨音がする中、中学生・保護者の計335名の方が来校されました。
     説明会は弦楽部のオープニングから始まり、校長あいさつ、学校概要、平成23年度入試、進路指導部から今春の進路結果
 及び学検問題解説(国数英)が実施されました。
  
      弦楽部の演奏                校長挨拶
 
 校長先生のあいさつでは、①所高はやりたいことができる学校、②入試まで3ヶ月半学校の授業を大切に勉強してほしい、
③入学したら所高の3年間を楽しんでほしいなどと、受検生を励ましました。
 
        問題解説                会場の様子
 
 台風の影響で出席できなかった受検生のために、次回の第5回(11月27日(土))も理科・社会の解説の後に、国語・数学・
英語の入試問題解説を予定しています。ご期待ください。

11月1日:所沢市民フェスティバル参加

所沢高校の吹奏楽部が人気バンド「JULEPS」とコラボレーション!

 10月30日(土)市制施行60周年記念「所沢市民フェスティバル」のオープニングセレモニーで、
本校吹奏楽部の演奏をバックに、所沢観光大使「JULEPS」が「WING OF LOVE」(所沢航空
発祥100周年記念テーマソング)を歌いました。
 人気バンド「JULEPS」とのコラボレーションに、生徒は緊張しながらも楽しく演奏することがで
きました。台風接近中の大雨の中でしたが、当麻よし子所沢市長さんをはじめ大勢の市民から
大きな拍手をもらいました。
 また、11月11日(木)には「JULEPS」が本校に来校し、「信じ続ければ、夢は必ず叶う」をテー
マに、全生徒に対して歌とトークを披露してくれます。
 

10月27日:椿峰小学校出前授業(地学)

 狭山丘陵に位置する椿峰小学校6年生3クラスで「わたしたちが住む地面の下」という地学分
野の出前授業をおこないました。所沢西高校、所沢中央高校の地学の先生方と協力して、地層
の観察、火山灰層の洗い出し、顕微鏡観察をおこないました。小学校のすぐ脇の崖に約30万
年前の火山灰層があり、その中にきれいな石英や角閃石の鉱物が入っていることを観察し、6
年の子どもたちも興味深く学習に取り組んでくれました。
 
理科(地学)教諭 正田浩司

10月9日:西部地区県公立高校進学フェア

「西部地区県公立高校進学フェア」が開催されました
 
 10月9日(土)午前9時から午後2時まで、本校を会場に「西部地区県公立高校進学フェア」が開催されました。当日は朝から小雨
が降る中、中学生と保護者の計806名の方が本校に来場されました。
 28校がブース参加し、他の14校が資料参加しました。ブース参加した学校では、特ある学校案内や案内表示をして、自校を
よりよく理解してもらおうと工夫をしていました。
     
                会場の様子
 
 本校のブースにも多くの中学生と保護者の方が訪れて熱心に学校の概要や校風、部活動の様子、進路の様子など、担当者から
説明を受けていました。進路選択のよい機会になったのではないでしょうか。受検生の皆さん、頑張ってください。
  
       本校のブース前