所高日誌

カテゴリ:今日の出来事

11月25日:人権教育

部落史に学ぶ人権教育 -差別といじめのない社会を創るにはー
 
東日本部落開放研究所の吉田 勉 氏に御講演いただきました。
1 若者をめぐる状況
  差別落書き、15歳の孤独度調査、社会的意欲の希薄化などの問題点と「ほっとポット」のホームレスをサポートする若者の活動
が紹介されました。
2 差別といじめが複合する社会
 部落差別の現状、根強く残る差別、同質集団の異質排除などを具体的な例で説明していただきました。絆が失われつつある社会
では差別やいじめが再生産される構造ができあがる。
3 差別といじめのない社会を創るには
 包む・つなぐ・ネットワークするという社会的ケアを通して、異質なものに開かれたコミュニティー創りが大切である。
  

11月24日:全校長距離走大会

 第53回全校長距離走大会を開催しました。柏原運動公園グランドをスタート、入間川河川敷コースで男子11km、
女子6kmの距離を走りました。
  
  開会式                     女子6km                男子11km 
  
  女子ゴール                  男子ゴール               表彰式
   

11月16日:中国高校生国際交流

 21世紀東アジア大交流計画による中国高校生の1日学校訪問が行われました。4回目の今年は、中国湖南省と上海の
高校生40名が来校しました。希望の鐘で学校概要の説明を聞いた後、1,2年生の教室で授業を見学しました。続いて、体
育館で全校生徒による歓迎式典が行われ、中国高校生が民族舞踊と合唱を披露してくれました。全体会の後、本校ギター
部,吹奏楽部、ダンス部が中国高校生に日頃の活動を披露しました。昼食は1,2年生のホームルーム委員と一緒にお弁当
を食べ交流を深めました。
   
  希望の鐘で学校概要の説明           体育館で歓迎式典       中国訪日団の団長挨拶
 
  
         民族舞踊                  合唱                  記念品交換

11月11日:在り方生き方教育

JULEPS LIVE

 第3回在り方生き方教育として、所沢出身のボーカルグループ「JULEPS」のライブを行いました。男性3人のボーカルと女性1
人のピアノからなる結成7年目のグループです。
 今回のテーマは「信じ続ければ、夢は叶う」です。音楽活動を通して自分達の夢を実現しようとするJULEPSのステージは、時
に力強く、時にやさしく心を揺さぶるような響きでした。生徒はライブを楽しむと同時に、目標に向かって努力することの大切さを感
じたようです。
  

11月4日:後期生徒総会

本日6,7時間目、体育館で2010年度後期生と総会が開かれました。今年度の体育祭、文化祭の活動総括、昨年度の生徒会、
監査委員会の活動総括を討議し、承認されました。また、今年度の生徒会、監査委員会の活動方針が承認されました。