日誌

化学部 活動日誌

つばめ児童館 実験教室

6月19日 つばめ児童館で 生徒主体の実験教室を行いました。小学生を対象に、葉脈標本のしおり作成や液体窒素を用いた実験をし、化学の楽しさに触れていただきました。

1年生の部員は初めて液体窒素に触れるという事で緊張していましたが、安全に実験を行うことができました。

コロナウイルスの影響により制限がある中でしたが、お子さんにも楽しんでいただけました。今後もこの様な活動を続けていきたいです。

(画像1枚目:葉脈標本 2&3枚目:液体窒素)

公開講座をしました

9月12日につばめ児童館で実験教室を行いました。葉脈標本と、液体窒素を使ったさまざまな実験をして、たくさんの方に楽しんでしただけました。

今回は新型コロナウイルス感染対策をして行ったため、普段とは異なる形となりましたが成功を収めることが出来ました。今後もこのような活動を行なっていこうと思います。

部員募集中!

化学部では現在、毎週月・火・金曜日3号館1階化学室で、15:30から1時間程度活動をしています。

主な活動は3Dプリンターの組み立てを行っています。3Dプリンター完成後は、実際に使っていろいろなものを作っていく予定です。

また、ガラス細工や実験(象の歯磨き粉など)もできるので、是非見に来てください!

 

 

西武園で実験ショーを行いました

化学部は、12月28日に、西武園にて液体窒素を使った実験ショーと、葉脈標本作りを行いました!

自分達が予想していたより沢山の方々にみていただくことができました!

ショーの後は液体窒素でアイス作り!!

葉脈標本作りも寒い中でしたが沢山の方々に体験していただけました!

西武園のスタッフの方々の協力もあり、とても楽しく終わらせることが出来ました!!本当にありがとうございました!

今までとは大きく違い、ステージを使った実験ショーだったのでとても緊張しましたが、小さな子ども達が笑顔になって帰ってくのを見たときは、自分達も思わず笑顔になりました。

 

今後もこの様な活動を続け、より多くの人に化学の面白さを伝えていこうと思います。 

つばめ児童館での化学教室

8月27日につばめ児童館で、化学部の顧問の先生が主体となった化学教室を行いました。
ドライアイスと液体窒素を使ったさまざまな実験を行い、お子さんや保護者の方に楽しんでいただけました。
ドライアイスの実験は初めて取り扱ったので、緊張したけれど、安全に実験できました。
今後もこのような活動を増やしていきたいです。

 

 

川の博物館での電子顕微鏡公開講座

川の博物館で電子顕微鏡を使用させて頂き、公開講座を行いました。
参加して下さった方も多く、普段見ることの難しい、物の細部まで見て頂きました。
電子顕微鏡はその名の通り、光ではなく電子で見るので、色は分かりません。
電子顕微鏡を通して化学の面白さを伝えられたのではないかと思います。

 

 

 

オランダの涙を作りました

本日、ガラス細工を行いました。ガスバーナを使ってガラス棒を熱し、曲げたり、伸ばしたり、膨らませたりしました。
また、熱したガラス棒を冷水で急冷させることでできるオランダの涙というものを作成しました。

特徴は、ハンマーで叩いても壊れず、銃弾すら粉々に砕いてしまうらしいです
ですが、作成時にできるガラスの尻尾の部分をペンチで割ることで、小さな丸いガラスがたくさんできて割れます。




つばめ児童館の夏祭りに参加しました

つばめ児童館の夏祭りに参加しました。
あいにくの天気でしたが、たくさんの方に葉脈標本のしおり作りを体験して頂きました。
これからも、お土産を作りながらも化学の楽しさに触れることができるような活動を増やしていきたいです。

最近の活動


3Dプリンターを使い始めました。
先輩方が作ったマニュアルをもとに、試行錯誤しながらも、使えるようになりました。
是非、今後の活動にご期待ください。

生涯学習センターにて科学体験と実験教室

3月9日に学習支援センターにて、化学体験と実験教室を行いました。当初はからの部分ですが定員の5倍の申し込みをいただきました。本当にありがとうございました!これからも化学実験を通して化学の楽しさを伝えていければいいと思います。
↓葉脈標本作り体験                           ↓ダイラタンシー体験
          

 ↓実験ショーの様子
         

今回は1年生が司会を担当させていただきました。少々おぼつかない説明になってしまいましたが、これを期により分かりやすく、聞いていて楽しいような教室にしようと頑張ります!