日誌

地学部 活動記録

地学部広報紙「羊歯と石炭紀」第2号

みなさんこんにちは、地学部です。

夏の暑さも少しずつ収まり、

過ごしやすくなってきました。

所沢高校では3日に体育祭が終わり、

2学期の勉強を忙しく取り組んでいるところです。

 さて、地学部では先日発行した

羊歯と石炭紀(しだとせきたんき)の

第2号を作りました。

今回は、9月によく見える星座について書きました。

下記に貼っておきますので、

是非ご覧ください。

 

 合宿や星空の観察に行きたいのですが、

今年はまだ行けていないので、

コロナウイルスに気を付けて

どこかへ行こうと計画しています。

今後の更新も楽しみにしていて下さい。

 

ダウンロードはこちらから↓

Shida_to_Sekitanki_2.pdf

 

ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

お持ちでない場合はこちらからダウンロードしてご覧ください。

入間市の鍛冶

 こんにちは、地学部です。今回は8月2日の日曜日に埼玉県入間市で行った活動について書いていこうと思います。

コロナウイルスで自粛が続きましたが、今回は感染防止を徹底して屋外での活動です。

この日は、埼玉県入間市根岸にあるお茶屋さん「中島園」さんに伺い、本物の刀を見せてもらいました。

昭和40年代に作られた刀ということで、柄の部分は江戸時代からのもので市の文化財に認定されているそうです。

当日は地学の研究会の皆さんに同伴させていただき、この刀を見せていただきました。

お茶屋さんということでご主人に淹れていただいた温かいお茶を片手にお話を伺いました。ご主人が刀を作るのを依頼した際に、鍛冶屋さんが埼玉県入間市仏子の沢で砂鉄をとっていたということを聞いたそうです。刀を作った方は今は消息不明になってしまっているそうですが、砂鉄をとる道具が残っていたことから、とっていた砂鉄を混ぜて刀を作った可能性もあるのではないかと考えさせられたというのです。詳しい証言はあまりなく、謎が多いという話でした。

 

 その後、我々は入間市博物館「アリット」へ行きました。そこで学芸員の方に聞いてみると、その砂鉄は「入間砂鉄」と呼ばれ、刀を作るにしては適しておらず、仏像などに向いているということでした。博物館では砂鉄から刀を作る取り組みを行ったことがあったそうです。その時は失敗したため、それが行われていたとは考えにくく、砂鉄が刀に混ぜられていたとは思えないそうです。

 

 砂鉄は、磁石に引きつくことでわたしたちもよく知ることですが、刀の一部として使われていたとすれば、驚きですね。謎が多いこの研究に同伴させていただいたわけですが、続くかどうかはわかりません。

 

訪問した入間市博物館「アリット」

地学部広報紙「羊歯と石炭紀」

こんにちは、地学部は広報紙「羊歯と石炭紀」を作ることにしました。

第一回の今回は、先日設置した地震計について書きました。下記に貼っておきますので、是非ご覧ください。

今後の更新も楽しみにしていてください。

 

ダウンロードはこちらから

Shida_to_sekitanki_1.pdf

 

閲覧にはAdobe Readerが必要です。

http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

お持ちでない場合はこちらからダウンロードしてご覧ください。

3年生の引退

 みなさん、こんにちは。地学部です。また更新が滞ってしまいましたが、再び更新を少しずつ再開していけたらなと思っております。今年度はコロナウイルスの影響で活動できることに限りがありますが、できる限りの活動をしていければいいと思います。

 

  さて、3年生の引退式を行いました。様々な場面でお世話になった3年生ですが一旦の区切りとして3年生からあいさつを頂き、新しい部長がこれからの部活の在り方を述べたりしました。そんな堅苦しいものではありませんでしたので、和気あいあいと過ごしているうちに時間が過ぎていきました....

 そして地学部は6月から新たに1年生を1名迎え、合計3名となりました。部員数が少ないので、地学に興味のある方は是非地学室にお越しいただければと思います。今後はプラネタリウムや望遠鏡の操作などを覚えて多様なテーマで研究や調べ学習をしていく予定です。3年生の皆さんありがとうございました!

↑3年生、部員、顧問の先生で最後に1枚!

理化教育研究発表会

私たちは、2月8日に、国立埼玉大学で行われた理化教育研究発表会に参加しました。

↑埼玉大学

理化教育研究発表会とは、 埼玉県高等学校理化研究会が主催する、高校の理科系の部活が自身の研究を発表する場で、年に1回この時期に行われています。この発表会では、順位はつかず、上位の大会(例・関東大会、全国大会など)はありませんが、毎年多くの団体が参加しています。

今回、私たちは、「富士山 宝永噴火(1707年)のテフラ観察から噴火の様子を探る」と題し、昨年の夏休み合宿のまとめとして宝永噴火に関する発表を行いました。合宿、宝永噴火については以前の記事をご参照ください。

地学部初の試みとして、今回発表したポスターをPDFにしてダウンロードできるようにしました。実際のポスター(A0版)は今学期いっぱいまで本校1号館と2号館の2階渡り廊下に掲示する予定ですので、在校生の皆さん、来校された方はそちらを直接ご覧頂ければ幸いです。

ポスターを直接ダウンロードできるようにしたため、ここでは今回の研究の詳しい説明は省略させていただきます。ポスターをご覧になって「意味不明だ」「何を言いたいんだ」などと思われた方は地学部員に直接お尋ねください。

注意事項

  • PDFを閲覧できる環境(Adobe Readerなど)が必要です。
  • 著作権は我々地学部に帰属します。
  • 無断転載は禁止です。悪用しないでください。

ポスターをダウンロード(A3カラー、846KB)

また、ポスターに載せきらなかった図は、当日は下の写真のように説明のつど紙に描いていましたが、その図もダウンロードできるようにしました。合わせてご覧ください。

噴火モデル図をダウンロード(A4白黒、346KB)


発表会当日

開会式の後、午前は、ポスターによる発表でした。

 

↑図を描きながら説明する部長。一番左のポスターが我々のもの。

午後は、パワーポイントとプロジェクタを用いての発表でした。

↑「宝永スコリアの推移」について説明する副部長兼会計。

↑部長は頑張って白板に噴火モデル図を描いてみたものの、薄暗いのでおそらく後ろの方の人には見えない・・・(この写真は感度を高くして撮影しています)

この後、閉会式を行い、終了しました。


反省会

 週が明けた月曜日の放課後、反省会を行いました。挙がった内容は

  • パワーポイントに噴火モデルを説明するアニメーションを入れた方がよかった
  • ポスター自体に噴火モデルの簡単な図を入れた方がよかった(ポスターが文字ばかり)
  • 要旨プリント、パワーポイントを作り始めるのが遅すぎた
  • いろいろ詰め込んだため発表内容が全体的に複雑怪奇になっている
  • 発表前日に初の発表リハーサルをしていた(やるのが遅い)
  • 発表前日になぜかパソコンのモニターが寿命を迎え故障し、準備がさらに遅くなった
  • 部屋が暗くてよく見えないのに思い付きで発表中白板に噴火モデルの図を描き説明しようとした
  • 北朝霞駅のバス停の場所を調べておらず、迷って遅刻した
  • ポスター発表の際に直接図を描きながら相手に説明、というのはよかった

でした。反省点は多いですが、失敗あってこその成功ということで、次回に生かせればいいと思います。また、ほかの団体の発表からいろいろなことを学べました。

この富士山の研究は今回で一区切りをつけるか、それとも継続するかまだ検討中ですが、いずれにせよ今学期の残りは富士山とはお別れして、天体の方をメインに活動しようと思います。我々は新学期までに何とかしてプラネタリウムの説明をマスターせねばならないのです・・・。

↑本校屋上から見える富士山とメットライフ(西武)ドーム