活動の記録

フォーク部 活動記録

音楽 文化祭ライブ!【フォーク部/2021年度NO.16】

9月4日(土)・5日(日)

 

2日間にわたって本校文化祭所高祭」が開催され、フォーク部は1日毎に視聴覚室ステージと中庭ステージでライブを行いました!

 

〈1日目〉

1日目は視聴覚室にステージを組んで

TOKOROCKFES in 所高祭」と題し、3学年計6バンドがパフォーマンスをしました!

 

感染症対策として視聴覚室内に入れるお客さんの数を50人まで座席の間隔を空けて声援を控えていただくことや、手指消毒や名簿の記入にご協力頂くなどを徹底して行いました。午前中のみの開催となったことを鑑み、学年ごとに分けた4部構成にし、1部ごとにお客さんの入れ替えをするようにしました。

 

1部  ハニー・ビー

1曲目 メロディー (オリジナル)

2曲目 EKIKARA (オリジナル)

3曲目 オモイアイ (オリジナル)

4曲目 8mm (オリジナル)

トップバッターを務めたのは、今回のライブが引退前最後となる3年生バンドハニー・ビーでした。集客の甲斐あってライブ開演直後にも関わらず後方の座席までたくさんのお客さんが来てくださいました!

どれも違う曲調の4曲でお客さんも楽しんでくれたと思います。文化祭ライブの開幕を彩り、これから演奏する後輩やお客さんのボルテージを上げるような気合いの入ったステージでした。

  

 

2部① しゃけぱずる。

1曲目 今 (オリジナル)

2曲目 ポプラ (オリジナル)

1部メンバーが入れ替わって3ヶ月程経ったしゃけぱずる。

ボーカルの曲の解釈に基づいたステージングが印象的でした。以前からずっと演奏してきた「今」と少し切なくてキャッチーな新曲「ポプラ」でガールズバンドらしいステージをつくりあげました。

 

2部② LiPicall

1曲目 日曜日、キミはいない。(オリジナル)

1年生バンドで唯一の出演となったLiPicallは高校生バンドではあまり見ないオシャレで大人びた新曲を披露しました。

しゃけぱずる。のポップな雰囲気から一転、ゆったりとしたLiPicallの空気で視聴覚室を包み込むようなパフォーマンスでした。 

 

 

3部 ハニー・ビー

*曲は1部と同様です。

この部もたくさんの友人がお客さんとしてきてくださり、この日1番の集客数となりました。

本当に引退前最後のステージになりましたが自分たち自身本当に楽しむことができ、気持ちのこもったステージにできたと思います。自分たちの今までの活動の成果を全て出しきれたのではないかと思います。

 

 

4部① High pop

1曲目 マイロード (オリジナル)
2曲目 新宿ナッツ (オリジナル)

 4部のトッパーとして勢いのあるステージを作ってくれました!

とても息のあった演奏で、お客さんも手拍子をしたり、拳を上げたりと盛り上がっていました!高校生らしい爽やかな1曲目とオシャレな曲調の2曲目を披露し、楽しませてくれました。

 

4部② 時の都

1曲目 雨のち雨 (オリジナル)
2曲目 Stage (オリジナル)

今回が初ステージの2年生ボーイズバンド。とても迫力のあるボーイズバンドらしい演奏をしてくれました!

ボーカルの力強い歌声に楽器隊のカッコいい演奏も相まって会場を圧倒しました。これから沢山のステージに立ってもっとライブを重ねて上手くなっていくのが楽しみなバンドです。

 

4部③ ヨルノピクニック

 

1曲目 海へ行こう (オリジナル) 
2曲目 ポジティブガール (オリジナル)

夏休みに少しずつステージに立てる機会が増えたこともあり、成長した姿を見せてくれました!

落ち着いてゆったりとした1曲目でお客さんの心を掴み、テンポ感があり爽やかな2曲目で会場を盛り上げました!

立派に「TOKOROCKFES in 所高祭」の締めを務めてくれました。

  

 

今回は縮小開催となったため全校の生徒や一般の方々に見ていただける機会を用意することは出来ませんでしたが、下記のリンクで視聴覚ステージの様子をYouTubeの再生リストにまとめてあるので是非ご覧ください!

 

↓ 2021所高祭 フォーク部 視聴覚ステージ↓ 

 https://youtube.com/playlist?list=PLh54WEkXjcl1-PjDy-RvBagCUv9uuGh65

 

 

〈2日目〉

2日目は中庭ステージにてアコースティック編成でのパフォーマンスを披露しました!

 

1組目 カマクラムツキ

1曲目 世界の秘密 (コピー/Vaundy)

2曲目 リユニオン (コピー/RADWIMPS) 

3曲目 万年筆 (オリジナル)

トップバッターはCrush rashのボーカル、カマクラムツキが務めました!

座席に座っているお客さんから廊下や教室の窓から見ているお客さんまで、たくさんの人を惹き付ける歌声とパフォーマンスで、手拍子も混じえながら会場を盛り上げました。

 

2組目 ユメノ

恋人ごっこ (コピー/マカロニえんぴつ)

2.3組目は1年生のボーカルで、バックでは3年生が演奏しました。

今至る所で耳にする「恋人ごっこ」を、原曲をリスペクトしつつユメノらしさも交えて魅力的に歌い上げ、お客さんは楽しそうに口ずさんでいました。

 

3組目 ツヅミ

嘘月 (コピー/ヨルシカ)

3組目に登場したツヅミはヨルシカの楽曲によく合った透き通るような歌声を中庭に響かせました。

雑踏としていた中庭が少しだけしっとりと聴き入るような雰囲気に包まれました。

 

4組目 れんれん

1曲目 ラストバージン (コピー/RADWIMPS)

2曲目 水平線 (コピー/backnumber)

中庭ステージのトリはハニー・ビーのボーカル、れんれんが務めました。他の3組とは異なり自分の身ひとつとギター1本で弾き語りを披露しました。

緊張している様子も感じられましたが、胸がきゅっとなるような素敵なステージでした。3年生は引退してこれからしばらく歌声を聞くことが出来ないと思うととても寂しく思います。

 

中庭ステージの様子も下記のリンクにまとめてあるので、 是非ご覧ください!

↓2021 所高祭 フォーク部 中庭ステージ↓

https://youtube.com/playlist?list=PLh54WEkXjcl06KW0RWQ1SusENdbXmribm

 

  

 

当初の予定では、視聴覚でのライブと中庭のアコースティックステージを2日間どちらも行える予定でした。感染拡大によりステージに立てる回数が少なくなってしまったことは非常に残念でしたが、制限の中でもたくさんのお客さんが来てくださり、有人でライブができることのありがたさと楽しさを切に感じることが出来た2日間でした。

 

大変な状況の中所高祭を開催・運営してくださった総務の方々、協力してくださった先生方、そしてフォーク部のステージを見に来てくださったたくさんの方々本当にありがとうございました!

  

 

 ─────────────────

 

2年5ヶ月部活をやってきた3年生の引退前最後のステージ。

“ハニー・ビー”としては最後まで走り抜けた5ヶ月間。

所沢高校フォーク部で過ごした時間は僕たちにとってかけがえのないものになりました。

指導してくださった先生方や外部講師の方々をはじめたくさんの方々にお世話になりました。本当にありがとうございました。

そして最後にステージに立たせて頂き、本当に感謝です。

ありがとうございました。

ハニー・ビー

 

そして、この記事をもって3年ブログ係の担当は最後となりました。拙い文章でしたがここまで見てくださってありがとうございました!

ブログ係  るけ  あおこ

音楽 ハニー・ビー&レコワズルカレコーディング!【フォーク部/2021年度NO.15】

8月23日(月)

 

本日は日頃からお世話になっているWabi_Sabiのベーシスト紅谷亮次さんにお越しいただき、ハニー・ビーとレコワズルカのレコーディングを行いました!

 

両バンドとも初めに楽器パートのみを一斉に録って作成したカラオケ音源にボーカル・コーラスを入れていく方法で行いました。

 

△レコワズルカは初めてのレコーディングでした。コーラスの音程に苦戦している場面もありましたが、メンバー同士で指摘したり励ましの言葉をかけたりしながら和気藹々とした雰囲気の中で進んでいました。

 

△ハニー・ビーは新しく作った2曲をレコーディングしました。今回は、前回「8mm」をレコーディングしたときよりも自分たち自身がかっこいいと思うものややりたいことがさらに明確になっていて、よりスムーズに進んだように感じました。引退前最後のレコーディングでしたが、ミックスをする前の状態で既にかっこいい!と思えるものが仕上がったのでとても充実した楽しい時間でした。今までの活動の集大成が表れた活動だったと思います。

 

 

両バンドとも予定通りにレコーディングを終え、今回も前回同様紅谷さんにミックス作業をお願いさせていただきました。

 

レコーディングという作業を通して楽曲をしっかりとした形として残せることはとても嬉しいことであり、ライブとはまた違った形で丁寧に演奏をすることで自分たちの曲が好きになってさらに愛着が湧いたり、曲への理解が深まったりするとても貴重で大切な経験だと改めて感じました。

 

レコーディングをして下さった紅谷さん、本当にありがとうございました!

 

 ブログ係 あおこ

 

音楽 TOKOROCK FES vol.11 開催!【フォーク部/2021年度NO.14】

8月8日(日)

本日は、練習試合は県内2校までという制約の中、合同演奏会を午前と午後の2部制にわける方式を採用し、

午前は埼玉平成高校の皆さんを、午後は草加東高校の皆さんをお招きして

本校合同演奏会 TOKOROCK FES vol.11 を開催しました。

 

 

感染症対策として、

・2バンドごとの窓を開けた換気

・各バンド終了後のマイク及び飛沫防止シートの消毒・交換

・ボーカルマイクから最前位置まで2m以上の距離の確保

・芝生エリアでの間隔確保

を徹底し、可能な限り本来の形での開催を目指しました。

 

午前の部

本校から4バンド、埼玉平成高校さんから4バンドの8バンドが演奏しました。

 

1バンド目 <レコワズルカ

1曲目 星丘公園 (コピー/Hump Back)

2曲目 クジラ雲 (オリジナル)

2021年度初の TOKOROCK FES のトップバッターを飾ったのは一年生バンドの  レコワズルカ  でした。

初めての合同ライブということで緊張する様子も垣間見えましたが、安定した演奏で合同ライブの雰囲気を創り上げました。

 

2バンド目 <なつみかん

1曲目 夢舞台 (オリジナル)

1年生バンドの  なつみかん  はこれまでのライブ経験が少ない中、初めての合同ライブということで緊張や初々しさを感じられましたが伸びしろのある堂々した演奏でした。

 

3バンド目 <しゃけぱずる。

1曲目 今 (オリジナル)

2曲目 ポプラ (オリジナル)

新体制となってから初のステージでしたが会場を「しゃけぱずる。」の雰囲気で包み込めていました!

 

4バンド目 <ハニー・ビー

1曲目 オモイアイ2 (オリジナル)

2曲目 8mm (オリジナル)

午前の部のトリを飾ったのは三年生バンドのハニー・ビーでした!

これまでのステージ経験を活かして、会場をバンドの世界観に包み込んだパフォーマンスでした。

 

 

午後の部

 

本校から4バンド、草加東高校さんから3バンドの7バンドが演奏しました。

 

1バンド目 <ヨルノピクニック

1曲目 スタート (オリジナル)

2曲目 海へ行こう (オリジナル)

午後の部トップバッターを飾ったのは2年生バンドのヨルノピクニックでした。

本校での合同ライブは初めてでしたが手拍子のできる曲を演奏し会場全体で一体感のある雰囲気を創り上げました。

今後予定されているライブや目標に向けての課題も見えました。

 

2バンド目 <レコワズルカ

1曲目 星丘公園 (コピー/Hump Back)

2曲目 クジラ雲 (オリジナル)

午前の部での演奏の反省をしっかりと活かし、堂々と演奏しました。

 

3バンド目 <しゃけぱずる。

1曲目 今 (オリジナル)

2曲目 ポプラ (オリジナル)

午前の部と同様にガールズバンドらしい雰囲気で会場を包み込みました!

 

4バンド目 <ハニー・ビー

1曲目 オモイアイ2 (オリジナル)

2曲目 8mm (オリジナル)

 

午前の部と同様にトリを飾ったのは三年生バンドのハニー・ビーでした!

残るライブの機会が少ない中で最後の本校合同ライブのステージを噛み締めるような力強くトリに相応しい演奏で

この日一番の盛り上がりを見せました。

(曲名をタップ・クリックするとYouTubeにて当日の演奏動画を視聴できます

 

 

 

本校での合同ライブは前回の TOKOROCK FES vol.10 から約4ヶ月ぶりとなり、

今回はTOKOROCK FES初となる2部制での開催で全12バンドの演奏がありました。

埼玉県内のどの学校の皆さんも同じような状況に置かれ、ライブの機会が減っている状況で無事開催できたことを嬉しく思います。  

今回参加していただいた学校の方々の中には、1年生のときにも本校の合同ライブで演奏したことがありそのときのことを覚えていて、3年生になって2年越しに再び同じステージに立って演奏をしてくださったバンドさんもいて、改めて人と人のつながりの重要さと有難さを痛感した1日になりました。

2.3年生にとってはは久しぶりの他校さんを招いてのライブとなり、1年生にとっては初めての他校の方々を招いての合同ライブだったので

ローディやPA等で至らない点も多々ありましたが、今後の企画や合同ライブに向けて反省・改善を繰り返して日々活動を続けていけたらと思います。

 

また、参加してくださった学校の方々から温かいお言葉や「楽しかった!」「また来たい」というお言葉をいただくことができたことがよかったと思います。

 

埼玉平成高校の皆様及び顧問の先生方、草加東高校の皆様及び顧問の先生、

厳しい状況下であると共に台風の上陸によりお足元の悪い中での参加本当にありがとうございました!!

 

また、照明機材の追加などにより前日設営・当日ともにご協力いただいた本校フォーク部OGの先輩、

現在の状況下での開催に向けて協力してくださった本校の先生方、本当にありがとうございました!

 

ブログ係:ぺーい

音楽 埼玉県軽音楽コンテスト決勝ライブ!【フォーク部/2021年度NO.13】

8月6日(金)

 本日はさいたま市民会館おおみやにて令和3年度(第11回)埼玉県高校軽音楽コンテストの決勝ライブが行われ、本校からハニー・ビーレコワズルカが出場しました。

 

△ハニー・ビーは今までしてきた練習や色々な方から頂いた言葉、これまで積んできた2年半程の経験が自分たちのやりたい音楽で活きていた演奏ができました。

 

 

△レコワズルカも1年生とは思えない堂々としたパフォーマンスで、会場内が明るいレコワズルカの空気感に包まれていました。2バンドとも、細かなミスなどはあったものの今までの練習が存分に発揮された良いステージでした!

 

 結果としては賞をいただくことは出来ませんでしたが、2バンドとも自分たちの納得のいく演奏を全力でやりきれて、楽しかったという声が多く聞こえました。何より現在の状況の中大きなホールで今のバンドで演奏できたことも貴重で価値の高い経験になったのではないかと思います。今日一人一人がそれぞれ考えたことや感じた気持ちは今後の活動の糧にしてより一層の飛躍に繋がるのではないかと感じました。

見学として来た1年生の部員も今日見て得たものをこれから自分の活動になにかプラスの要素として活かしてくれることを願います。

 

たくさんのアドバイスやアイデアをくださった講師の方々、応援や激励の言葉をくださった友人や先輩方、技術面でも気持ちの面でもとても力になりました。ありがとうございました!  

 

そして大変な状況の中大会を開催してくださった軽音楽連盟の顧問の先生方、PA・照明スタッフの方々、競演した他校の皆様と顧問の先生方、大変お世話になりました。本当にありがとうございました!

 ブログ係 あおこ

【顧問より】
両バンドとも ストイックに練習に臨み 申し分のない仕上がりであったし とても良い演奏をした。これまで顧問として このステージに送り出してきた他のバンドに一歩も引けをとらない立派なものであった。
結果は、賞なし! であったが、演奏後は様々な方々から たくさんの好意的な感想をいただくこともできた。
応援してくださった皆様に感謝を! ありがとうございました!

顧問:中嶋

音楽 埼玉県軽音楽コンテスト決勝(8/6)進出!【フォーク部/2021年度NO.12】

7月28日 令和3年度(第11回)埼玉県高校軽音楽コンテスト 動画予選審査の結果が発表されました。
本校からは1年生バンドのレコワズルカ3年生バンドのハニー・ビーが エントリーし 両バンドとも8月6日に 市民会館おおみや で行われる決勝ライブに進出することが決まりました。
※動画予選審査には県内42校43部活62バンドのエントリーがあり上位20バンドが決勝に進出。
※決勝ライブは参加校の部員のみ観覧可、一般は非公開となります。






県大会決勝ライブの上位2バンドは8月20日に行われる全国高校軽音楽コンテストに出場することができます。
県大会決勝ライブでも良い演奏ができるようにベストを尽くしていきたいと思います。
応援のほど宜しくお願いいたします。


顧問 中嶋

音楽 紅谷亮次氏バンドクリニック【フォーク部/2021年度NO.11】

7月15日(木)

 

本日はWabi_Sabiの紅谷亮次さんにお越しいただきハニー・ビー、レコワズルカ、なつみかん、LiPicallのバンドクリニックをしていただきました!

さらに去年卒業したOGで結のボーカルの大江百々花さんも来て下さり、コーラスなどを中心にご指導頂きました。

 

ハニー・ビーは埼玉県高等学校軽音楽コンテストに提出する動画撮影の本番を週末に控え、最終調整のような形でバンドクリニックをしました。リードギターの音色やキーボードの音域の幅など細かい修正をしたり、コーラスパートを確認したりして撮影までに残り少ない時間で自分がやらなければいけないことを再確認出来ました。 

 

1年生は初めてのバンドクリニックで、各バンドたくさんの質問を紅谷さんにしていました。その疑問をベースにバンドアレンジの基本的なやり方や音色の作り方など今後必ず重要となることを多く教えていただきました。余すことなくインプットして、これからのアレンジでアウトプットできるといいと思います。

 

今回は1年生と3年生がクリニックをして頂きましたが、自分たちがクリニックを受けてないときも同じ教室で他のバンドのクリニックを見ていて自分たちのバンドが教えてもらったこと以上のことを吸収できた日でした。得られる情報は有効に活用してこれからに活かせるといいと思います。

 

バンドクリニックをしてくださった紅谷さん、大江百々花さん、本当にありがとうございました!

 

ブログ係 あおこ

 

 

 

音楽 演奏動画撮影!【フォーク部/2021年度NO.10】

7月11日(日)

本日は夏の大会に提出する演奏動画と1年生が初めて作ったオリジナル曲の演奏動画を撮りました!

教室に撮影用のステージを組み、スニーカーエイジエントリーバンド、ハニー・ビー、1年生バンドBegoNia、なつみかん、LiPicall、レコワズルカの計5バンドを撮影しました。

スニーカーチームは動画審査前最後の撮影で、衣装も揃って以前より演奏もまとまりを感じました。

ハニー・ビーの曲は完成度も上がってきているので細かい部分やパートごとに個人で詰める部分を洗い出して詰める作業をしていきたいと思います。

1年生は初めて作ってバンドアレンジをした状態のオリジナル曲のお披露目でしたが、とても緊張をしている様子が見て取れる中、現時点での曲を精一杯演奏し、先生と上級生がアドバイスをしながらこれからの課題をそれぞれが見つけました。

 

今日はテスト期間が明けて久しぶりに全員が集まってバンドで教室内でもステージらしいステージができた日でした。今なおライブができる機会が少ない状況なのでこのような機会も1回1回を大事に楽しみながらできたらいいなと思います。

ブログ係 あおこ

音楽 夏の大会・コンテスト概要【フォーク部/2021年度NO.09】

昨年度は多くの大会・コンテストが中止や延期となりましたが、今年度は様々な工夫を凝らし多くの大会・コンテストが開催されそうです。
関係者の皆さまに心より感謝いたします。 
以下、本校フォーク部が参加を予定している大会・コンテストになります。
 

①第11回埼玉県高校軽音楽コンテスト

    埼玉県軽音楽連盟主催の最上位の大会/県大会
 動画予選⇒決勝ライブ
 本校からは ハニー・ビー、レコワズルカ が参加
 決勝:8月6日 会場:市民会館おおみや
 上位大会:上位2校は8月の第9回全国高校軽音楽コンテストへ進出
 観覧:参加校部員のみ可
 主催:埼玉県高校軽音楽連盟 

②第9回全国高校軽音楽コンテスト
    全国軽音楽連盟主催大会/高校軽音楽の頂点/全国規模
 開催日:8月20日 会場:市民会館おおみや
 観覧:未定
 主催:全国高校軽音楽連盟

③We are sneaker ages
 40年の歴史を誇る関西発祥の大会。今年から各地区大会から先の 全国大会が開催/全国規模
   関東甲信越動画予選⇒関東甲信越グランプリ大会⇒全国大会
 本校からは 2年生スニーカーチーム が参加
 関東甲信越グランプリ大会 開催日:8月6日 会場:サンピアンかわさき
 上位大会:上位3校は12月開催の全国大会へ進出
 観覧:配信ライブ
 主催:スニーカーエイジ実行委員会/三木楽器グループ

 
④全国高校選抜ロックフェス2021
 全国の有力校が参加する動画コンテスト/全国規模
   動画審査により応募後、入選作品発表
 ⇒8月30日に金・銀・銅賞作品発表
 本校からは しゃけぱずる。、ハニー・ビー 他が参加
 観覧:WEB上
 主催:主催:全国高等学校選抜ロックフェス実行委員会/一般社団法人徳島新聞社/四国大学 
 協賛:株式会社ヤマハミュージックジャパン/株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントSDグループ
 協力:一般社団法人全国楽器協会
 
⑤全国高校生アマチュアバンド選手権 TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2021
 2004年から国営ひたち海浜公園水のステージにて毎年開催されている高校生のバンド選手権。
 優勝バンドには ROCK IN JAPAN FESTIVALでのステージ演奏権と文部科学大臣賞が送られる。
 動画審査⇒決勝
 決勝:8月12日 
 会場:国営ひたち海浜公園 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021 GRASS STAGE 左記中止のため ⇒ 会場未定
 主催:一般社団法人ひたちなか青年会議所
 後援:文部科学省(予定)/茨城県教育委員会(予定)/ひたちなか市(予定)/ひたちなか市教育委員会(予定)
 協力:ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021 事務局/
    ひたちなか音楽のまち実行委員会(予定)
    JCIひたちなか ジュニアクラブ
    TEENS ROCK IN AICHI 実行委員会

⑥第5回ガールズバンドステージコンテスト
 東京・神奈川・千葉の有力校が多く参加する民間主催のコンテスト/関東大会規模
 動画予選⇒決勝
 決勝:7月28日 会場:尚美ミュージックカレッジ バリオホール
 本校からは しゃけぱずる。 が参加
 観覧:配信ライブ
 主催:ガールズバンドステージコンテスト実行委員会
 協力:尚美ミュージックカレッジ専門学校
 後援:文京区/公益社団法人日本ユネスコ協会連盟

⑦JYOJI-ROCK U22
 東京の有力校が多く参加する民間主催のコンテスト
 音源審査⇒本選
 本選日程:8月11日から20日
 準決勝:8月23日から26日
 決勝:8月29日
 会場:吉祥寺ROCK JOINT GB
 観覧:有観客&配信ライブ
 主催:JYOJI-ROCK事務局/ROCK JOINT GB

  
⑦JYOJI-ROCK U17
 東京の有力校が多く参加する民間主催のコンテストの1,2年生大会(例年は1年生大会)
 エントリーのみでライブ審査に出場可
 時期:7月29日,30日に出演 会場:吉祥寺ROCK JOINT GB
 上位大会:各日の最優秀賞はU22大会へ進出 
 観覧:有観客&配信ライブ
 主催:JYOJI-ROCK事務局/ROCK JOINT GB

⑧TOKYO MUSIC RISE FINAL
 東京の有力校が多く参加する民間主催のコンテスト
 TOKYO MUSIC RISE 各会場予選の上位バンドが参加
 FINAL:8月25日 会場:渋谷 TSUTAYA O-Crest 
 本校からは ハニー・ビー が参加
 観覧:配信ライブ
 主催:Tokyo Music Rise 実行委員会/宮地楽器Zippal Hall
 協賛:株式会社ソニーミュージックエンタテイメントSDグループ/
      インディーズ音楽配信サイトEggs/
      株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント/
      株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス/
      専門学校東京ビジュアルアーツ


ひとつひとつのステージを大切に挑ませます。
応援のほど宜しくお願いいたします。

顧問 中嶋

音楽 紅谷亮次氏バンドクリニック【フォーク部/2021年度NO.07】

6月23日(水)

 

本日はWabi_Sabi_の紅谷亮次さんにお越しいただき、ハニー・ビーのバンドクリニックをして頂きました!

 

先日大会用に撮影した動画を事前に見ていただき、それをベースに行いました。

 

教えていただいたポイントとしては、

◎AメロとBメロのグルーブ感の違いをはっきり出す

ベースラインを切り替えて明確な違いをつけ、AメロからBメロに移行するときに期待感を持たせる

◎そのときやっていることと逆の要素を入れて適度に引き締める

→だらっとした雰囲気の中リードギターが16分音符のリズムを意識しながら比較的タイトなリフを入れることで場面がだらけすぎないようにする

◎キーボードのコード運びをボーカルが歌いやすいように調整する

→コードの構成音の中で第2音と第7音は元の構成音の外に出すと目立ってボーカルが歌いづらい場合がある

 

などがありました。

 

 

今回は前よりさらに奥に深い内容で今後のアレンジに繋がる部分が沢山ありました。特に"逆の要素を少し取り入れる"という発想は明るい曲であえて悲しげなリフを入れたり、音作りをしたりすることで凝った印象を与えおしゃれになったり伝えたいことを強調できたりする手段で、とても興味深かったです。自分たちで噛み砕いてほかの曲のアレンジにも活かせるといいと思いました。

 

 高校軽音楽コンテストをはじめとした大会に向けて研究と練習を続けていきたいと思います。

クリニックをしてくださった紅谷さん、ありがとうございました。

 

ブログ係 あおこ

 

 

レコーディング2日目【フォーク部/2021年度NO.06】

6月13日(日)

 

本日はWabi_Sabiの紅谷亮次さんにお越しいただき、先週に引き続きハニー・ビーのレコーディングを行いました!

 

今回はギター2本、キーボード、ボーカルパートを録音しました。

特にリードギターとキーボードは紅谷さんが作成してくださったデモ音源のアレンジを実践しながらの録音で少し苦戦した場面もありましたが、そのアレンジの理論的な仕組みやコードの構成、弾き方などを教えていただきながら録音出来たので、ただ自分で曲をコピーするだけでは得られない新たな発見や収穫があったように思います。

ボーカルは1日目の最初に録音した仮歌より格段に良いファーストテイクを繰り出し、コーラスも追加して全日程2日間のレコーディングは終了しました!

 

2年生のときにそれぞれのバンドでレコーディングをしたときより個人個人が成長して知識も増えていたこともあってより充実していてアグレッシブなレコーディングになったのではないかと思いました。

今後は紅谷さんがミックスしてくださる今回録音した音源を使って夏の大会に向けて練習を重ねていきたいと思います。

 

レコーディングをしてくださった紅谷さん、本当にありがとうございました!

ミックスや今後のレコーディングなどもどうぞよろしくお願い致します!

 

ブログ係 あおこ