校長挨拶
   御挨拶
 
 本校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。また、日頃より、本校の教育活動に御理解と御協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、本校は、明治31(1898)年に設立された「共立英和學舎」に始まる創立122年目の伝統校です。埼玉県内では4番目、西部地区では最も古い歴史を誇ります。創立の翌年に制定された「入学者心得書」の第3条には、「本學舎ハ勉メテ自動的ノ方針ヲ取リ相互ニ學術智識ノ交換ヲ爲シ共ニ研礪セシムルヲ以テ旨トス」とあります。生徒の自主的な活動を重視し、生徒同士が互いに教え合う「協調学習(アクティブラーニング)」を先取りしたような大変先進的且つ画期的な学校であったことが窺えます。その伝統と校風は、現在の本校にも脈々と継承されています。
 「十人十色-生徒の数だけ色がある」これは、創立120周年目に、当時在籍していた生徒が考えた本校のキャッチコピーです。生徒には、様々な「色」即ち特徴や個性があります。生徒には、本校において、自分自身の「色」をさらに濃く、伸ばすよう努めるとともに、他の「色」を持った他の生徒達と積極的に交わり「相互に学術・知識を交換し」、切磋琢磨して、自身の成長に繋げていただきたいと考えています。
 「明治」・「大正」・「昭和」・「平成」と、我が国にとって激動の時代であった近現代史を通じ、普遍的に受け継がれてきた本校の輝かしい伝統や校風を継承しつつ、「令和」の所沢高校を創るのは、現在の在校生とこれからの入学生一人一人です。
 今、ホームページを御覧の中学生の皆さん、本校の自由で活気ある校風のもとで、充実した高校生活を送るとともに、将来の「夢」や「志」を実現してみませんか。皆さんの入学を心からお待ちしています。
 結びに、今後も本校のホームページを御覧いただくとともに、本校への御理解と御支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
   
 校長 佐久間 博正