化学部


▼活動内容
 現在は地元名産の茶葉を利用した燃料電池用の非白金触の研究を中心におこなっています。今後も、身近な物質を利用した燃料電池の研究を進めていきたいと考えています。
また、所高「KIZUNA」活動の一環として、小学生科学実験教室(化学部員による出前化学実験授業)を実施しています。

 顧問と相談しながら日頃の疑問や教科書から興味ある実験を自分で選び、実験を進めていく個人研究ができます。液体窒素など様々な物質を扱い、自分たちで考えながら実験を進めています。
 
日誌

化学部 活動日誌

西武園で実験ショーを行いました

化学部は、12月28日に、西武園にて液体窒素を使った実験ショーと、葉脈標本作りを行いました!

自分達が予想していたより沢山の方々にみていただくことができました!

ショーの後は液体窒素でアイス作り!!

葉脈標本作りも寒い中でしたが沢山の方々に体験していただけました!

西武園のスタッフの方々の協力もあり、とても楽しく終わらせることが出来ました!!本当にありがとうございました!

今までとは大きく違い、ステージを使った実験ショーだったのでとても緊張しましたが、小さな子ども達が笑顔になって帰ってくのを見たときは、自分達も思わず笑顔になりました。

 

今後もこの様な活動を続け、より多くの人に化学の面白さを伝えていこうと思います。 

つばめ児童館での化学教室

8月27日につばめ児童館で、化学部の顧問の先生が主体となった化学教室を行いました。
ドライアイスと液体窒素を使ったさまざまな実験を行い、お子さんや保護者の方に楽しんでいただけました。
ドライアイスの実験は初めて取り扱ったので、緊張したけれど、安全に実験できました。
今後もこのような活動を増やしていきたいです。

 

 

川の博物館での電子顕微鏡公開講座

川の博物館で電子顕微鏡を使用させて頂き、公開講座を行いました。
参加して下さった方も多く、普段見ることの難しい、物の細部まで見て頂きました。
電子顕微鏡はその名の通り、光ではなく電子で見るので、色は分かりません。
電子顕微鏡を通して化学の面白さを伝えられたのではないかと思います。

 

 

 

オランダの涙を作りました

本日、ガラス細工を行いました。ガスバーナを使ってガラス棒を熱し、曲げたり、伸ばしたり、膨らませたりしました。
また、熱したガラス棒を冷水で急冷させることでできるオランダの涙というものを作成しました。

特徴は、ハンマーで叩いても壊れず、銃弾すら粉々に砕いてしまうらしいです
ですが、作成時にできるガラスの尻尾の部分をペンチで割ることで、小さな丸いガラスがたくさんできて割れます。




つばめ児童館の夏祭りに参加しました

つばめ児童館の夏祭りに参加しました。
あいにくの天気でしたが、たくさんの方に葉脈標本のしおり作りを体験して頂きました。
これからも、お土産を作りながらも化学の楽しさに触れることができるような活動を増やしていきたいです。

最近の活動


3Dプリンターを使い始めました。
先輩方が作ったマニュアルをもとに、試行錯誤しながらも、使えるようになりました。
是非、今後の活動にご期待ください。

生涯学習センターにて科学体験と実験教室

3月9日に学習支援センターにて、化学体験と実験教室を行いました。当初はからの部分ですが定員の5倍の申し込みをいただきました。本当にありがとうございました!これからも化学実験を通して化学の楽しさを伝えていければいいと思います。
↓葉脈標本作り体験                           ↓ダイラタンシー体験
          

 ↓実験ショーの様子
         

今回は1年生が司会を担当させていただきました。少々おぼつかない説明になってしまいましたが、これを期により分かりやすく、聞いていて楽しいような教室にしようと頑張ります!

電子顕微鏡の公開講座

 2月17日に所高の化学室にて、電子顕微鏡を使った公開講座を行いました。約20人もの参加者に来て頂き、何千分の1という超ミクロな世界を体験して頂けました。普段使っている物や何気ない生き物でも、見方を変えてみると面白いという事を伝えられたと思います。

今回見たものの例としてスポンジと激落ち君で、両方とも同じ倍率です。激落ち君の方がより細かい構造をしている事が分かります。

   ↓スポンジ(×100)            ↓激落ち君(×100)
      
今回の公開講座にあたって協力してくださった日立ハイテクノロジーズさんと参加してくださった方々、本当にありがとうございました。

西武園ゆうえんちにて化学実験ショー

 12月22日に西武園ゆうえんちで液体窒素を使った化学実験ショーを行いました。
天候不良のため急遽、予定の変更をしましたが、問題なく進めることができ、かつ来てくださった方に化学の楽しさを伝えられたので良かったと思います。一年生としても、初めて行う体験があり、今まで以上に多くのことを学べました。
 今回の体験をもとに、次回の実験ショーでさらに活用していきたいと思います。


吾妻公民館の文化祭

11/4に吾妻公民館の文化祭に化学部がブースとして実験ショーや葉脈標本作り、ダイラタンシーを体験してもらいました。
二回目の実験ショーで雨が降ってきて大変でしたが、見ている方々も興味をもって見てくれていたので、よかったです。
 ▼活動実績    

・第68回埼玉県科学教育振興展覧会地区展

      「茶葉を利用した非白金触媒燃料電池セルの小型化と集積による性能評価」優秀賞

68回埼玉県科学教育振興展覧会 県中央展 優良賞

 

・埼玉県サイエンスアカデミー事業に参加 埼玉県茶業研究所訪問

 

・所沢市吾妻公民館 子ども科学実験教室 企画・実施

・県立学校公開講座「こども科学実験教室」実験指導(夏)

   (協力)日立ハイテクノロジー

・県立学校公開講座「こども科学実験教室」実験指導(冬)

   (協力)西武園ゆうえんち

・ところざわ星空フェスティバル高校生サイエンス広場ブース参加

・埼玉県立川の博物館 電子顕微鏡操作実習

・西武園ゆうえんち 小学生科学実験教室 実施

・所沢市つばめ児童館 こども科学実験教室 企画・実施

小学生サイエンスクラブ