校長日誌

校長日誌

令和2年度第1学期始業式(2年生)の実施について

 本日、昨日の3年生に続き、2年生の始業式を実施しました。昨日と同様、新型コロナウイルス感染防止のため、本日も偶数クラス(午前)と奇数クラス(午後)の分散での開催です。時程も、昨日と同様で、校長講話は時間的な制限があったため、短縮して話しました。話したかった内容の全文は、「校長日誌」のうち、昨日の3年生の始業式のところに、pdfファイルで掲載していますので、そちらをご覧ください。2年生が、これからの10か月間で、たくましく成長されることを期待しています。

 なお、明日は1年生の入学式が予定されています。

0

令和2年度第1学期始業式(3年生)の実施について

 本日、全日制の3年生を対象とした第1学期始業式を体育館で実施しました。ただし、新型コロナウイルスの感染防止のため、3年生を偶数クラスと奇数クラスに分散し、偶数クラスは午前・奇数クラスは午後に開催しました。

 約3か月ぶりの学校再開で、分散とはいえ始業式が実施でき、生徒たちと会うこともできて、大変良かったと思います。式後、3学年からの連絡、LHR、課題テスト等を実施する必要もあり、校長からの話も内容を短縮して行いました。そこで、本来、始業式で話そうと考えていた内容の全文を掲載しますので、よろしければご覧ください(下のpdfファイルをクリックしてください)。3年生は、最上級生として、ぜひ頑張ってください。期待しています。

 なお、明日は2年生の始業式、明後日は1年生の入学式を、本日と同様、分散で実施する予定です。2年生・1年生とも、学校で会えるのが楽しみです。

  1学期始業式.pdf

0

臨時休業中の生徒へのメッセージについて

 校長からの生徒の皆さんへのメッセージを掲載します。下のpdfファイルをクリックして、ご覧ください。生徒の皆さんが、課題等にしっかり取り組むなど、臨時休業中の時間を有効に活用されることを期待しています。(4月27日掲載)

  臨時休業中の生徒へのメッセージ.pdf

0

着任の御挨拶

 令和2年4月1日に着任した佐久間と申します。微力ながら、所沢高校の発展のため、生徒の夢や志の実現のため頑張る所存です。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 また、本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。今後も、本校の情報を発信してまいりますので、引き続き御覧いただくようお願い申し上げます。

0

卒業生による講演会 一橋大学准教授 加藤 圭木 氏

卒業生による講演会 ~同窓会によ在校生支援プログラム~
一橋大学准教授 加藤 圭木 氏 
「これからの社会をいきてゆく皆さんへ・社会科学の道から」

韓国ソウルの「ろうそく革命」のデモの写真を前に講演する加藤圭木氏

 本日、2年生を対象に卒業生の加藤圭木先生(社会学博士)の講演会を開催しました。
 加藤さんは2002年の卒業生でEXILEのナオトの同級生。在学中は生徒会の副会長として、また演劇部でも県大会で優勝するなど活躍されました。
 卒業後は、東京学芸大、ソウル市立大、一橋大学大学院などで歴史学を学び、現在は同大学院の社会学研究科の準教授を務めています。日韓問題の専門家として多数の著書があります。
 「所高時代にやりたいことを徹底してやったこと、そして民主主義と人権について学んだことが、研究者としての現在の自分の基礎となった」と語ってくれました。

0

手具体操&創作ダンス 女子のクラス対抗イベント開催!

手具体操&創作ダンス
女子のクラス対抗イベント開催!                                こちらにもいい写真いっぱい → 今日の所高

 2月10日、1年生女子の第46回手具体操選手権と2年生女子の第48回創作ダンス発表会が開催されました。
 体育館の観覧席は多くの保護者で埋まりました。どちらもクラス対抗の団体戦です。1年生はボールとフープを使い、規定のフィギュアを含む体操の振り付けを自分たちで考えて演技をします。2年生はテーマを決めて選曲や衣装づくりも含め各チームの作品を‘創作’します。この日のために何カ月も準備を続けてきました。


1年生は2つの手具を使った体操の演技。今回はJCOMの取材カメラも入った

 私も審査員を務めましたが、年々各チームのレベルが上がり、差をつけるのが難しくなっています。
 今年度は下記のような順位となりました。


【1年手具体操】
1位 7組「新事実」
2位 3組「和」
3位 6組「スーパーマリオシスターズ」

 

上の9つがスクリーンに映し出された2年生各クラスの創作ダンスのテーマ

 

【2年創作ダンス】
1位 5組「鈴蘭 ~幸福の再来~」
2位 9組「革命 ~繰り返される過ち~」
2位 7組「百獣の王 ~進むべき道~」(*同点2位)
3位 2組「いじめ ~私ってなに?~」

各クラス男子が体育館アリーナ(2階)から横断幕を掲げて大きな声援を送る

18名前後のチームでテーマに合わせた衣装をそろえ体育館いっぱいに演技を披露する

0

ラグビー大会閉幕 5組優勝!

第47回ラグビー大会 1年5組の優勝で閉幕

 1月23日に開幕した1年生のクラス対抗ラグビー大会の準決勝・決勝が本日行われました。
 2組と5組の対戦となった決勝戦は15分を戦い、一進一退の激しい攻防の末0-0の引き分け。PK戦にもつれ込みましたが、ここでも5人ずつ蹴って4-4の引き分け、ついにサドンデス方式のPK延長戦の結果、5組が優勝しました。

 準決勝・決勝とも見ごたえのある好ゲームが続きました。所高生のフェアプレーに拍手を送ります。

 

表彰式後は優勝した5組(黒)を含むベスト4のチームが肩を組んで校歌を熱唱! ♪みどりのよくや~♪

 

左:2組(青)対5組(黒)の決勝戦          右:4組(緑)対5組(黒)の準決勝第2試合

 

決勝戦の応援風景。左は5組女子応援団。右が2組女子応援団。

 

PK戦は5人ずつ蹴っても決着がつかず、サドンデスの延長戦へ。夕空にラグビーボールが舞う

0

ラグビー大会開幕! 1年生男子の総力戦始まる

第47回ラグビー大会開幕
開幕戦は7-0で4組が8組に勝利!

 本日から所沢高校1年生男子の伝統行事、ラグビー大会が始まりました。

大会パンフは全日本級。1年男子のガチンコ対決が始まった!

 本校にはラグビー部はありませんが、このラグビー大会は47年間続いています。1年生男子は全員、体育の授業で、この大会に向けて練習を積んできました。

 大会はクラス対抗戦。予選は3チームずつの3グループでリーグ戦(総当たり)を行い、各グループの1位と2位の中の最も成績の良かったチームの4チームで決勝トーナメントを行います。
 天候が心配ですが、順調にいけば1月30日に決勝戦が行われます。

 

柔道場での開会式に続いて始まった予選リーグの第一試合。緑ジャージの4組が1トライ、1キックの7点で勝利

 

各クラス女子応援団が手作り応援グッズを持って声援を送る

 保健体育科の森保先生によるマイクでの実況解説のおかげで試合展開が分かりやすかった! これからもよろしくお願いします。

 

0

インターアクトクラブ結成認証状の伝達式

所沢高校インターアクトクラブ 正式設立

 1月18日(土)、本校を会場として行われた男子サッカーと男子バレーボールの公式戦の勝利を見届けたあと、私はベルヴィ・ザ・グランで行われた本校のインターアクトクラブ認証状伝達式に出席しました。

 所沢東ロータリークラブの支援を受けて昨年から活動を開始している所沢高校インターアクトクラブが、正式に国際ロータリーから認定されたことを多くの関係者の前でお披露目するイベントです。

 

顧問の神谷一彦教諭よりクラブのメンバーが紹介されました。

 

 インターアクトクラブは、社会奉仕と国際理解を目的とした活動を行うもので、ロータリークラブの青少年育成活動の一環として世界中で行われています。

 以下、国際ロータリーサイトの引用: 国際ロータリー
「インターアクトクラブでは、12~18歳の中学・高校生が、地元でのボランティア活動や海外のインターアクト会員(通称「インターアクター」)との交流を通じて視野を広げ、国際感覚を養っています。ロータリークラブの支援を受けて設立されるインターアクトクラブでは、友だちと一緒に楽しみながらロータリーの「超我の奉仕」を学び、行動力を身につけます。」また同サイトによると159か国で20,372のインターアクトクラが活動中(2020年1月19日現在)とのことです。

 この日に行われた伝達式には、スポンサークラブである所沢東ロータリークラブのメンバーに加え、市内5つの地区ロータリークラブの代表、国際ロータリー第2570地区の方々、また星野高校のインターアクトクラブの顧問の先生方など100名近い出席者が本校のクラブ結成を祝福してくれました。
 式典では第2570地区ガバナーの鈴木秀憲様、地区青少年奉仕委員長の坂口孝様の祝辞などに続き、所沢高校インターアクトクラブ会長、中島萌栞がお礼の言葉を述べました。クラブ結成に至るまでの仲間との出会いや活動への思い、また支援に対する感謝の気持ちを雄弁に語りました。

 現在、所高では11人のメンバーがボランティア活動や地域のイベントなどで活躍しています。

 

0