校長日誌

校長日誌

所高生の留学熱上昇中!?

 毎週数人の生徒が校長室に来てくれる。昼休みや放課後、アポなしでも大歓迎だ!
 部活動のイベントの案内や大会等の結果報告、情報の授業で制作する学校紹介ビデオへの出演依頼、そして大学等の推薦入試の面接練習あるいはAO入試のプレゼンの指導依頼もあった。私が少しでも役に立つなら利用してほしい。


 さて先日ある生徒から留学に関する相談があった。自分は海外の大学に進学したいと思っているが、なかなか親の理解が得られないということだった。夏休みにも別の生徒から似たような話があった。
 留学を実現させるにはいくつもハードルがある。その1つが親の理解と支援だ。保護者にはお金も出してもらわなければならない場合が多い。

 

トビタテ留学JAPAN高校生日本代表プログラム5期生としてコスタリカに行く森下あいるさんが留学計画の実現過程を紹介してくれた


 一昨日(10月15日)放課後、希望の鐘(同窓会館)で「海外留学セミナー」が開催され、「トビタテ留学JAPAN高校生日本代表プログラム」5期生として11月からコスタリカに行く予定の本校2年生、森下あいるさんの話を聞く機会があった。

 留学したいという漠然とした思いを具体化し実現に漕ぎつけるまでの道のり、自分のアイデアが認められ多くの人の支援を得られた感謝の気持ち、そして同年代の素晴らしい仲間と出会えた喜びを語ってくれた。
 彼女はまだ留学していない。それにも関わらず留学実現に向けたこれまでの経験を通じてすでに大きな成長を遂げているように見えた。話し方にも自信がみなぎっていた。
 「留学」というプロジェクトには、「自分は何をしたいのか。将来、何になりたいのか」という自己分析や将来構想、行先や奨学金などに関する情報収集、普段は接することのない人たち(留学エージェントや奨学金の提供機関、他校の留学経験者や同志たちなど)との折衝や交流、留学計画の立案、親や関係者に認めてもらうためのプレゼンなど、様々なタスクが含まれる。最高のPBL(Project Based Learning)ではないか。


 今回の校内セミナーには1年生から3年生まで20人の生徒(男子3人、女子17人)が出席した。毎回数人しか集まらなかった昨年と比べると参加者は大幅増だ。特に女子の関心の高さが際立つ。
 森下さんのプレゼンに続き㈱ISA(留学エージェント)による「エンパワーメントプログラム」の説明会が行われた。このプログラムは日本の大学・大学院に在籍する外国人留学生や英語圏の大学生を招き、高校を会場として参加高校生と英語でのディスカッションなどのグループ活動を行うもの。国際交流や英語運用能力の向上だけでなく、各国のトップレベルの大学生・大学院生のグローバルなキャリアプランや社会的課題意識に触れて、高校生が自身の将来を広い視野で考える機会にもなる。


 今年の冬休み中(12月26日~28日)に所沢北高校を会場に開催されることとなり、北高さんから所高生にもご案内をいただいた。留学の準備活動に良さそうだ。

 現在、本校の1年生男子がアメリカに2年生女子がカナダに留学中だ。またアメリカから男子留学生を1学年に受け入れている。森下さんのコスタリカへの出発に先立ち、2年生女子が10月末から埼玉県のグローバルリーダー育成プロジェクトのメンバーとしてアメリカに渡る。

 世界に飛び立つ所高生がますます増えそうだ。

0

所高祭に柴山昌彦文科大臣ご来校!

所高祭 開催中! 9月7日、8日
柴山 昌彦 文部科学大臣 ご来校!

 


 本日(7日)から2日間、第63回所高祭を開催しています。1日目の今日、大勢の来校客に交じって柴山昌彦文部科学大臣が所高祭を視察されました。


柴山昌彦文部科学大臣とフォーク部員、中庭ステージで。大臣もかつては学園祭で熱唱し歌手を夢見ていたという(しばやま昌彦OFFICIAL WEBSITEより)

 中庭ステージでフォーク部のガールズバンド ‘結’ の「ちくわ」の演奏をご覧いただき、ステージでご挨拶いただきました。「ちくわ大好き」「所沢高校の121年、122年の益々のご発展を」とのお言葉をいただきました。


萩谷PTA会長とともにPTAの憩いの部屋(右)にご案内し体育祭の衣装や写真をご覧いただいた後、生物部(右)の展示を見ていただきました

 大臣就任以前から地元の衆議院議員として本校の学校行事等に度々ご訪問いただいています。
 これからも日本の教育と所沢高校をよろしくお願いします!

0

フォーク部 第7回全国高等学校軽音楽コンテストで熱演!

フォーク部 ‘The cleaner’
第7回全国高等学校軽音楽コンテストで熱演!

*結果は見事にグランプリ(全国1位)獲得でした!(8月22日追記)
⇒ 全国高等学校軽音楽連盟


大会パンフの表紙と‘The cleaner’の紹介ページ


 8月21日、夏休みも終盤に入り、甲子園も明日決勝戦を迎える。野球だけでなく様々な部活動が夏休み中も全国で活発な活動を繰り広げている。
 所沢高校では遡ること1か月、7月19日の1学期終業式後の壮行会で、陸上部のインターハイ出場、ギター部の全国総文祭出場、文芸部の万葉短歌バトル本戦出場、山岳部の関東大会出場を全校で見送った。
 実はさらにその後、8月2日に行われた埼玉県軽音楽コンテストに県西部地区の予選を勝ち抜いた本校フォーク部の2つのグループ、‘結’と‘The cleaner’が出場し、‘The cleaner’が見事にグランプリ(県大会出場24グループの1位)を獲得して全国大会への切符を手にした。‘結’も奨励賞に輝いた。

 そして本日、北海道から沖縄まで全国の代表31校が東京都府中市の明星学苑「児玉九十記念講堂」に集まり、第7回全国高等学校軽音楽コンテストがで開催された。


左:大会会場の受付には入賞校に贈られる楯が並んでいた
右:所高フォーク部‘The cleaner’は三重県立白子高校に続いて7番目にステージに登った

 所高‘The cleaner’の出番は午前中だ。私は10:30 の開会に合わせて会場に入り、審査員席の2列後ろに案内された。開会式では会長あいさつに続き、前回優勝校の神奈川県立弥栄高校が巨大なトロフィーを返還した。
 審査委員の紹介後、午前の部が始まる。トップバッターの東京学館船橋高校のいきなりのヘビメタの大音量とステージ上の激しい動きに度肝を抜かれながら、‘The cleaner’の出番を待った。
 7番目に登場した‘The cleaner’はさわやか系2年生男子4人組。オリジナル曲「夢は生きている」は、ボーカルの水落伊吹が自ら作詞したもの。まさに全国大会出場という夢をかなえた4人組の演奏と歌声が会場に響き渡り、歌い終わると一番大きな拍手が沸き起こった。


‘The cleaner’はオリジナル曲「夢は生きている」を熱演し観客を魅了した

 演奏後のインタビューでは、各メンバーが目を潤ませ声を震わせながらこの大きな舞台で演奏できた喜びとともに活動を支えてくれた顧問の先生や部員、家族への感謝の思いを口にした。インタビューしている司会者が「思わずうるっときちゃいました」ともらい泣きする場面も。音楽パフォーマンスだけでなくステージでの振舞いも高校生らしい好印象を残して4人組みはステージを降りた。
 


左:2年生4人組みは演奏後のインタビューでは、そろって関係者への感謝の言葉を口にした
右:私の席からは審査員の採点表が見えるが気になる得点は読み取れない。はたして結果は!?

 吹奏楽コンテストなど多くの音楽イベントでは写真、ビデオ等の撮影禁止が一般的だ。この大会では会場での事前の注意事項として自校の撮影に限って撮影を認める(フラッシュは禁止)とのアナウンスがあり、心置きなく撮影し、ここに写真を掲載できた。良いやり方だと思う。
 私は審査結果の発表を待たずに会場を後にした。
 こちらも注目⇒ フォーク部

0

PTA関東大会で本校のP後役員大活躍!

PTA関東大会で白石後援会長が総合司会を担当
所沢高校と小川高校でアトラクションをサポート

 本日、7月12日から2日間にわたり大宮ソニックシティを会場に、第65回関東地区高等学校PTA連合会大会埼玉大会が開催されています。県外から約2300人、本県からも500人以上が参加し1日目の全大会が行われました。

上左:大宮光陵高校管弦楽団による演奏。左下:大ホールに入りきれない県内参加者席が設けられた小ホールのスクリーンに映る白石祐子後援会長。右:松伏高校合唱部のステージを舞台袖から見守る

 開会式には上田清司県知事や小松弥生県教育長はじめ多数の来賓が出席しました。このビッグイベントの総合司会を本校の白石祐子後援会長が務めたました。
 また、開会前に行われたアトラクションのサポート担当として、本校のPTAと後援会の役員が大活躍しました。



左:新座高校ダンス部は全国大会4年連続出場。右:熊谷高校PTAのコーラス。フラミンゴ色の衣装が華やか


大会パンフと埼玉の農産物を埼玉県の形に盛り合わせた大会シンボルマークのうちわ。記念講演はタレントの向井亜紀さん「夢が生きる力になる」
0

米川先生イギリス便りNo.9

イギリスの大学院留学中の米川先生から久しぶりに9回目のレポートが届きました。
クロアチアで膝を痛めイギリスの病院の不親切な対応に腹を立てたり、路上で友人を作ったり、ヘアサロンの美容師との会話を楽しんだり、いつも生き生きとした暮らしぶりが伝わってきます。
イギリス留学もいよいよ大詰めのようです。
イギリス便り. No. 9.pdf


0

ギター部 全国総合文化祭壮行会

第36回埼玉県高等学校総合文化祭開会式
第43回全国高等学校総合文化祭壮行会

 本日(6月25日)さいたま市民会館おおみや大ホールで県高校文化祭の開会式が行われました。これはこの夏に佐賀県で行われる全国総文祭に県を代表して出場する各部活動の壮行会を兼ねています。
 今年度、所沢高校からはギター部が出場します。開会式の後に行われた出場校の演技発表において「子猫のポルカ」と「花笠音頭」の2曲を披露しました。

写真左はこの大会のパンフレットの表紙(越谷西高校上田あかりさんのイラスト)。右は6月19日の定期演奏会の写真。

 1曲目の軽快なポルカの演奏の後、2曲目の花笠音頭の冒頭では、ギターが弦楽器ではなく打楽器(太鼓)になります。この意外な展開、音頭とギターという和洋のとり合わせの妙が観客の心を捉えます。演奏後、満員の観客から盛大な拍手をもらいました。
 今年も本校演劇部が舞台周りの裏方の仕事を担っていました。
0

音楽部 第7回定期演奏会

音楽部 第7回定期演奏会
所沢高校 音楽週間フィナーレ!

 6月は所沢高校が誇る音楽系部活動が最も活発な時期です。6月14日の吹奏楽部・定期演奏会から始まった一連の音楽イベントは、15日・土曜日の学校説明会後のフォーク部のライブ、19日のギター部の定期演奏会と続き、21日には音楽部の定期演奏会で幕を閉じました。
 

オープニングは「所沢高校校歌」(写真左)。第1部の最後は卒業生も加わって伝統の ‘Joyful Joyful’ の大合唱

 所沢中央公民館で行われた音楽部・演奏会には、多くの在校生、卒業生、部員の家族、地域の方々や教員などが集まりました。
 3年生にとっては最後の活動となるステージで3部構成13曲とアンコール曲を披露し大きな拍手を浴びました。


第2部は恒例のミュージカル。今回はこれまでの定期演奏会の演目を振り返る特別編


新旧顧問連携。昨年度まで顧問を務めていた棚井先生が、今年度から顧問となった田代先生のピアノ伴奏を楽譜めくりでサポート(写真左)。最後に部長が涙のあいさつ(写真中)
0

ギター部 第40回定期演奏会

ギター部 第40回定期演奏会
 

 6月19日、所沢中央公民館にてギター部の演奏会が行われました。3部構成、全19曲+アンコール2曲の演奏で満員の観客を魅了しました。

全員で演奏する合奏と様々なユニットで演奏する重奏。大きさの異なる9種類ものギターが使われます


 ギター部はこの夏、佐賀県で開催される全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」に埼玉県代表として出場します。


演奏曲に合わせて変わる衣装と照明


今回のテーマ「祭」を描いたイラスト(写真右)。最後の演奏曲は花笠音頭でした

0

令和元年度 第1回学校説明会開催

 本日、令和元年度第1回学校説明会を開催しました。悪天候の中、400人近い中学生・保護者のご出席をいただきました。
 体育館での全大会ではバトン部の演技や生徒会による学校説明が行われました。
 全大会終了後は、個別の相談会に加え、ボランティア生徒のガイドによる校内見学ツアーが開催され多くの方々が生徒の説明に耳を傾けていました。今年度の学校説明会は生徒の出番が増え内容充実です。

説明会終了後の部活動見学では、視聴覚室で行われたフォーク部の公開ライブが人気を集めていました。多くのイベントで実力を認めらているフォーク部の演奏が中学生のハートをがっちり捕まえたようです

0

吹奏楽部 第54回定期演奏会開催

吹奏楽部 第54回定期演奏会開催

 6月14日、清瀬けやきホールで吹奏楽部の定期演奏会が開かれました。

第1部は黒の衣装で吹奏楽コンクールの課題曲「マーチ・エイプリルリーフ」など4曲を演奏

 吹奏楽部は今年度9名のメンバーで学校行事や地域での演奏活動を中心に活動しています。定期演奏会では吹奏楽らしい4曲の第1部と「さらば平成、ありがとう平成」と題して平成30年間の様々なジャンルのヒット曲を集めた第2部の7曲が演奏されました。


第2部は平成の時代を振り返り、Jポップやアニソンなど様々な楽曲を演奏。司会の楽しいトークや抽選会も

0